医療・医薬・福祉 その他

アステラス製薬がAgorizeオープンイノベーションプラットフォームにおいて「Astellas Rx+(R) Healthcare Innovation Challenge」を開催

Agorize Japan株式会社
世界中のスタートアップ・イノベーターとの共創を目指す

Agorize SAS(本社:パリ、CEO: Charles Thou)と株式会社グローバ(本社: 東京都、代表取締役: 中澤亮太)は、Agorize SASの提供するグローバルなオープンイノベーションプラットフォームにおいて、アステラス製薬株式会社(本社: 東京都中央区、代表取締役社長CEO: 安川健司)が主催する、「Astellas Rx+(R)︎ Healthcare Innovation Challenge」を開始いたしました。



本プログラムは、医療用医薬品 (Rx) の枠を超えた新しいヘルスケアの事業 (Rx+(R)︎事業) 創出を目的に、世界中のスタートアップやイノベーターとの共創を目指すものです。テーマとしては「感覚機能の補完・代替(Empowering sensory-disabled people through technology)」「薬が届きにくい患者さん(Improving access to healthcare through technology)」の2つを設定し、優れた提案者には、アステラス製薬の新規事業担当チームとのディスカッション機会提供のほか、当該提案に関するアステラス製薬とのコラボレーションの枠組等に関して別途契約を締結することを条件として、最大計6万ドル分(約640万円分)のPoC(Proof of Concept)費用支援をいたします。今回は英語での提案募集となりますが、日本からの応募も受け付けております。

・応募方法: 下記URLより詳細を確認の上、ご応募ください。
https://www.agorize.com/challenges/astellas-rxplus


・応募締切: 10月18日(日)


● アステラス製薬株式会社の概要
所在地:東京都中央区日本橋本町2-5-1
代表者:代表取締役社長CEO 安川健司
設立:2005年4月1日(創業: 1923年)
URL:https://www.astellas.com/jp/ja/

アステラス製薬は「変化する医療の最先端に立ち、科学の進歩を患者さんの価値に変える」をビジョンに掲げ、患者さんのニーズに応える革新的な医薬品・医療ソリューションの開発に取り組んでいます。2018年4月にRx+(R)︎(アールエックスプラス)事業創成部を発足し、医療用医薬品 (Rx) 事業で培った強みをベースに、最先端の医療技術と異分野の先端技術の融合による新たな価値創出にも挑戦しています。


● Agorize Japan株式会社の概要
所在地: 東京都渋谷区神南1-6-5 The Hive 神南
代表者: 代表取締役 中澤亮太
設立: 2020年5月14日(株式会社グローバがAgorize Japanとして2018年3月から日本における活動開始)
URL: https://www.agorize.tokyo/

Agorize(アゴライズ)は、フランス発の世界最大級グローバル・オープンイノベーションプラットフォームです。企業のオープンイノベーション活動に対して、SaaSとグローバルコミュニティを提供し、効果最大化・効率化。国内外多数のメジャー企業のほか、アジア最大級スタートアップイベント Slingshotや、世界最大級オープンイノベーションカンファレンス VivaTechnology等も支援しております。


■本件に関するお問い合わせ先


Agorize Japan(アゴライズジャパン)ハーン・サラ
E-mail:info@agorize.tokyo

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)