ビジネス・コンサルティング 美容・健康

【オンライン開催】茂木健一郎氏など有名ゲストも登壇!9月15日(火)に健康経営に関するビッグイベントを開催!

株式会社セルメスタ
「健康経営の広場」は、生きがいをもって働く人や組織を応援するプラットフォームです





「ホワイト500、健康経営優良法人認定を取得したけど、その先なにをしたらいいんだろう?」


そんな方に必見のイベントを初開催することに!
その名も、「働き方・生き方フェス」
初開催となる今年のテーマは「ニューノーマルで変わる働き方、変わらない働き方」
にスポットライトを当ててオンラインにて開催します。
健康経営を実践的に取り入れている法人様、これから取り組んでいこうと検討している法人様などにも必見!
様々なステージで同時に実施しますので、ぜひお好みのイベントを見つけてお楽しみください!

スペシャルゲストには、脳科学者で「IKIGAI」提唱者でもある茂木健一郎氏も登壇が決定!
その他にも各業界のエキスパートとともに、企業や社員、いち個人の人間として求められる「これからの働き方・生き方」について熱いトークが繰り広げられます。

※登壇者の詳細やフェスの参加方法については下記URLよりご確認ください。
https://kenkoukeiei-media.com/ikikata-fes





<概要>
■日程:2020年9月15日(火)
■時間:14時~18時
■参加申込:無料
■タイムライン:




※タイムラインは変更になる可能性がございます

【見どころ】
・茂木健一郎氏登壇のスペシャルステージ
・健康経営やヘルスケア業界トップランナーが集結!
・1万人のマインドフルネス瞑想など、盛りだくさんのイベント

【ポイント】
・激動の時代において、働き方・生き方に関して、企業や個人が知っておきたいことについて学ぶことができます
・健康経営の一歩先の世界観、価値観に触れることで、あたらしい時代における経営観、組織づくり、採用、評価制度について考えるきっかけを提供します
・健康の定義に含まれる「身体的・精神的・社会的健康」の多様な側面を扱った多彩なコンテンツを、気軽に楽しむことができます

【こんな人にオススメ】
・新型コロナをきっかけに社会情勢が変わっていることは感じているが、会社として、個人として対応しきれておらず、これからの時代にどういった視点・行動が必要かを知りたい
・ひとりひとりの働き方・生き方を大事にし、組織としてエンパワメントしている会社で働くことに興味をもっている
・会社で「健康経営」の認定を取得したけど、その先になにをやればいいか分からない
・人事・総務など「健康経営」を推進する部署にいるが、組織づくりに活かす上で悩んでいることがある

【参加者特典】
今回のフェス開催にあたり「働きがい・生きがいアンバサダー」の会員限定オンラインコンテンツを徐々に発信していく予定で準備しています。
アンバサダーには個人での無料会員制度や法人での有料会員制度をご用意しています。
初めて健康経営を学ぶ方や、健康経営優良法人認定の取得を検討している法人様には実践的な取り組みが可能な内容になっています。

【フェスの参加お申込みについて】
下記URLの働き方・生き方フェス2020特設サイトよりお申込みいただけます。
https://kenkoukeiei-media.com/ikikata-fes

【報道関係者の方へ】
1社限定で9月15日の撮影スタジオにご招待いたします。
その際、スペシャルステージ1「人は仕事に働きがい、生きがいを見出せるのか?」にご登壇予定の
・経済産業省 商務・サービス政策統括調整官 山本和徳氏
・「IKIGAI」著書 脳科学者 茂木健一郎氏
・NPO法人健康経営研究会 平野治氏
・ティール組織の第一人者 吉原史郎氏
への個別インタビューもご予定しております。
取材のお申込みは下記に記載しております、健康経営の広場サイトのお問い合わせフォームよりお願いいたします。
取材時間や撮影スタジオなどの詳細は当選した方にのみ別途ご案内をいたします。





===============================================================
お問い合わせに関して
下記、健康経営の広場のお問い合わせフォームよりお願いいたします
https://kenkoukeiei-media.com/contact
===============================================================
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)