暮らし 流通

D2Cドッグフードブランド『PETOKOTO FOODS』、日本初上陸の体験型店舗「b8ta」に出店

株式会社シロップ
シリコンバレー発、最新ガジェットが体験できるb8taストア内に。サブスクモデルのドッグフードデリバリーサービスでアフターコロナのドッグフード2.0を推進。

株式会社シロップ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:大久保泰介)は、有楽町駅徒歩1分にオープンしたb8ta Tokyo - Yurakuchoに、人間も食べられるパーソナライズフレッシュドッグフードブランド「PETOKOTO FOODS」を出店します。b8ta内では実際に自宅へ届くフードボックスを手に取っていただくことができます。


URL:https://foods.petokoto.com/


■ 次世代のドッグフード「PETOKOTO FOODS」について」


「PETOKOTO FOODS」は、愛犬のデータをもとに最適なカロリー量で定期配送するドッグフードのD2Cブランドです。2019年9月にβ版としてサービスをリリースし、2020年2月より本格販売を開始しました。

新鮮な食事が愛犬の10年、30年後の健康をつくる」をコンセプトに、従来の高温調理で常温保存型の利便性を追求したドライフードではなく、スチーム調理で栄養素を壊さないまま冷凍でお届けする、人間が食べても美味しいフレッシュフードです。

契約期間中はいつでも獣医師にLINEで相談できたり、嗜好性・体重・年齢等の変化に応じたメニューや配送量や頻度の変更を可能にし、一生涯の健康をサポートします。また、売上の一部を姉妹サイトである保護犬猫マッチングサイト「OMUSUBI」に登録されている犬猫たちに寄付する取り組みを通して、ペットライフのエコシステムを推進していきます。


商品名:PETOKOTO FOODS(ペトことフーズ)
メニュー:ビーフ / ポーク / チキン / フィッシュ
容量:1パック 150g(保存期間:冷凍で12ヶ月)
価格:プランによって値段は異なります

3kgの小型犬で1日100円からコーヒー1杯の値段で始められます(消費税配送料別)
・いつでも解約OK(継続期間の縛り無し)
・14日間初回全額返金保証付き
・購入後もマイページにて、配送頻度やメニューを必要に応じてカスタムが何度でも可能

ポイント1. 国産食材使用で安心安全


自然豊かな大地で育つ鹿児島県の和牛や桜島どり、安納芋など、高品質の肉や野菜をふんだんに使用しています。従来のドッグフードは原材料の産地が不明確でしたが、鹿児島県の生産者から直接野菜などを仕入れることで安心安全の食材を厳選しています。

また、従来のドッグフードは常温での保存性を良くするため、ドライ形状で保湿剤、乳化剤、増粘安定剤、pH調整剤、保存料、酸化防止剤などの添加物が入っているものが多いですが、PETOKOTO FOODSは冷凍保存食とすることで、栄養をキープするために必要なビタミンミネラルサプリメント以外の不要な添加物を一切含んでいません

ポイント2. 新鮮だから美味しい


従来のドッグフードは高温調理のため栄養素が壊れてしまい栄養吸収に課題がありました。PETOKOTO FOODSは、最低限の加熱で栄養素を壊さず、水分75%以上を保ったまま真空パックで瞬間冷凍し自宅へお届けするため、消化に良く栄養吸収に優れています。嗅覚の優れた犬たちに食材そのままの香りや味を楽しんでいただけます。鹿児島県にあるキッチンで品質管理を徹底するため、食材のカットから人の手で丁寧に行っています。



また、真夏の暑いシーズンは解凍して冷たい状態で与えることにより、愛犬にとっても食べやすく熱中症対策にもなります。犬と猫の熱中症に関する調査では「約2匹に1匹は熱中症の症状が疑われたことがある」という結果が出ています。犬の熱中症の場合、緊急的に病院を訪れる約5割が死亡しており、その中で奇跡的に助かったとしても、熱中症により脱水が起こり、重度の組織障害が生じるため後遺症を免れない可能性があります。
犬の熱中症は意外にも家の中で熱中症を起こす割合が全体の7割で、外の散歩時よりも多いデータが出ています。全体の予防として「水分の摂取」と「身体を冷やしてあげること」が大切です。熱中症になりやすい時期は7月から8月とされており、飼い主が予防知識を蓄え、備えや対策をしてあげる必要があります。


https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000046.000015317.html

ポイント3. 完璧な栄養バランスで愛犬にカスタム


レシピはニュージーランド・マッセー大学獣医学部准教授で、世界で95名(※)、アジアにはいない米国獣医栄養学専門医の資格を持つニック・ケイブ獣医師が開発しています。犬の健康をキープする指標でもある米国飼料検査官協会(AAFCO)の提唱する成分配合を満たしており、子犬からシニア犬まで全年齢全犬種で食べられる総合栄養食です。(※2020年5月30日時点)

