医療・医薬・福祉

【配信情報更新・記者会見】抗体定量検査システムのリリース計画発表

合同会社SIBA
《8月13日13時半より《ル・ポール麹町「エメラルド」》にて開催》

2020年8月13日13:30より、村上康文(東京理科大学基礎工学部生物工学科教授)、藤野武彦(九州大学名誉教授)、による記者会見を開催します。奥村康(順天堂大学医学部免疫学特任教授、医学博士)によるビデオ出演も含みます。




詳細
この度、村上康文教授が開発に成功した抗体定量検査システムに関し、首都圏のサンプル例から示されたデータ、析出システムの理論、今後の事業化計画について会見を行います。現在まで各種の抗体検査結果が示されていますが、村上教授の抗体定量検査は、抗原ELISA法を採用し、IgM,IgGそれぞれを高感度、定量性、相互比較性を確保できる確かさで析出する事が可能です。その結果が示す数値は、従来の発表結果と大きく異なります。サイエンティフィックな根拠を示しながら、ご説明します


タイムスケジュール
1)村上康文(東京理科大学基礎工学部生物工学科教授)による抗体検査システムの発表、奥村康(順天堂大学医学部免疫学特任教授、医学博士)による免疫学の見地からの評価のビデオ出演、藤野武彦(九州大学名誉教授)による脳ストレスと免疫の関連の見地からの評価(約60分)
2)質疑応答(約20分)


登壇者プロフィール

◯村上康文(むらかみやすふみ)1979年 東京大学 薬学部 薬学科生理化学教室 卒業
1984年 東京大学 薬学系研究科 薬学専攻 博士課程 修了 薬学博士
1984-1986年 スローンケタリング記念癌研究センター・博士研究員
1987-1999年 理化学研究所ライフサイエンス筑波研究センター・研究員
1999年-   東京理科大学基礎工学部教授
2002年-   株式会社バイオマトリックス研究所を創業、以来取締役を兼務
2002年-   東京理科大学ゲノム創薬研究センター・構造ゲノム科学部門長


主な研究・業務
・DNA型腫瘍ウイルスゲノム複製の分子機構の研究
・出芽酵母ゲノム・ヒトゲノム解析研究
・DNAマイクロアレイの開発と創薬標的遺伝子の探索

近年注力している分野
・膜タンパク質抗体作製法の開発
・抗体医薬候補抗体に関する研究開発
・癌診断のためのバイオマーカーの開発(国立がんセンターとの共同研究)

◯奥村康(おくむらこう)
1942年6月 島根県生まれ
千葉大学医学部卒業 同大学院医学研究科修了 医学博士
米国スタンフォード大医学部・東京大学医学部を経て、
1984年 順天堂大学免疫学教授
1990年 日本免疫学会会長
2000年 順天堂大学医学部長
2008年4月 順天堂大学大学院アトピー疾患研究センター長
免疫学の国際的権威で、サプレッサーT細胞の発見者、ベルツ賞、高松宮奨励賞、安田医学賞、ISI引用最高栄誉賞、日本医師会医学賞受賞等々。

◯藤野武彦(ふじのたけひこ)
1938年 福岡生まれ
九州大学名誉教授。医学博士。九州大学医学部卒業以来、九州大学医学部第一内科において、内科とくに心臓・血管系の病気の研究を行う。
また、九州大学健康科学センターが開設されたのを契機に、「健康科学」という新しいサイエンスに挑戦。その成果の一つとして1991年に「脳疲労」概念を提唱。実際に「脳疲労」を解消し脳を活性化する手法であるBOOCS(脳指向型自己調整システム)理論を創出した。この「脳疲労」仮説に基いたBOOCS法は新たな生活習慣病(メタボリック症候群)の予防および治療法としても、その成功率の高さからマスコミで大きく取り上げられる事となった。
○柏葉脩一郎(かしわばしゅういちろう):司会進行
株式会社オーダーメードメディカルリサーチ研究開発部主任研究員。
東京理科大学大学院基礎工学研究科博士過程修了、博士(工学)。
学位取得後、名古屋大学環境医学研究所博士研究員、東京理科大学基礎工学部助教を経て、2019年4月より現職。
専門である遺伝子工学や細胞生物学等の知識と経験を免疫学に持ち込み、医薬品レベルの抗体を効率良く作製する技術の開発を行っている。


【実施概要】
開催日時:2020年8月13日 13時受付開始、13時半会見開始
会場名:ルポール麹町「エメラルド」
アクセス:〒102-0093東京都千代田区平河町2丁目4-3
ご取材お申し込み方法:FAXまたはメールにてお申し込みください

【配信情報】
◯youtube ライブ配信URL
https://youtu.be/WOJSN_xDTUA
◯facebook ライブ配信 URL
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=103553441464585&id=102014964951766

【本リリースに関する報道お問い合わせ先】
担当:事務局 木元
電話:03-6272-8738
e-mail:kimoto@hayato.org

https://prtimes.jp/a/?f=d61859-20200812-7583.pdf
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)