企業向けシステム・通信・機器 医療・医薬・福祉

OKI、8K内視鏡用光電気複合ケーブルを開発

OKI
20%軽量化に成功し、医療スタッフの負担軽減に貢献


OKIグループの電線事業会社OKI電線(社長:小林 一成、本社:神奈川県川崎市)は、エア・ウォーター・バイオデザイン株式会社(社長:原 圭太、本社:兵庫県神戸市)が世界に先駆けて開発した8K内視鏡(注1)に使用する光電気複合ケーブル(以下、光複合ケーブル)の開発に成功しました。従来製品に比べ20%の軽量化と柔軟性・耐久性向上を実現しました。本年より出荷を開始し、他分野の展開も含め21年度5,000万円の販売を目指します。

光複合ケーブル


8K内視鏡カメラ(左)と、8K内視鏡カメラを使用した手術イメージ映像(右)(画像はエア・ウォーター・バイオデザイン株式会社様提供)


8K内視鏡を使用した手術は、患部を大画面モニターに鮮明に表示することで、これまで見えにくかった細かい血管や神経が確認しやすくなり、切開や縫合の精度向上、および手術時間の短縮など医療スタッフや患者の負担軽減につながることから、医療業界に大きな革命をもたらすとして世界から注目されています。

今回開発した光複合ケーブルは、この8K内視鏡を使用した手術において、内視鏡をホールドする医療スタッフの負担を軽減する「軽量化」と、ケーブルの反発力を低減し内視鏡の取り回し性を向上させる「柔軟性」を実現したものです。ロボット用ケーブルの開発を通じて培ったOKI電線独自のノウハウを活かして、8K映像信号を高速かつ高精度に伝送できる広帯域光ファイバーケーブル、内視鏡への電力供給と制御を行うメタル電線、さらには、高温となる8K映像モジュールを冷却するためのエアチューブを、コンパクトに一体化しました。また、ケーブル全体を覆う外被は軽量コイル芯入り(注2)とすることにより潰れにくさを実現し、軽量化と柔軟性・耐久性の両立に成功しました。

OKI電線は、今回の商品開発で得た軽量・柔軟化技術の水平展開とさらなる発展に取り組み、医療はもとより放送・車載分野など、高精細な映像ニーズの高まる市場に向けた商品開発を積極的に進めてまいります。

用語解説
注1:8K内視鏡
水平画素数7,680×垂直4,320(ピクセル)の超高解像度映像で撮影が可能な医療用内視鏡カメラ

注2:軽量コイル芯入り外被
ケーブルを構成する外被の中に、軽量素材で作られたコイル状の補強心が一体に成型されているため、外圧に強く、かつ、柔軟に曲げられることが特徴のケーブル外被体


沖電気工業株式会社および沖電線株式会社は、通称を「OKI」「OKI電線」とします。
その他、本文に記載されている会社名、商品名は一般に各社の商標または登録商標です。


本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
OKI 広報部
e-mail:press@oki.com
お問い合わせフォーム
https://www.oki.com/cgi-bin/inquiryForm.cgi?p=015j
本件に関するお客様からのお問い合わせ先
OKI電線 お客様相談窓口
電話:0120-087-091(フリーダイヤル)
受付時間 9時~12時、13時~16時(OKI電線営業日)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)