美容・健康

~輝く素肌で生まれ変わる女性を応援してきた「タカミスキンピール」15周年企画~“美しい横顔で、前を向こう。” ニューノーマル時代を前向きに生きるヒントが詰まったキャスト4名の横顔ビジュアルを公開

株式会社タカミ
スペシャルサイト:https://www.takami-labo.com/15th-anniversary/

 東京・表参道にある美容皮膚の現場で長年にわたりスキンケアの開発に携わってきたドクターズコスメブランド『タカミ』(本社:株式会社タカミ 東京都中央区、代表取締役:岡村雄嗣、www.takami-labo.com) は、ロングセラーである代表製品「タカミスキンピール」が、本日2020年8月19日(水)をもって15周年を迎えたことを記念して、6月23日から始動した企画「美しい横顔で、前を向こう。」に賛同いただいた俳優・黒木メイサさんをはじめとするキャスト4名のビジュアルを活用したプロモーションを店頭等にてスタートします。



■15年間、前向きに生きる女性と向き合ってきたタカミ。こんな時代だからこそ美しく生まれ変わる女性を応援したい。
 悲しみや苦しみの反面、様々な気づきを与えた新型コロナの影響。当たり前だった日々に大きな変化がもたらされ、「ニューノーマル」という新しい日常へと、人々の暮らしや社会が生まれ変わろうとしています。
 タカミは15年間、スキンピールを中心とした製品の提供を通じて、女性の肌の生まれ変わりや日常が輝いていくことに対し真摯に向き合い、応援してきました。 そして、こんな今だからこそ「“新しい日常”を少しでも前向きに踏み出していただきたい」という強い想いを持っています。

 そんなタカミの想いに賛同いただいた、俳優・黒木メイサさんをはじめ、フリーアナウンサー・宇賀なつみさん、ファッションモデル・前田典子さん、美容家・神崎恵さんという、さまざまな背景をもつプロフェッショナル4名が、自宅からの完全リモート撮影に初挑戦してくださいました。
 「美しい横顔で、前を向こう。」というコンセプトのもと、日常を前向きに生きるヒントが詰まったニューノーマル・ストーリーを語るインタビュー動画や、タカミのブランドロゴを体現するかのような美しい横顔ビジュアルの撮影を行い、 スペシャルサイト内で公開しております。

インタビューをご覧になった方々からは、「(暗い)心が浄化された」「このタイミングに興味のあることに挑戦したい」「心地いいコトやモノを意識して選ぶようになった」など、新しい日常においてモノゴトの本質を見つめ直すきっかけとなったとSNSや店頭等で多くの反響をいただきました。
「#わたしのニューノーマル」スペシャルサイト:https://www.takami-labo.com/newnormal/

■本物が分かる大人の女性に選ばれ続けスキンケアの定番となった「タカミスキンピール」が178%売上増
 “生涯 美肌のかかりつけ” 、“正しいスキンケア習慣”の提供にこだわってきたタカミのロングセラー製品「タカミスキンピール」は、自分自身の肌と向き合う時間が増えスキンケア製品の見直しをする多くのお客さまからご支持いただき、コロナ禍の期間にも関わらず約178%増※の売上販売本数を記録しました。これは新しい製品を買い回る今までの消費行動から、より必要な定番製品を自分自身の判断で選ぶ本質思考の消費者が増えている傾向であると思われます。
タカミはこれからも、お客さま一人一人の肌に誠実に向き合い、本物が分かる大人の女性に選ばれ続けるブランドとして、さらなる活動を続けていきます。 
※ 2020年2月と同年5月の売上販売本数比較

■美しさの原点。肌の代謝に着目した唯一無二の“角質美容水”「タカミスキンピール」
唯一無二の“角質美容水”「タカミスキンピール」
「タカミスキンピール」は、“美肌の鍵”を握る正しい肌の代謝(新しい生まれ変わり)に着目した、角質美容水です。加齢や生活環境、ストレスなどにより引き起こされるさまざまな肌悩みの根幹にある“肌代謝の乱れ”に日々寄り添うケアで肌本来の美しさを呼び覚まします。

2005年の発売以来、変わることのない絶妙なレシピ
角質層のすみずみに浸透させるために計算された水のようなテクスチャー、美容皮膚の現場で20万人以上※の“生きた肌”に向き合い導き出した絶妙な配合バランス。この処方こそ、長年多くの方に選ばれているタカミの「答え」です。

どんな年代、肌質でも使える
「タカミスキンピール」は、繰り返す皮脂トラブルや肌荒れ、毛穴の悩み、キメの乱れによるくすみ・ゴワつきなどの根本の原因である肌代謝の乱れに着目。肌が抱えるさまざまな悩みに幅広く届く、年代や肌質を超えた定番です。

※ 2008年1月~2016年8月までの延べ人数

【タカミスキンピール15年の歴史】
2005年
美容皮膚科クリニックの現場経験からたどり着いた“正しい肌の代謝”に着目した角質美容水「タカミスキンピール」が誕生

2014年
“スキンピール習慣”をもっとたくさんの人に知ってほしいという想いで7,500円だった価格を処方や容量を変えずに4,950円に大幅値下げを実現

2017年
初の海外店舗を香港に出店
日本ではタカミスキンピールを毎月お届けする“定期会員”が6万人を突破

2018年
「タカミスキンピール」年間販売本数150万本を突破
直営店舗の東武百貨店池袋にオープン

2019年
「タカミスキンピール」累計販売本数500万本を突破
タカミ初の路面店“TAKAMI GINZA”を銀座にオープン

2020年
伊勢丹新宿店で初のPOP UPショップを3月にオープン
累計販売本数610万本、累計購入者数93万人を突破


製品詳細


[製品名]  タカミスキンピール〔角質美容水〕
[容量]   30mL
[国内価格] 4,800円(税込5,280円)

使い方アドバイス
洗顔後、乾いた手のひらに適量をとってご使用ください。スキンピールが角質層のすみずみにじっくり浸透するまで、3分待ってから化粧水をお使いください。また、日々のダメージをケアするためには、毎日お使いいただくことがとても重要です。

その他のベスコス受賞アイテム


[製品名]  タカミスキンピールボディ〔ボディ用角質美容ゲル〕
[容量]   200g
[国内価格] 5,600円(税込6,160円)


[製品名]  タカミリップ〔唇用美容液〕
[容量]   7g
[国内価格] 2,200円(税込2,420円)

<タカミについて>
これまでも、これからも。「生涯 美肌のかかりつけ」


1999年、美容皮膚科の先駆けとして東京・表参道に開院したタカミクリニック。そこに寄り添う形で誕生したのが、スキンケア製品を開発する「株式会社タカミ」です。「美容医療」と「スキンケア」の効果の境界線を誰よりも見てきた私たちは、最新の美容医療と競うような化粧品ではなく、毎日のスキンケアにしか出来ない“忘れてしまいがちな化粧品の本来の役割”を追求しています。正しいスキンケアを積み重ねることで、肌は必ず応えてくれる。それは、これまで20万人※以上の肌と向き合った経験から得た、リアルな答え。だからタカミは、ご自身の手で毎日丁寧に肌を育む正しいスキンケアのプロセスこそが美肌づくりの要であると確信いたしました。お客さまが自身の肌と向き合い、正しいスキンケアを発見することで肌を愛おしく感じていただけるきっかけの場として、タカミはあり続けたいと考えています。

※ 2008年1月~2016年8月の延べ人数
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)