デジタル製品・家電 美容・健康

リビングに置きたい!家庭用フィットネスグッズ予約殺到

株式会社アメイズプラス
ヘルスケアメーカーが挑んだ半年間 コロナ禍の運動不足を解消 

家庭用ジャンプエクササイズ器具「シェイプキューブ」が、コロナ太りに悩む主婦層を中心に予約注文が殺到しています。トランポリンとは思えないハイセンスなデザインが大好評で「片付けるのが面倒」「リビングに置く場所がない」などの悩みを解消できるとSNS上で話題に。予想を上回る反響をいただいております。


 年間150個以上の美容・健康雑貨を企画販売する株式会社アメイズプラス(本社:名古屋市 代表:山本良磨)は、コロナ禍の運動不足やコロナ太りの悩みを解決するべく、通常1~2年かかる作業を、これまでにない大規模チームでプロジェクトを進行。わずか半年でこだわりのつまった高機能ブランドを作り上げ、リリースすることに成功しました。現在は予約注文を受け付け中で、発売は2020年9月9日(水)です。

 SNS上では、“これってトランポリンなの?”と見た目からは連想できない優れたデザイン性により、多くの興味関心を集め、発売前にも関わらず動画再生回数9.1万回以上を記録。初回生産分を上回る勢いで注文が殺到しています。(公式販売ページ:https://www.amepla.jp/c/gymterior





■シェイプキューブの特長
1.中材に衝撃吸収と弾力性に優れるクッション素材を3層にすることで運動時の騒音を※最大53%までカット。集合住宅や夜に使用しても安心。また、裏面は滑り止め付きなのでフローリングも傷つけない。※自社調べ
2.リビングに馴染むハイセンスなデザイン性。未使用時はインテリアとして置くことができます。
3.軽くてコンパクト設計。ハンドル付きで持ち運びもラク。組み立て不要なので運動したい時にすぐ使えます。

■誕生のきっかけは”面倒くさい”
 シェイプキューブ開発者は5歳の息子を持つ父親。今年3月31日に発令した緊急事態宣言後、外で遊べなくなった息子のストレス解消と自分の運動不足を解消するために、ネットでトランポリンを購入したがある問題に直面する。直径100cmのトランポリンを保管するスペースが家に無いため、使い終わる度に片付けなければならず、それがとても大変な作業でした。そこから着想したのが「リビングに置けるトランポリン」でした。




■都内の平均延べ床面積「39平方メートル 」ー世界主要都市と比較して”最下位”
 日本の1住居当たりの延べ床面積は平均39平方メートル 、さらに関東大都市では平均23.8平方メートル で、世界と比べて圧倒的に狭い住居スペースで私たちは暮らしています(表1参照)。それにも関わらず「在宅勤務用のスペース」「運動専用のスペース」など新型コロナウイルスによって新しい空間が誕生することで、より一層住居スペースを圧迫させている恐れがあります。


国土交通省より〈資料〉 日本:総務省「平成25年住宅・土地統計調査」(データは2013年)


■ウィズコロナに寄り添う家庭内フィットネスグッズ
 2020年9月9日(水)にリリースする「gymteria(ジムテリア)」は、「Gym + Interior = Gymterior(ジムテリア)」の言葉から成り立ち、“あなたのお部屋に自然となじむ”というブランドコンセプトです。
 「置く場所がない」「片付けるのが面倒」「急な来客が来た時に見せるのが恥ずかしい」など今までのフィットネスグッズの概念を刷新した高いデザイン性と、日本の住居空間に見合うコンパクト性を兼ね備えています。「もっと健康に、もっと自分らしい、豊かな暮らしを提供する。」をミッションに、今後も新商品を展開して参ります。




公式販売ページ:自社ECサイトameplaにて先行予約販売中
https://www.amepla.jp/c/gymterior/586

公式インスタグラム:
https://www.instagram.com/gymterior.home/

【シェイプキューブの概要】
名称   :シェイプキューブ
カラー  :スカイブルー/カカオブラウン 
販売価格 :16,800円(税抜)
サイズ  :縦450mmx横450mmx高さ200mm
発売日  :2020年9月9日

ジムテリア ブランドロゴ
スカイブルー


カカオブラウン

【会社概要】
株式会社アメイズプラス(https://amaze-plus.com/
“あしたの欲しい!をつくる”を理念に、「モノづくり×IT」で製造情報小売業を行う
本社:名古屋市中村区太閤 TEL:052-485-4759

【本件に関するお問い合わせ先】
広報:志村 TEL:03-5475-6501
メディアの皆様へ、商品サンプル貸し出し可能です
※広告営業などのお電話はご遠慮ください
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)