医療・医薬・福祉 デジタル製品・家電

【米Tellus社】シリーズAで日米の投資家から7億円の資金調達を実施

Tellus You Care
 ~最新デバイスの出荷を開始、国内高齢者施設などへの普及を目指す~

2020年8月20日、最先端のレーダー技術を用いた高齢者向け見守りデバイスを開発する米国サンフランシスコ発のスタートアップ、Tellus You Care, Inc. (以下 Tellus*)は、株式会社 東京大学エッジキャピタルパートナーズをリード投資家として、国内外の新規投資家および既存株主を引受先とする総額 7.3億円(7百万ドル)のシリーズAラウンドの資金調達を実施したことをお知らせします。 *「テラス」と読みます 今回の調達を経て累計調達額は 10.5 億円(10百万ドル)となりました。


■本ラウンドに参加した投資家
株式会社 東京大学エッジキャピタルパートナーズ
株式会社 NTTドコモ・ベンチャーズ
株式会社 環境エネルギー投資
株式会社 DG Daiwa Ventures
All Turtles LLC(本社:米国サンフランシスコ)
個人投資家

■調達の目的と今後の展開
このたび調達した資金は、研究開発、SaaSプラットフォーム開発、マーケティングなどに投資し、Tellusの事業基盤をさらに強固なものとしていきます。日本国内の高齢者施設へのデバイス導入に注力し、在宅介護、そしていずれはコンシューマ向けへの商品開発も計画。サンフランシスコ本社に加え、2020年2月に設立した日本法人でも多くのポジションを強化。国際色豊かなメンバーが一丸となって、パートナー企業と共に日本での事業展開をすすめていきます。

■「Tellus」のプロダクト・サービス概要
Tellusは、自動運転に使われる最新のレーダー技術をいち早く活用し、プライバシーを守る非接触な方法で人のバイタル(心拍、呼吸)情報を測定する研究を続けてきました。2019年夏にNTTドコモと実施した実証実験など、複数・長期のテストを経て開発した最新のデバイスは、室内の壁に設置するだけで対象者のバイタルや活動状況(在室、歩行、睡眠、転倒等)の情報を収集。これらの情報はクラウドで管理・分析されてどこからでもアクセスが可能で、高齢者などの長期的な健康管理や介護の負担軽減、さらには施設の経営支援に貢献します。測定したバイタルデータを分析するアルゴリズムなど既に複数の特許を取得済みで、その他多くの特許も申請中。

図1:Tellus サービス概要図

手のひらサイズの最新デバイスは使い易さや設置のし易さを重視しており、国内外での受賞歴のあるプロダクトデザイナー、鈴木元氏(www.gensuzuki.jp)がデザイン。設置には業者などによる工事は不要。一つの部屋に一つのデバイスを壁に掛けてコンセントに挿すだけで、対象者を見守り続けます。

画像1:Tellus が開発した見守りデバイス。90 x 90 x 32 mm と小型で、設置も簡単。


画像2:介護施設向けの管理画面は、国内の複数施設での試用を繰り返し、使いやすさを追求。介護士の携帯電話には、転倒や離床などの事態にアラートが送られる。

■ Tellus会社概要
2017年、スタンフォード大卒でGoogleなどでの事業経験を持つ2名が、遠方に住む祖父母の介護という原体験をきっかけに、最先端の技術でエルダー・ケア(高齢者介護)を革新的に変えることを目指して創業。
2018年からは All Turtles の支援を受け、研究開発、日本市場へのフォーカス、事業提携や資金調達を行っている。2020年2月にはTellus日本法人を設立し、パートナー企業と共に日本の介護施設への導入を目指す。

米国本社
社 名: Tellus You Care Inc.
代表者: CEO Tania A. Coke(タニア・A・コーク)
所在地:(本社)米国サンフランシスコ、(日本法人)東京
創 業: 2017年7月
サイト: https://tellusyoucare.com/

■ 本件に関するお問い合わせ先
Tellus You Care 合同会社(日本法人)
※現在、絶賛採用中です。ご興味ある方は是非ご応募ください。
採用ページ:https://tellusyoucare.com/careers
Email: info@tellusyoucare.com 広報担当:澤浦(サワウラ)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)