美容・健康 デジタル製品・家電

【熱中症対策グッズの新常識】国内消費が弱いなら、輸出で倍返しだ!

まつうら工業
「めざましテレビ」紹介。深部体温を下げ、熱中症予防と不眠対策に使える「手のひら冷却」グッズ

松浦工業株式会社(大阪市 取締役 井戸英二)は、深部体温を下げるのに有効なAVA(手のひら・頬・足の裏)3か所を同時に体感15℃で約2時間冷やせる世界初の技術で「睡眠関連ビジネス」市場の開拓に挑戦する輸出パートナーを募集します。




社内ベンチャーで開発した本商品は「小中高の部活生を熱中症から守りたい!」想いを共有する東京と大阪のモノづくり中小企業でタッグを組み「切れのある冷たさ(10℃)」と「マイルドな冷たさ(20℃)」2つの異なる温度を持たせ、使用者が朝、昼、晩、夜寝る時の気温・体温・体調の変化に合わせて2つの温度を使い分けながら「手のひら・ほっぺた・足のうら」に同時にあて、心身ともにクールダウンできる工夫をしたのが最大の特長です。

今期10万個の販売達成を目指し生産を進めておりましたが、東京五輪の延期・スポーツ活動全般が一時的に止まった影響もあり、8月19日時点で目標のわずか25%、2.5万個の販売しか実現できておりません。商品コンセプトに共感していただき、開発から販売まで応援してくださってる多くの部活生、指導者、医学産連携チーム、販売店の皆様に「諦めなければ、道は拓ける」姿で恩返し(倍返し)できるよう輸出に挑戦する事を決意しました。

日本のモノづくり企業の技術と知恵で開発したアイスバッテリー(R)freshは、「手のひらにあてて寝るだけで、普段よりぐっすり眠れた感じがする」とテストユーザー約100名の内、20名(5人に1人)が答えた商品です。実は就寝時の使い方は元々想定しておらず、ユーザーの声でたまたま偶然気づかされたものです。

世界中にいる不眠症や睡眠障害に悩む多くの方に、商品と「就寝時に手のひらを冷やすだけ」という使い方を知ってもらい、使ってもらう事で目標10万個の達成と、「10兆円市場 睡眠関連ビジネス」を国産技術で切り拓くという、今の日本に必要な将来への夢と希望をちょっぴりでも与えられるのではわくわくしております。

先ずは輸出に協力してくださる販売パートナー様をこのプレスリリースで見つけ、最初の第一歩(興味を持つ国に対してサンプル輸出)を今月中に実現する事からスタートしていく所存です。

<商品概要>
商品名: 「体感15℃ 手のひら冷却 アイスバッテリー(R)fresh」
販売窓口:amazon
     https://www.amazon.co.jp/stores/page/4993BDD7-D389-4333-92AD-5634AC1C7AD3
特長:
1. 2つの異なる表面温度(マイルドな冷たさ20℃、切れのある冷たさ 10℃)で
手のひらを冷やしながら深部体温を下げ、睡眠の質を上げる効果が期待できる 
2. 肌に触れるカバーにポリウレタンを採用(肌にも環境にも優しい)
3. 毎日の使用後は中性洗剤で洗えて、繰り返しワンシーズン使える
定価:  1,980円(税抜き)
生産国: 日本

<商品の使い方>
YouTube 約2分「2020年、アイスバッテリーしない!」



<協力パートナー様向けオンライン意見交換会>
開催日時: 8月21日(金)から8月末までの平日の毎日09:00 - 17:00の時間帯

連絡方法
(1) 弊社 HP「お問い合わせ」より、会社名・担当者名・メールアドレスをお知らせ下さい
   HP: https://www.ma-sports.biz/
(2) 弊社担当から、オンラインZoom会議参加用URLとパスワードを送付します
(3) オンライン会議で具体的にどのように連携できるか意見交換

まつうら工業は、1946年創業、一貫して「暮らし応援」商品の開発をしてきました。当社には輸出の経験はありませんが、やる気はあります。今回の商品は、まだまだ発展途上、世界へ輸出できる商品に育てるには研究と改良が必要です。我々と一緒に「手のひら冷却を使った睡眠改善」の更なる研究に協力してくださる大学・研究機関も同時に募集しております。記事をご覧になり、興味を持たれた方からの連絡をお待ちしております。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)