医療・医薬・福祉 ネットサービス・アプリ

インビザライン、アジア太平洋地域で100万人目の患者を達成

インビザライン・ジャパン株式会社
アジア太平洋地域で100万人、世界で800万人以上の患者が利用した実績を持つマウスピース型矯正装置(クリアアライナー)を先導するブランド


アライン・テクノロジー社(NASDAQ: ALGN)の子会社であるインビザライン・ジャパン株式会社は本日、同社が提供するクリアライナーによる矯正歯科治療の支援において、アジア太平洋地域で100万人目の患者に到達したマイルストーンを発表しました。同社のクリアアライナーブランド「インビザライン」は、アジア太平洋地域で100万人、世界で800万人以上の患者が利用した実績を持つ先進的な製品です。今回発表したマイルストーンは、アジア太平洋地域におけるインビザラインでの矯正歯科治療支援の継続的な取り組みや、同社のミッションである「Transform smiles and change lives(笑顔を作り、人生を変える)」を実現する信頼されたブランドであることを証明しています。

アジア太平洋地域での100万人目の患者は、23歳の近代五種/フェンシングのアスリートである才藤 歩夢(さいとう あゆむ)氏です。過去に近代五種およびフェンシングの日本選手権で個人優勝を複数回経験しており、現在はオリンピック出場を目指しています。同氏の施術担当医は、青山外苑矯正歯科 理事長 横谷 浩爾氏が務めています。

才藤 歩夢氏は、クリアアライナーによる矯正歯科治療支援に関する体験ついて、次のように述べています。「近代五種とフェンシングの厳しいトレーニングや日常生活のあらゆるシーンにおいて、笑顔を保つことは自分に自信を持つことに繋がると感じています。インビザラインを選んだ理由は、アライナー自体がほぼ透明で目立たないうえに、素材も柔らかく装着感も良いからです。治療を開始してから、自分の歯列にも少しずつ変化が見えてきました。同社のクリアアライナーは、歯科医師を通して、これまで多くの患者さんに対して、より健康的で美しい笑顔になるための機会を提供していると聞いています。私自身、健康に関しては主治医との信頼関係が重要であると考えており、この先も日常生活で特に支障なく、前向きに治療が進められると感じています。」

青山外苑矯正歯科 理事長 横谷浩爾氏は、次のように述べています。「最初に才藤歩夢さんにお会いして、治療ニーズに対して検討を行う際に、すぐにデジタル歯科矯正の先駆者であるインビザラインで治療することを選択しました。このクリアアライナーによる矯正歯科治療支援では、同社が提供する技術を駆使したスキャナーで口腔内の状態を読み取るところから、専用の治療支援アプリによって矯正の進行状況をモニターするまで、すべての過程がデジタル化されています。あらゆる治療の段階で細やかにサポートできることは大変ありがたいです。世界で800万人以上、アジア太平洋地域で100万人以上の患者の治療を支援してきた同社がこれまでに培ってきた、何百万もの症例から得られた知識と優れた技術を活用して、私は予測実現性の高い治療を患者に届けることができます。」

アライン・テクノロジー社のアジア太平洋地域担当シニアバイスプレジデント兼マネージングディレクターであるJulie Tay(ジュリー・テイ)は、今回発表した100万人目のマイルストーンの到達について、次のように述べています。「アジア太平洋地域において、100万人目の健康的で美しい笑顔を届けられたことを大変嬉しく思います。私たちは日本や他の全地域の医師と密接に連携して、『笑顔を作り、人生を変える』というコミットメントを着実に推進しています。今回、アジア太平洋地域で100万人目の患者数を達成したことは、クリアアライナー市場の先駆者として、弊社による矯正歯科治療支援が、医師と患者の双方から高い信頼を得ている証であると確信しています。」

才藤 歩夢氏が登場するブランドキャンペーン動画では、施術を担当した横谷 浩爾理事長や才藤 歩夢氏のトレーナーも登場し、才藤 歩夢氏が治療を受けている様子が紹介されているとともに、同氏がインビザラインを選んだ主な理由と、新しい笑顔で得られるさらなる自信について語られています。
https://www.youtube.com/watch?v=W67Nnh2WUHk

今回のマイルストーンを記念し、アライン・テクノロジー社はクリアアライナー治療支援に関する患者様の体験について、ソーシャルメディア上でハッシュタグとして「#onemillionsmiles」を用いたキャンペーンを実施します。アライン・テクノロジー社は、本キャンペーンを通じて、世界各地で生まれながらに口唇裂・口蓋裂を持つ人々へ無料の手術を提供する非営利活動法人「オペレーション・スマイル」へ10,000ドルを寄付いたします。アライン・テクノロジー社では、これまで100万ドル以上の寄付を行い、何千件もの人生を変える機会の提供を支援してきました。

※ 2020年度第二四半期時点でアジア太平洋地域の100万人の患者を達成したことについては、アライン・テクノロジー社の2020年7月22日に発表された財務諸表に記載されています。

アライン・テクノロジー社について
アライン・テクノロジー社 (Align Technology, Inc.) は、マウスピース型矯正装置(クリアアライナー)であるインビザライン・システムおよび、iTero(アイテロ)エレメント 口腔内スキャナーの設計・製造及びサービス、CAD/CAMソフトウェアを提供しています。アラインは、これまでに800万人を超える患者様にクリアアライナーを提供し、iTero口腔内スキャナーやexocadCAD/CAMソフトウェアを通じてデジタルデンティストリーの発展に貢献してきました。デジタルを活用した歯科矯正治療と(う蝕などの)修復ワークフローを強化し、患者の治療体験と診療効率を向上させることで、今日歯科診療を進化させています。詳細については、www.aligntech.comをご参照ください。

インビザライン・システムに関する追加情報は、www.invisalign.co.jp をご参照ください。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)