広告・マーケティング ビジネス・コンサルティング

[予測-2020-2030年]世界の缶詰食品市場ー製品別(シーフード、野菜、肉)、食品の種類(従来型、オーガニック)、流通経路別、地域別:トレンドと成長の機会

Kenneth Research
Kenneth Researchは、2020-2030年の期間の世界の缶詰食品市場の成長に必要な統計的および分析的アプローチに基づいてレポートを2020年8月13日に発刊しました。レポートで提供される主要な産業洞察は、市場の既存のシナリオに関して読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。 [調査レポートの詳細内容について] https://www.kennethresearch.com/report-details/global-canned-food-market/10326674


市場は主に、簡単で便利な食品を好む都市人口の増加と、タンパク質、機能性繊維、ビタミン、オメガ3脂肪酸が豊富な健康食品の需要に牽引されています。そのような特性を提供する製品と、小さくて簡単に調理できる肉や魚介類、有機の果物や野菜の缶詰の需要にもう少しお金を費やすことをいとわない消費者は、市場の売り上げを後押ししています。さらに、プラスチックパッケージングの問題に対する認識の高まり、持続可能な解決策に対する需要、および世界的なリサイクル率の向上が、市場をさらに押し上げています。

ただし、市場を制約するいくつかの要因には、包装目的の原材料への市場の依存、地域固有の禁止または制限が含まれます。2017年のインドネシアとタイの不足と原材料高により、北米、ヨーロッパ、アジアの市場での輸出が減少し、市場に大きな影響を与えました。また、生鮮食品の利点についての消費者の意識の高まりは、代替パッケージまたは技術の需要の増加につながっています。



[缶詰の魚とシーフードの需要の増加]

魚介類の缶詰の需要は、魚介類の栄養上の利点に関する消費者の意識のおかげで着実に成長しました。国連食糧農業機関によると、2017年のアジア太平洋地域は、世界最大のシーフード輸出国であり、シーフードの最大輸入国でもあります。缶詰のシーフードの消費量はこの地域ではかなり少ないですが、アジア太平洋地域のほとんどの地域住民は、冷凍シーフードと比較して新鮮なシーフードを食べることを好みます。

そのため、缶詰にしたシーフードの需要は、地元では入手できないシーフードに端を発しています。

[アジア太平洋地域はグローバル市場で最も急成長している地域]

アジア太平洋地域は、缶詰食品、特に肉の缶詰、魚介類、果物の世界市場で最も急速に成長している地域です。日本、韓国、中国などの国では、蟹の缶詰肉が大量に輸入されています。最近のFAOの推定によると、2017年には中国に続いて韓国と米国がカニ肉の最大の輸入国でした。最近のFAOの推定によると、2017年のカニ肉の最大の輸入国は中国と韓国でした。実際、2017年に日本だけでカナダのニューファンドランドからカニを40%多く輸入しました(カニ肉の世界最大の生産国および輸出国の一つ)。

世界の缶詰食品市場は、COVID-19のパンデミックの中で便利な食品の増加傾向にあるため、2020年から2030年にかけて毎年4.3%成長し、2030年までに1,496億米ドルに達と予測されます。

世界の缶詰食品市場は製品別(シーフード、野菜、肉)、食品の種類(従来型、オーガニック)、流通経路別、地域別によって分割されます。また、各セグメントのY-o-Y成長率、BPS分析、および市場の魅力とともに、値および量別によって市場規模の詳細な予測も含まれます。

このレポートは、2020-2030年の予測期間中に市場の成長を促進すると予測されるいくつかの要因とともに、成長ドライバー、市場機会、課題、脅威などの市場ダイナミクスを強調しています。さらに、このレポートは、SWOT分析、PORTERの五つの力の分析、PESTEL分析など、いくつかの分析ツールを利用して予測評価を提供します。

世界の缶詰食品市場はさらに、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋地域、中東、アフリカ地域によって分割されます。

世界の缶詰食品市場は地域に基づいてさらに区分されます。


北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。


世界の缶詰食品市場における業界のリーダー
このレポートは、拡大を求めている既存のプレーヤーと、近い将来の世界の缶詰食品市場への投資を求めている主要な投資家にも役立ちます。世界の缶詰食品市場における業界のリーダーはAtria Plc、Bolton Group、Bonduelle SA、Brunswick Seafood、Bumble Bee Foods LLC、Campbell Soup Company、ConAgra Foods、Danish Crown A/S、Del Monte Pacific Limited (DMPL)、Dongwon Industries Co.、General Mills、H.J. Heinz Company、Hormel Foods Corporation、JBS S.A. (SAMPCO)、Kraft Heinz、La Doria S.p.A.、Maruha Nichiro Corporation、Nestle SA、Pinnacle Foods, Inc.、Thai Union Group、The Calvo Group、Trident Seafoods Corporationなどです。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10326674

Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)