美容・健康 広告・マーケティング

【コロナ渦巻く医療現場で誕生】守る防ぐ、還元発酵乳酸菌スプレー『ウィルアタック EX』を発売! | 株式会社シンビシン

株式会社シンビシン
<クリス・リーブス医学博士監修>細菌叢(フローラ)に注目した、還元発酵乳酸菌スプレーが誕生!

美容商材開発、美容商材卸事業で各種商材を提供する株式会社シンビシンは、新型コロナウイルス第二波の感染再拡大に一石を投じるべく、還元発酵乳酸菌スプレー『ウィルアタック EX』を2020年8月より取り扱いを開始しました。 株式会社シンビシン(本社:大阪市浪速区、代表取締役:宇多淳) 【URL】http://www.b-shin.com ■Facebook:https://www.facebook.com/shinbishin18 ■Instagram:https://www.instagram.com/shinbishin18



新型コロナウイルス感染のに伴い、第二波の感染再拡大は深刻さを増す事態となっています。さらに医療や介護の現場では慢性的な人手不足がさらに悪化する中、マスク等の医療資材の不足の回復にはまだまだ至らないのが現状となっています。院内感染などの脅威にもさらされ医療従事者のストレス、混乱は深まるばかりです。

そんなコロナの脅威が渦巻く医療現場から誕生した、還元発酵乳酸菌スプレー『ウィルアタック EX』が発売されることになりました。人の多い場所や菌、ウィルスが気になる方のために。

※ヨーグルト1個分を100mlとして、乳等省令の発酵乳成分規格で規定された乳酸菌数(10億個)を基に算出。



『ウィルアタック EX』は細菌叢(さいきんそう)に注目



細菌叢とは人の体の表面や管腔には、細菌の草むら=細菌叢(フローラ)と呼ばれる合計1,000兆個を超える微生物が集団で生息しています。およそ80%の細菌叢は腸内に、残りの20%は呼吸器官、口腔、生殖器官と皮膚等に存在し、それぞれの部位で細菌などからなる複雑な独自の微生物集団(フローラ)を形成しており、それらが人の体質や病気と深い関わりを持つことがわかってきました。


「還元発酵乳酸菌」が口腔・腸内の細菌叢バランスを整える働きに期待できる

「還元発酵乳酸菌」は海洋深層水・水素を活用し乳酸菌を培養する独自製法において乳酸菌死菌を多く含む形にて乳酸菌発酵エキス(乳酸菌代謝産物)を取り出し濃縮梅の実エキスと反応させた複合素材です。(特願2019-195717、商標登録 第6182055号、商願2019-016039)

善玉菌増殖作用を持つプロバイオティクス(乳酸菌 1000億個/g以上)であると共に、乳酸菌の代謝物である発酵エキスを含み、口腔・腸内の細菌叢バランスを整える働きに期待できます。


クリス・リーブス医学博士監修

『ウィルアタック EX』は元ジョンズホプキンス大学OBで米国医師でもある、クリス・リーブス医学博士監修の元開発された乳酸菌スプレーです。





還元発酵乳酸菌スプレー『ウィルアタック EX』

菌やウィルスが気になる所に入る時、出歩く時に、喉・お口の中に1回2プッシュしてお使いいただくだけ!【飲用に関する安全テスト実施済】



◆ ウィルアタックEXは喉が気になるこんな時・こんな人にオススメ!




人が密集する場所(満員電車・職場など)、菌やウィルスがウヨウヨしている人混みに入る時
空気が乾燥しがちな室内(飛行機内・新幹線車内)で、喉がイガイガする方
集団行動する事が多い方や、体調を崩しやすいご年齢の方


[内容量] 30g
[使用量] 喉・お口の中に1回2プッシュ:1日2~3回(目安)
[栄養成分表示(30g)]エネルギー0.40kcal、たんぱく質0.03g、脂質0.03g、炭水 化物0.11g、食塩相当量0.08g
[内容成分表示] 乳酸菌発酵エキス(黒糖培地・乳酸菌)、梅エキス、海洋深層水、グレープフルーツ種子エキス
___________________________________________________________________________________________________
美容商材開発、 美容商材卸事業で各種商材を提供する「シンビシン」では、 様々な美容商材を豊富に取り扱っております。 「シンビシン」でなら、 他では見つけられないアイテムもきっと見つけることができます。

▶︎公式インスタグラム:おすすめ商品1分プレゼン毎日更新中!
( @shinbishin18 ) https://www.instagram.com/shinbishin18/
▶︎(株)シンビシン : http://www.b-shin.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)