その他 医療・医薬・福祉

交通機関や製造業などのヘルプマークの取り組みをご紹介!ヘルプマークを題材にした道徳授業の参考書も出版されました。

ヘルプマークサポート事務局
東京都は、義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、妊娠初期の方など、援助や配慮を必要としている方々を対象に配布しているヘルプマークの普及推進活動を行っています。 これまで、ヘルプマーク特設サイトやヘルプマーク作成・活用ガイドライン等を通じて、広く都民の皆様や民間企業への普及を図り、また、他自治体にも活用を働きかけるなど、広域的な普及にも取り組んできました。 最新の取組情報はヘルプマークホームページの最新ニュースをご覧下さい。 https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/helpmarkforcompany/


~様々な企業・団体の取組紹介~
■JR九州(九州旅客鉄道株式会社):優先席付近に「ヘルプマーク」ステッカーの掲出を開始

JR九州(九州旅客鉄道株式会社)では、外見では分からない、援助や配慮を必要としているお客さまが、これまで以上に安心して鉄道をご利用いただける環境づくりを行うため、2020年4月より車内の優先席付近へ「ヘルプマーク」 ステッカーの掲出を行っております。
「ヘルプマーク」及び「ヘルプカード」をお持ちのお客さまをお見かけし、駅や車内でお困りの様子であれば積極的にお声掛けする、席をお譲りするなど、皆さまのご理解とご協力をお願いいたします。
優先席付近に掲出しているステッカー
ステッカーデザイン


■湘南モノレール(株) 全車両の優先席付近にヘルプマークを掲示
湘南モノレール(株)では、2020年4月より、ヘルプマークの普及とヘルプマークを装着されたお客様にも安心してご乗車いただけるよう、すべての優先席付近にヘルプマークを掲示いたしました。今後も、多くのお客様が安心してご利用いただけるような環境づくりに努めてまいります。
全車両の優先席付近に掲示
■長浜キヤノン株式会社 職場環境整備推進の一環としてヘルプマークを積極活用
長浜キヤノン株式会社では、健康づくり重点項目の中に「治療中でも安心して働けるよう、職場環境整備を推進する」ことを掲げています。
【長浜キヤノン株式会社 健康経営宣言】
https://nagahama.canon/ja/csr/safty.html
ある日、免疫抑制剤による治療を受けている社員が言いました。「新型コロナ対策でマスクをしていても、聞こえやすいと思ってわざわざ外して話してくれる人もいる。でも、それはとっても怖いんだ…治療しているなんて言えないけれど…。」
そこからヘルプマークの活用が始まりました。感染により重症化しやすい病気と闘っている社員に配慮が必要なことを周りに知らせるため、社員証のそばにヘルプマークをつけることにしました。

そもそもヘルプマークとは何か、そして社内でつけている人にはどのような配慮が必要なのか、安全衛生委員会や社内HPなどを通じて社内へ伝達しました。
そして労働組合の協力も得て、組合主催の職場集会でもヘルプマーク活用の目的や内容について、周知活動を重ねていきました。 活動開始当初はヘルプマークを知らない人が大半でしたが、活動を重ねることによって社員の中には配慮の心が育っています。

キヤノングループの企業理念は『共生』です。誰もが安心して働くことができる、そんな会社であり続けるよう努めていきます。
労働組合主催の職場集会での周知活動
ヘルプマーク装着イメージ


安全衛生委員会、社内ホームページでヘルプマーク活用を周知

■明治図書出版(株) ヘルプマークを題材に小学校道徳授業の実践モデルを紹介
明治図書出版(株)は、学校の先生方を対象とした教育専門書や小中学校の学習参考書の出版を行っています。 2020年6月発刊の大野睦仁先生著によります『大野睦仁の道徳授業づくり 6ステップでつくる!本気で考える道徳授業』では「相手のことを理解するということ」をテーマに、ヘルプマーク等を題材にしながら「相互理解・寛容」「親切・思いやり」について考え・理解を深めていく小学校道徳授業の実践モデルをご紹介しています。
『大野睦仁の道徳授業づくり 6ステップでつくる!本気で考える道徳授業』より
<普及活動へのご協力のお願い>
東京都は民間企業の皆様に、ヘルプマーク啓発活動へのご協力をお願いしています。店舗や自社ビル等でのポスター掲示、PR動画配信、広報媒体への掲載、社内研修での紹介など、CSR活動の一環としても是非ご協力ください。詳しくは下記ホームページをご覧ください。民間企業の活動事例をご紹介しています。

<ヘルプマークの概要>
・主旨:義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、または妊娠初期の方など、外見からは分からなくても援助や配慮を必要としている方が、周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることで、援助が得やすくなるよう作成したマークです。多様な主体による活用を図り、援助が必要な方が日常的に様々な援助が受けられる社会づくりを推進します。
・対象者:義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、妊娠初期の方など、援助や配慮を必要としている方。
・ヘルプマークをつけている方を見かけたら、優先席で席を譲ったり、困った様子の時は声をかけるなど、思いやりのある行動をお願いします。
・ヘルプマークホームページ(東京都福祉保健局)
https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/shougai/shougai_shisaku/helpmark.html
・ヘルプマークホームページ(特設サイト)
https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/helpmarkforcompany/

<ヘルプカードの概要>
・主旨:障害のある方などが災害時や日常生活の中で困ったときに、周囲に自己の障害への理解や支援を求めるために活用していただくことを目的として作成したカードです。緊急連絡先やかかりつけ医療機関、本人の特徴、支援についてのお願いなどの記入欄が設けられています。
・ヘルプカードは、聴覚障害者や内部障害者、知的障害者など、一見、障害者とはわからない方が周囲に支援を求める際に有効です。これらのカードや手帳などを提示された際には、その記載内容に沿って支援をお願いします。
・ヘルプカードホームページ(東京都福祉保健局)
https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/shougai/shougai_shisaku/card.html
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)