美容・健康

マスク着用によるニキビの悪化と、ステイホームや日照時間の減少によるシミリスクの減少 約14万件の肌データから昨年と今年の肌変化を分析

ポーラ
アペックスの肌データから分析

株式会社ポーラ(本社:東京都品川区、社長:及川美紀)は、新しい生活様式における長期間のマスク着用や、ステイホームによる外出自粛に伴うライフスタイルの変化によって起こった肌変化について、ポーラのパーソナライズドサービスブランド APEX(アペックス)の昨年7月と今年7月の肌データから分析しました。


その結果、「長期間のマスク着用により、ニキビなどの肌トラブルが増加」リリース( https://www.pola.co.jp/company/news/po20200717_1/un1llu0000009scg-att/po20200717_1.pdf)で発表したアンケート結果において、多くの方が感じていると回答した「ニキビの悪化」が、実際に全国的に起こっていることを、約14万件の肌データから見出しました。
また、「シミリスク」が減少していることも分かりました。この原因として、ステイホームによる外出自粛に伴うライフスタイルの変化や、梅雨明けが遅れたことによる日照時間の減少が考えられます。


調査詳細

■調査期間:2019年7月1日~7月31日と2020年7月1日~7月31日
■調査対象の肌分析件数:140,202件
■2019年7月の肌分析件数:95,673件
■2020年7月の肌分析件数:44,529件
■調査方法:アペックスの肌分析において、2019年7月と2020年7月とで、それぞれの肌分析項目のスコア分布表に関してχ2検定を行ったところ、「ニキビリスク」「シミリスク」で有意差が認められました(p<0.05)。5段階のスコアのうち4と5のスコアの人を「リスクが低い(できにくい)」と定義し、各項目における「リスクが低い(できにくい)」人の割合を以下に示しました。

【各項目における「リスクが低い(できにくい)」人の割合】


1.ニキビリスク


2020年7月の方が、ニキビリスクが低い(ニキビができにくい)人の割合が少ない
(ニキビができやすい人の割合が多い)

2.シミリスク

2020年7月の方が、シミリスクが低い(シミができにくい)人の割合が多い

【2019年7月と2020年7月の単月日照時間※の比較(時間)】
1.2019年7月1日~31日


2.2020年7月1日~31日


●ポーラのパーソナライズドサービスブランド 「APEX(アペックス)」
1989年に誕生。ひとりひとりが思い描く未来に自分らしい肌でいるために、ポーラが分析・プロダクト・パートナーで伴走者となり、様々なパーソナライズドサービスをお届けするブランド。
ポーラでは、30年以上にわたり女性の肌を見続けてきたことで約1,870万件(2020年1月現在)の肌ビッグデータを蓄積し、日々の研究、製品開発に活かしています。

【特徴】
1.業界初・動画で肌表面を撮影し、肌のポテンシャルを分析。わずか3分で肌の未来の可能性を分析。
2.約1,870万件の女性の肌のビッグデータから得たノウハウとAI技術を活用し、今と近い未来に現れやすい肌状態を分析。
3.862万通りのフィッティングパターンから、お客さま一人ひとりとアイテムを選ぶパーソナライズドサービスを実現。
https://www.pola.co.jp/brand/apex/




ニキビができやすい方におすすめの美容アドバイス

1.洗顔時
洗顔料は適量を守り、よく泡立てて丁寧に32~33℃のお湯で洗顔しましょう。
皮脂が多く汚れが付着しやすいTゾーン(額、鼻筋)から洗うことを基本とし、それに加え、マスクで覆われていない目の周辺も最初に洗うことを意識しましょう。
そのあとに乾燥しやすいUゾーンを洗いましょう。

2.洗顔後
ローション、ミルクを塗布しましょう。肌の状態やお部屋の環境にあわせて、朝は日中用クリームや日ヤケ止め、夜は夜用クリームを塗布しましょう。

3.入浴あるいはシャワー時
熱すぎるお湯はお肌の負担になります。32~33℃のぬるま湯で洗顔しましょう。
シャンプーやトリートメント使用時は顔にも付着していることがあるので、必ず洗い流しましょう。
※皮脂が多い方は、ウォッシュを使い、よく泡立てた後、Tゾーンからやさしく洗いましょう。
※日ヤケ止め、またはメークをしていたときは、クレンジング、ウォッシュで洗顔しましょう。

4.夜のスキンケアは、力をいれずにやさしく。
洗顔時、タオルで拭く時、スキンケアの塗布時、すべてにおいて力をいれずに優しいタッチで行いましょう。
また、ローションでうるおいを与えた後は、ミルク、クリームなどお肌を保護するアイテムをお使いいただくことで肌のバリア機能をサポートしましょう。

5.マスクの摩擦により、肌アレが起きてしまったら
肌の最も外側の角層の保護力が落ちているということなので、角層を保護する保湿効果のある乳液やクリームがおすすめ。敏感用として発売されているものはおすすめです。

【今の時期におすすめ】


一人ひとり異なる「肌状態」と「お住まいの地域の環境変化」から予測

アペックスセラム
912(ジェル・ニキビタイプ)
35mL ¥12,000(税込¥13,200)
無香料

●主な成分:ニキビを防ぐ有効成分グリチルリチン酸2K、保湿成分アケビエキス、ゲンチアナエキスを配合。
●使用方法:ローション(フルイド)で肌を整えた後、ミルク・クリーム(エマルション)の前にお使いください。適量を手にとり、肌全体にやさしくなじませます。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)