医療・医薬・福祉

世界初、不整脈の発症予測が可能なAI(人工知能)の治験を株式会社カルディオインテリジェンスが実施へ

株式会社カルディオインテリジェンス
~自社開発の革新的AI医療機器の治験がAMED「医療機器開発推進研究事業(2020年度)」に採択~

株式会社カルディオインテリジェンス(本社:東京都港区、代表取締役:田村 雄一 以下当社)は、このたび当社が開発した心電計を応用した革新的医療機器:隠れ心房細動診断支援AI(以下AI医療機器)に関する医師主導治験を実施するため、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)が公募した「医療機器開発推進研究事業」に採択された事をお知らせ致します。これにより本年度より2022年度までの期間において、AI医療機器の実用化開発と医師主導治験を実施する予定です。




治験を実施するディープラーニングを用いた隠れ心房細動診断支援AIのイメージ

当社の技術と提供価値
日本を含む先進国では高齢化が急速な勢いで進み、未発見の心房細動により突然の脳梗塞を引き起こし、生命に関わったり重篤な障害を残したりする例が増加しています。当社では、既存技術で見逃されていた心房細動を発見する、発作が起きていないときであって心房細動の診断予測が可能なAI技術を世界で初めて開発致しました(上図参照)。
本技術を医療機器として普及させることで、在宅医療や健康診断等の日常生活中の数分の検査で心房細動等の不整脈を検出することが可能になり、早期診断による適切な治療を実現することで、脳梗塞によ寝たきり予防にも貢献することが期待されます。
また、本AI医療機器の技術を応用することで、全身状態の重症化や死に至る不整脈の兆候を察知することも可能になるため、将来的に新型コロナウィルスなどの感染症悪化を遠隔で早期発見することや、自動車運転中の不整脈予測による安全確保、未病診断による健康リスク評価への応用が期待されます。
本事業をもとに革新的なAI医療機器を臨床現場にいち早く届けることにより、人生100年時代を人びとが健康で豊かに生き抜くサポートを当社が行うことを目指します。

AMEDへの採択概要
2020年度「医療機器開発推進研究事業(二次公募)」において、研究課題名「在宅医療での診断・早期介入を実現する隠れ心房細動人工知能の開発研究」として、当社と国際医療福祉大学(所在地:栃木県大田原市、学長 大友 邦)が産学連携を促進する形で採択されました。

本事業に関するAMED ホームページ(採択結果一覧):
https://www.amed.go.jp/koubo/02/01/0201C_00095.html

株式会社カルディオインテリジェンスの概要
当社は技術革新が起こりにくかった心電図をはじめとする医学的検査の領域において、ディープラーニングを用いることで飛躍的にAIによる診断サポート能力を高め、世界中の医療従事者に高度な診断技術をもたらすことを目指すヘルステックベンチャーです。社会にAIを用いた医療技術を普及させるため、医師・AIエンジニア・IoTスペシャリストなどの複合領域の専門家で構成されたプロフェッショナル集団です。
・会社名:株式会社カルディオインテリジェンス
・所在地:東京都港区東麻布1-29-15 東麻布296ビル 3階
・代表者:代表取締役CEO 田村 雄一
・設立:2019年10月25日
・URL:https://www.cardio-i.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)