医療・医薬・福祉

アストラゼネカ、日本政府と日本国内における新型コロナウイルスワクチンAZD1222の供給に向けて基本合意書を締結

アストラゼネカ株式会社
- 1億2千万回分のワクチンを来年初頭より供給開始できる体制の構築へ -


アストラゼネカ株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:ステファン・ヴォックスストラム)は、新型コロナウイルスワクチンAZD1222の日本における供給について、日本政府と基本合意書を締結したことをお知らせします。日本政府の要請に応えるべく、アストラゼネカは、薬事承認などを含めた接種環境が整い次第接種が開始できるように、2021年初頭より1億2千万回分のワクチンの供給が可能となる体制を構築します。そのうち3千万回分は、2021年第1四半期に供給できる見通しです。

日本における安定供給に向けて、アストラゼネカはワクチン原液の調達については、JCRファーマ株式会社(本社:兵庫県芦屋市、代表取締役会長兼社長:芦田 信)への製造委託と海外からの輸入を並行して進めます。これらのワクチン原液を用い、第一三共株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長 兼 CEO:眞鍋 淳)、第一三共バイオテック株式会社(本社:埼玉県北本市、代表取締役社長:白澤 邦内)、Meiji Seikaファルマ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:小林 大吉郎)、KMバイオロジクス株式会社(本社:熊本市北区、代表取締役社長:永里 敏秋)によって、バイアル充填から保管・配送といった接種に必要な準備が行われる予定です。アストラゼネカは各パートナーと協力しながら生産能力の増強に全力で取り組んでいきます。

また、アストラゼネカは現在世界各国で治験を実施しており、日本においても、日本人に接種した場合の当ワクチンの安全性と有効性を評価すべく、第I / II相試験を8月より開始します。

アストラゼネカ株式会社の代表取締役社長であるステファン・ヴォックスストラムは次のように述べています。「AZD1222ワクチンを日本に供給できることを光栄に思います。日本のパートナーと協力して国民の皆さんの健康を守り、日本の社会がいち早く平常に戻るために、ワクチンの提供を通じてぜひ貢献していきたいと考えています」。

アストラゼネカは日本を含む世界各国で深刻なパンデミックから人々を守るべく、関係各所と協力しながらワクチンの安定供給に尽力していきます。




以上

****

AZD1222について
AZD1222は、オックスフォード大学とそのスピンアウト企業Vaccitechによって共同で発明されました。このワクチンは、複製できないように処理をした弱毒化されたチンパンジー由来の風邪のアデノウイルスに、SARS-CoV-2ウイルススパイクタンパク質の遺伝物質を含んだものです。ワクチン接種後、表面スパイクタンパク質が産生され、免疫系を刺激して、後で体が感染した場合にSARS-CoV-2ウイルスを攻撃します。

アストラゼネカについて
アストラゼネカは、サイエンス志向のグローバルなバイオ・医薬品企業であり、主にオンコロジー、循環器・腎・代謝疾患、および呼吸器・自己免疫疾患の3つの重点領域において、医療用医薬品の創薬、開発、製造およびマーケティング・営業活動に従事しています。当社は、100カ国以上で事業を展開しており、その革新的な医薬品は世界中で多くの患者さんに使用されています。詳細については http://www.astrazeneca.com または、ツイッター@AstraZeneca (英語のみ)をフォローしてご覧ください。

日本においては、主にオンコロジー、循環器・腎・代謝疾患、および呼吸器を重点領域として患者さんの健康と医療の発展への更なる貢献を果たすべく活動しています。当社については https://www.astrazeneca.co.jp/ をご覧ください。


プレスリリースPDF版は以下よりダウンロードできます。
https://prtimes.jp/a/?f=c-24308-2020080718-1e1d023e2e61479c04d38b36e586988f.pdf
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)