医療・医薬・福祉

AI技術により検査画像の高画質化と検査時間の短縮を両立 光干渉断層計の新ブランド「Xephilio」として“OCT-A1”を発売

キヤノン株式会社
キヤノンは、眼底三次元画像から血管形態を描出する画像処理技術OCT Angiography(アンジオグラフィ)(以下OCTA)(※1)を搭載した光干渉断層計“OCT-A1”を2019年4月18日より発売します。


OCT-A1
OCT-A1の使用イメージ
光干渉断層計は、網膜の断層面を見ることができる眼科機器です。新製品“OCT-A1”は、ディープラーニング技術を用いた画像処理技術と高性能GPU(画像処理半導体)により、OCTA画像生成の高速化と高画質化を両立しています。新たにブランド名を「Xephilio(ゼフィリオ)」として、眼科系医療機関へ幅広く展開していきます。

■ 先進技術を搭載した眼科機器としてブランドとデザインを一新
今後ラインアップを拡充し、医療従事者や患者さんに負担の少ない高度な機器を提供し、社会に貢献していく意思を込め、光干渉断層計のブランドを新たに「Xephilio」として展開します。Expertの意味を込めた「X」とギリシア語で友愛を意味する「Philia(フィリア)」を合わせたブランド名、高級感のある黒と白を組み合わせたデザインにより、先進技術を搭載した眼科機器にふさわしいものとしました。

■ AI技術を用いたノイズ低減処理により短時間で高精細なOCTA画像を生成
ディープラーニング技術を用いて設計した独自の新画像処理技術「Intelligent denoise」により、眼底の血管形態を描出したOCTA画像からノイズを除去し、血管の細部まで可視化された高精細OCTA画像の生成が可能です。ディープラーニング技術に用いた教師データ(※2)には、繰り返し撮影したOCTA画像を加算平均し高画質化する技術として定評のある「OCTA Averaging」を採用しています。「Intelligent denoise」により、わずか1回のスキャンで「OCTA Averaging」に匹敵する高精細なOCTA画像を生成できます。

■ 高性能GPUにより画像処理時間を高速化
高性能GPUを用いて画像の演算処理を行うことで、OCTA画像の再構成時間を従来比で約70%(※3)短縮することが可能です。速やかに診断画像を得ることができるため、検査時間の短縮につながります。また、糖尿病網膜症などの血管異常の読影で有効となる複数枚のOCTA画像をつなげるパノラマやOCTA Averagingの処理時間も短縮でき、患者さんや医療従事者の負担を軽減します。





※1 Optical Coherence Tomography Angiographyの略。
※2 AIが学習するために人間が与える手本となるデータ。
※3 従来機種「OCT-HS100」(2012年9月発売)に、ソフトウエア従来バージョン「Ophthalmic Software Platform RX V4.4」を搭載した場合の撮影終了後からOCTA画像が表示されるまでの実測値との比較において。
※4 OCT Angiographyの機能を有さないStandard Modelの参考価格(税別)は1,100万円。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会