インテリア・雑貨 流通

ジレット史上究極の優しさを実現した「スキンガード」から、電動シリーズ『スキンガード パワー』が新登場!2020年8月22日(土)よりAmazonにて先行発売

プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社
~摩擦軽減モーターの搭載により、肌への摩擦を和らげ、さらなる滑らかな剃り心地と肌への優しさを実現!~

P&G(本社:神戸市)は、世界売上 No.1*1男性用シェーブケアブランド「ジレット」から、より肌への優しさにこだわった「スキンガード パワー」を2020年8月22日(土)よりAmazonにて先行発売、10月上旬より全国で発売開始いたします。 *1 P&G調べ



 当社の調査*2では、16歳以上の61%、16歳から22歳の若者世代においては86%が切り傷やカミソリ負けなど何らかの肌トラブルを経験したことがあると回答しており、髭剃りに求める機能において『しっかり剃りたい』というニーズよりも『肌を傷つけたくない』が上昇傾向にあります。「切り傷を防ぎたい」「肌荒れ、カミソリ負けを防ぎたい」ためにカミソリを敬遠する若者世代が、それぞれ41%, 59%と高くなっています。
*2 P&G調べ 2018年11月 16歳以上男性534人を対象

『スキンガード パワー』で肌への摩擦を最小化し、究極の肌への優しさを実現。
 1903年に発売を開始して以来、100年以上にわたって蓄積されたテクノロジーとデザインの哲学を詰め込んだ革新的な製品を生み出し続けてきた「ジレット」。2019年に発売した「スキンガード」は、ジレット史上初の肌へのやさしさに焦点を当てた製品で、刃を肌から押し離す「スキンガードコーム」を搭載しており、肌への刃の接触を最小限にして肌を守ります。
 『スキンガード パワー』は、肌への刃の接触を最小限にする「スキンガードコーム」を搭載しながら、一秒間に100回微小振動する摩擦軽減モーターによって、敏感肌の方でも力をかけずに一度でしっかりヒゲを剃りきることができ、カミソリ負けを防ぎます。
 また、従来製品『ジレット フュージョン プロシールド』と同じく、ジェルスムーサーを刃の後ろだけでなく前にも配置したWジェルスムーサー、肌の凸凹を乗り越え、快適な剃り心地を実現するサスペンションシステムを搭載しており、なめらかな剃り心地を実現するとともに肌ストレスを軽減します。

■『スキンガード パワー』製品特長


摩擦軽減モーター搭載
一秒間に100回の微小振動する電動モーターを搭載し、シェービング時の摩擦を軽減し、刃を何度も往復させることなくヒゲを剃りきることを可能にします。

刃を肌から押し離し肌への摩擦を最小化。『新スキンガード』搭載*3
数年の開発期間をかけて、世界で初めて刃の間に搭載されたスキンガードコーム。
スキンガードコームが、刃を肌から押し離すことでヒリヒリの原因になる刃の圧力を軽減。刃の接触を最小限にして肌を守ります。
*3 皮膚科医テスト済(米国の皮膚科医による自己申告の敏感肌の人に対するP&Gテスト。全ての方に皮膚刺激が起きないということではありません。)

Wジェルスムーサー搭載
刃の後ろだけでなく、前にもアボガドオイル入りジェルスムーサーを搭載し、シェービング時にひりつきがないよう肌を保護します。

サスペンションシステム搭載
指のような形のバネの上に取り付けられた5枚の刃がそれぞれ手の圧力と肌の変化に対応しながら、起きたり倒れたりし、肌の凹凸に密着することで快適なシェービングを可能にします。

<ジレットついて>
 ジレットは117年以上にわたり精密な技術による優れた製品パフォーマンスを提供し、世界中で7億5千万人以上の男性の生活をよりよいものにしてきました。髭剃りや身だしなみ、スキンケアから汗対策まで、カミソリ、シェービングジェル(ジェル、フォーム、クリームタイプ)、スキンケア、アフターシェーブケア、制汗剤、ボディーウォッシュなど、幅広い製品を提供しています。
ジレットの詳細や最新ニュースはこちらから:https://gillette.jp/ja-jp
当社の製品ラインナップはこちらから:https://gillette.jp/ja-jp/products/razor-blades

<P&Gについて>
 P&Gは、高い信頼と優れた品質の製品ブランドを通じて、世界中の人々の暮らしに触れ、よりよいものにしています。日本では、衣料用洗剤「アリエール」「ボールド」「さらさ」をはじめとして、柔軟剤「レノア」、エアケア製品「ファブリーズ」、台所用洗剤「ジョイ」、紙おむつ「パンパース」、吸水ケアブランド「ウィスパー」、ヘアケアブランド「パンテーン」「h&s」「ヘアレシピ」、スキンケア製品「SK-II」、シェーブケアブランド「ジレット」「ブラウン」、電動歯ブラシ「ブラウン オーラルB」など、様々な製品を提供しています。(https://jp.pg.com)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)