食品・飲料 美容・健康

【三井農林R&Dグループの主導による臨床実験】紅茶の香りがストレス意識の高い女性の睡眠の質を高めることが明らかに

三井農林株式会社
~日本生理人類学会誌でも論文を掲載~

三井農林株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:佐伯 光則)では、当社R&Dグループの主導の下、紅茶の香りの睡眠に対する効果について、ストレス意識の高い女性を対象に有効性確認試験を実施しました。研究の結果、就寝時に紅茶の香りを嗅ぐことによって、ストレスを低減し、睡眠の質を高める効果があることを明らかにしました。


■研究背景
 これまでの研究で、紅茶の香りには自律神経活動において交感神経活動を抑制し、副交感神経活動を優位にする効果、前頭前野部の脳血流を低下させる鎮静効果、心理に対して抑うつ気分・不安感・疲労感を低減させる効果があることを報告しています。今回の研究は、紅茶の香りを就寝時に使用することで、日中のストレスで高まった交感神経活動を抑制し、副交感神経活動を優位にすることで、入眠を円滑にし、睡眠の質を改善することを期待して、実施しました。

■研究手法
 被験者は、ストレスが原因で睡眠が良くない自覚がある健常な女性20名を対象に選出しました。試験品は、紅茶の香り(ダージリン紅茶の芳香蒸留水:アロマウォーター)とプラセボに水を用いました。被験者の自宅寝室にて、超音波式ディフューザーを用いて、就寝時に紅茶の香りを揮散させる期間と水を揮散させる期間の各1週間、実施しました。
 主観的な睡眠評価としてピッツバーグ睡眠質問票及びOSA睡眠調査票、主観的なストレス評価として、ストレスチェックリスト30の3つの質問紙、客観的な睡眠評価としてマイクロタグ活動量計を入浴時以外、腹部に常時装着し、計測した活動量や体動回数から睡眠状態を評価しました。

■研究成果
「紅茶の香りがストレス意識の高い女性の睡眠に及ぼす効果」 大野敦子・佐久川千津子・矢田幸博 日本生理人類学会誌 Vol.25 No.2
就寝時に紅茶の香りを嗅ぐことによって、以下のように、心身両面に対する睡眠の質の向上が認められました。
・被験者が感じた主観的な睡眠感とストレス感
 睡眠の質の向上、起床時眠気・入眠と睡眠維持・疲労回復・睡眠時間に対する満足感の向上、ストレス意識の低減
・客観的な被験者の睡眠状態
 入眠潜時(ふとんに入ってから眠るまでの時間)・離床潜時(目が覚めてから起き上がるまでの時間)の短縮、
総睡眠時間の延長、睡眠効率の向上(グラフ参照)


今回の紅茶の香りによる睡眠改善効果を踏まえ、三井農林は今後も、お茶を通して人々の生活にくつろぎ、やさしさ、おどろき、感動に満ちたライフスタイルをお届けできる会社を目指します。

【詳細の研究結果】
質問紙の回答別の解析結果など、詳細は以下論文よりご確認下さい。
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjpa/25/2/25_23/_pdf/-char/ja
日本生理人類学会誌 25巻(2020)2号 『紅茶の香りがストレス意識の高い女性の睡眠に及ぼす効果』
大野 敦子, 佐久川 千津子, 矢田 幸博

■会社概要
創業 :1909年(明治42年)
資本金:7,424,750,000円
社員数:513名(令和2年3月31日現在)
所在地:東京都港区西新橋1-2-9(日比谷セントラルビル)
URL :https://www.mitsui-norin.co.jp/
事業内容:家庭用紅茶・緑茶等の製造販売、各種茶系飲料の原料供給などの食品事業、茶抽出物・茶カテキンの研究開発など機能性素材事業
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)