医療・医薬・福祉

【ライブ配信有】アフターコロナ時代におけるデジタルヘルスの新潮流と関連事業者の採るべき戦略【JPIセミナー 9月25日(金)開催】

JPI日本計画研究所
~ライフサイエンス4.0の世界 ヘルスデータの拡大と活用 行動変容ビジネスモデル~

日本計画研究所は、EYJapan ライフサイエンス セクターリーダー 矢崎 弘直 氏を招聘して下記の通りセミナーを開催いたします。 セミナー終了後には、講師及び参加者間での名刺交換会を実施いたしますので、ビジネスに役立てていただける構成となっております。


本セミナーは、会場及び、ご自宅等ライブ配信受講のいずれかをご選択いただけます。

〔詳細・申し込み〕https://www.jpi.co.jp/seminar/15139

〔タイトル〕
アフターコロナ時代における
デジタルヘルスの新潮流と関連事業者の採るべき戦略

~ライフサイエンス4.0の世界 ヘルスデータの拡大と活用 行動変容ビジネスモデル~

〔講義概要〕
ヘルスケアの世界は急速なデジタル化で確実にパラダイムシフトが進んでおり、コロナの到来によりその流れが加速しています。新たなパラダイムの最新動向と関連する企業の採るべき戦略を概説します。


〔講義項目〕
1.デジタルヘルスをめぐる新たなパラダイム
 (1)ライフサイエンス4.0の世界
 (2)デジタル化がもたらす業界パラダイムシフト
 (3)鍵を握るヘルスデータの活用
2.デジタルヘルス国内外の最新事例
センサー、通信、AI技術が創る画期的コラボレーション
  事例
3.アフタコロナ時代における新潮流と関連事業者の
  採るべき戦略

 (1)新パラダイムへのコラボレーションの加速
 (2)5G、AI、センサー技術によるヘルスデータ高度化への対応
 (3)個別化への鍵を握る行動変容
 (4)高信頼ネットワークの構築
 (5)新たなデータ中心ビジネスモデルへの対応
4.関 連 質 疑 応 答
5.名 刺 交 換 会
講師及び参加者間での名刺交換会を実施いたします。

〔講  師〕EYJapan ライフサイエンス セクターリーダー 矢崎 弘直 氏

〔開催日時〕2020年09月25日(金) 09:30 - 11:30

〔会  場〕港区南麻布/JPIカンファレンススクエア https://www.jpi.co.jp/access

〔 参加費 〕
▶民間参加費1名 : 33,580円 (資料代・消費税込)
 2名以降 28,580円 (社内または関連会社で同時お申込みの場合)
▶行政参加費:国家公務員・地方自治体職員の方は、1名 16,500円(資料代・消費税込)

〔詳細・申し込み〕https://www.jpi.co.jp/seminar/15139

〔備 考〕
ライブ配信受講ご希望の場合は、お申込時備考欄にご記入をお願いいたします。

当日配付資料等は、後日郵送にて送付いたします。
受講後のご質問等、講師とのお取次ぎをさせていただきますので、ご遠慮なくお申し付けください。

■ライブ配信について
<1>Zoomにてライブ配信致します。
<2>お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ視聴用IDとパスワードを
   開催2日前にお送り致しますので、開催日時にZoomミーティングへご参加ください。

※Zoomとは…
Zoomという通話アプリを使いますので、スマホ・パソコンとWi-Fi環境・インターネット環境があれば、
簡単にご参加頂けます。


≪こちらも要チェック↓↓≫
【9月4日開催】With/Afterコロナ時代における 2030年を展望する「技術フォーサイト調査」を踏まえた 持続可能な「細胞・遺伝子治療エコシステム」構築に向けた潮流と事例
https://www.jpi.co.jp/seminar/15066

【9月24日開催】With/Afterコロナ時代における シニア市場ビジネスの変革とその対応策
https://www.jpi.co.jp/seminar/15117



【お問合せ】
JPI 日本計画研究所
〒106-0047東京都港区南麻布5-2-32 興和広尾ビル
TEL.03-5793-9761  FAX.03-5793-9766
URL  https://www.jpi.co.jp




【株式会社JPI(日本計画研究所)】
“「政」と「官」と「民」との知の懸け橋”として国家政策やナショナルプロジェクトの敷衍化を支え、国家知の創造を目指す幹部・上級管理職の事業遂行に有益な情報をご参加者を限定したリアルなセミナーという形で半世紀、提供し続けています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)