その他 交通・運輸・輸送

ベスプラの認知機能テストサービスが北本市に採用

ベスプラ
「認知機能テストサービス」が埼玉県北本市と三井住友海上の先進的な連携事業に採用

株式会社ベスプラ(社長:遠山陽介、以下:ベスプラ)の「認知機能テストサービス」が、埼玉県北本市(市長:三宮 幸雄、以下:北本市)と三井住友海上火災保険株式会社(社長:原典之、以下:三井住友海上)の連携事業にて採用されました。


■背景
 北本市と三井住友海上は、先端的な技術を駆使した自然災害の備えや、交通事故ゼロの実現による「快適で安心・安全なまち」を目指して、2020年8月6日に「包括連携協定」を締結しました。

■ベスプラの役割
 包括連携協定の連携事業の一つとして、社会的課題である高齢運転者の事故の防止を目指すべく、ベスプラの「認知機能テストサービス」を活用した取組を展開します。

■連携による取り組み
 北本市では「認知機能テストサービス」を活用しつつ、安全運転支援機能付ドライブレコーダーの普及や、交通事故防止に向けた取組を三井住友海上と連携して行っていく予定です。

■連携に向けて
 弊社としても、「未来に役に立つITサービス」の実現を目指して、自治体および関連する事業者への積極的なバックアップを通じて、地域への貢献を目指してまいります。


図1.認知機能テストサービス出題イメージ



図2.認知機能テストサービス結果票イメージ



図3.認知機能テストサービス結果分類イメージ

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)