参考記事:【犬の食育 Vol.8】長生きの秘訣は食事にアリ。手作りかどうかで3年近くも寿命に差
https://petokoto.com/articles/1623

ニック・ケイブ(Nick Cave)獣医師について




ニュージーランド・マッセー大学獣医学部准教授、米国獣医栄養学専門医。マッセー大学獣医学部小動物内科にて一般診療に従事した後、2000年に獣医学修士を取得(卒業論文は『食物アレルギーの犬と猫の栄養管理』)。2004年よりカリフォルニア大学デービス校で栄養学と免疫学の博士号を取得し、小動物学臨床栄養の研修を修了。同年、米国獣医師栄養学会より米国獣医栄養学専門医に認定。


■ お客さまの声


2020年2月の販売開始から多くの飼い主さまやワンちゃんに好評いただいており、「食が細かったのに食いつきが良くなった」「痩せていたのに適正体重に戻ってきた」「涙やけがなくなった」「健康診断の数値が悪かったが全ての数値で良くなり獣医師の先生に褒められた」などの声をいただいています。
日本の食文化を通して世界一美味しく健康的なごはんを作るため、これからもお客さまである飼い主さまとワンちゃんの声を開発に生かして食事のあり方を再定義し、愛犬たちに「新たな食体験」を提供していきます。

■ b8ta(ベータ)について


b8ta(ベータ)は、2015年にアメリカ・サンフランシスコで誕生した体験型店舗です。

「リテールを通じて人々に"新たな発見"をもたらす」をミッションとし、RaaS(Retail As a Service = サービスとしての小売)モデルを活用。実店舗への出品をまるでオンライン広告を掲載することと同じくらい手軽なものにし、消費者に世界中の最もイノベーティブな製品を発見、体験、購入できる場を目指します。

b8taはお客様に新しい「発見と体験」を届けることを目指しています。店内には、海外の最新ガジェットから日本のモノづくりの技術を生かした商品、D2Cブランドのコスメ、ファッション、フードなど幅広い商品ラインナップが並びます。日本初進出の商品やサービスを手に取れるだけでなく、魅力的な商品との思いがけない出会いをお楽しみいただけます。

これまでに世界で24店舗を展開し、8月1日から、アジア初となる2店舗を有楽町と新宿マルイ本館にオープンしています。

[最新情報については公式SNSアカウントにて発信中]
PETOKOTO FOODS
・Twitter:https://twitter.com/petokotofoods
・Instagram:https://www.instagram.com/petokotofoods_dogs/

b8ta Japan
・Twitter:https://twitter.com/b8tajp
・Facebook:https://www.facebook.com/b8tajp
・Instagram:https://www.instagram.com/b8tajp

■ シロップについて



シロップは2015年創業の20名弱の愛犬家、愛猫家が集うペットテックスタートアップです。「人が動物と共に生きる社会をつくる」をミッションに掲げ、世界中に生きる全ての命が尊重され許容される社会を目指しています。
ペットの家族化が進む反面、法律ではモノとして扱われ、殺処分問題という大きな倫理的問題がある産業を変革するため、また、「ペットライフを家族の在り方の一つにする」ために、デザインとテクノロジーの力を用いてペットライフをトータルで豊かにしてまいります。

会社名 株式会社シロップ(SYRUP, Inc.)
所在地 〒140-0012 東京都品川区上大崎3-14-1中丸ハウスB棟
代表者 大久保泰介
資本金 110,986,000円(資本準備金を含む)
設立 2015年3月

サービス
カスタムフレッシュドッグフード「PETOKOTO FOODS」https://foods.petokoto.com/
ペットライフメディア「ペトこと」https://petokoto.com/
保護犬猫マッチングサイト「OMUSUBI」https://omusubi-pet.com/
URL https://syrup.co.jp/

■本リリースに関するお問い合わせ
株式会社シロップ 広報担当
https://syrup.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)