住宅・建築・建設 医療・医薬・福祉

一般財団法人住友病院へ「イオン発生装置」を寄贈。大阪府内の各病院へ

株式会社ユニオン
最前線で働く医療従事者に敬意を払うとともに「イオン発生装置40台」を寄贈。各医療施設へ寄贈開始。

8月6日(木)14:00 株式会社ユニオン(本社:立野純三、本社大阪府大阪市)は、新型コロナウイルス感染のに伴い、第二波の感染再拡大の深刻な状況を受けて、一般財団法人住友病院様へ初回の寄贈を行う。続けて大阪府感染対策課を通じ、大阪府内の医療機関に「イオン発生装置」を寄贈の開始。






イオン発生装置の寄贈



8月6日(木)14:00頃、 株式会社ユニオン代表取締役 立野純三は、新型コロナウイルス第二波の感染再拡大の深刻な状況を受け、「イオン発生装置」寄贈の旨、一般財団法人 住友病院にて贈呈式が行われた。
続けて大阪府感染対策課を通じ、大阪市内の各医療機関に「イオン発生装置」の寄贈の開始。


■概要



日時:2020年8月6日(木)午後
場所:一般財団法人 住友病院
参加者
株式会社ユニオン 代表取締役 立野 純三
一般財団法人 住友病院 名誉院長 松澤 佑次
一般財団法人 住友病院 院長 金倉 譲



最前線で働く医療現場の皆様へメッセージ




昨今の新型コロナウィルス感染症の被害拡大が全国的にも一向に収まる気配 が見られない状況下ですが、そんな中で当社でも何かできることがないかと 検討いたしまして、当社が取り扱う製品の中で微力ではございますが、イオン発生装置を寄贈させていただくこととしました。 装置の設置や運送の手続きがございますのでご希望の場所に手配させていた だきますのでお役立ていただければ幸いです。 最前線で感染症と戦う医療従事者の皆様に敬意を払うとともに、感染拡大防 止、収束を心より祈っております。今後も弊社にできる支援を実施してまいります。

We donate "ion generator" to prevent the spread of COVID-19 infection to medical instions in Osaka. We sincerely hope that the spreadof infection will be prevented and we will continue to provide support that we can execute.


会社概要



ユニオンは、創業者・立野一郎が心血を注ぎ築き上げた、世界でもまれなドアハンドルの専業メーカーとして成長。
「ドアハンドルといえばユニオン」と建築のプロフェッショナルの皆さまからご信頼いただける開発力・技術力をベースに、レバーハンドル、消火器ケース、クロセットドア等、大きく変遷する街や文化、時代のニーズに即した製品をいち早く生み出し、現在では「UNION」のロゴマークを刻んだ多品種の製品は、街づくり・多様な建築物や住まいづくりになくてはならない存在となっている。



商号   : 株式会社 ユニオン
代表者  : 代表取締役社長 立野 純三
所在地  : 〒550-0015 大阪市西区堀江2-13-22
設立   : 1958年12月
事業内容 : 建築用金物、住宅用製品、景観製品
資本金  : 9,500万円
URL     : http://www.artunion.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)