ネットサービス・アプリ 医療・医薬・福祉

家族向け健康情報共有サービス「ふぁみかるくん」テストユーザー募集開始

一般社団法人 未来技術推進協会
テクノロジーによる社会課題解決を目指す技術者コミュニティ「シンギュラリティ・ラボ」で開発中の、家族内で健康情報を共有するサービス「ふぁみかるくん」(2020年秋リリース予定)のテストユーザーを募集します。 本サービスでは、家族内の診療情報を記録・共有することで、「子どもの健康管理はすべて妻/夫に任せていてよく知らない」、「高齢の両親の健康は問題ないのだろうか」といった、家族に対する健康の不安をなくします。 家族の基本情報の登録、受診前の症状や、診断結果、経過、処方された薬を記録する機能により、診療時でも医師に正確な病状の説明ができます。より良いサービス開発に向けた、ご意見を頂けるテストユーザー募集について、facebookページ(https://www.facebook.com/famikar)にて詳細をお知らせします。



「子どもの受診や健康管理は、すべて妻/夫に任せていて、自分はよく知らない」
「高齢の両親の健康は問題ないのだろうか」
こんな事を思ったことはありませんか?

<開発に至る経緯>
私は、自分の子どもの事で全国の医療関係者の方々にたくさんお世話になり、尊敬と感謝の想いを抱くと共に、患者と医療関係者との間に大きな壁があることを感じました。現在の医療サービスは基本的に医療従事者の視点で作られており、患者側にとっては理解しにくいものになっています。
私は、自分の家族の健康を理解し、患者が自分で医療を選択でき、全ての人が安心して生活できるサポートをしたい、そんな想いで健康共有サービス「ふぁみかるくん」を立ち上げました。



ふぁみかるくんとは

(1)家族の診療情報をわかりやすく記録する
過去の診療情報(処方された薬、診察結果)と、その後の経過を1つのアプリで管理できます。特に、小さいお子さんの場合、風邪、中耳炎、アトピー、結膜炎、歯医者、予防接種など、様々な事情で、色々な時期に、色々な医療機関を受診します。
過去の診療情報は、診察する医師にとっても大事な情報ですが、これらを私たちが管理して把握しておくことは、もっとも大事です。

(2)家族や大切な人と情報を共有する
お子さんの病歴や普段の健康状態は、お母さんの頭の中だけで記憶されているケースも多いのではないでしょうか。
ふぁみかるくんがあれば、お父さんや他のご家族もしっかりとお子さんの健康情報を把握することができるため、急に病院に連れて行くことになった時も、慌てず正確に医師に病状を説明できます。また、診察結果をふぁみかるくんに記録すれば、お母さんもすぐに知ることができます。



サービスの機能紹介

・家族の基本情報登録(既往歴、飲んでいるお薬など)




家族の名前や生年月日などの基礎的な情報に加え、身長、体重、血液型、既往歴、飲んでいるお薬などの受診時の問診票に記載する事項を予め登録ができます。
普段お母さんが知っていることがお父さんにも正確に共有できます。

・問診票登録機能(受診前の症状のメモ)


急な発病などで医療機関を受診する際に、発熱や下痢等の症状をメモして記録できます。
記録した内容は後から、受診日、医療機関名、症状などを一覧で表示できるため、後から、どんな症状でいつ医療機関を受診したのかすぐに確認できます。
記録した症状のメモは、お父さんにお願いして、お医者さんに伝えてもらいましょう。

・診断結果メモ機能



医療機関受診時または後に、お医者さんに言われたこと(診断結果など)をメモして記録できます。
診断結果はホーム画面で一覧表示されるので、後から履歴を確認できます。

・経過記録機能(体温の変化など、受診後の経過を記録する)



医療機関受診後等の体温の変化など、体調の変化や様子を記録できます。
後から見返した際にどのように回復したのか分かりやすくなり、飲んだお薬の情報と合わせることで、過去に効いたお薬がわかります。

・お薬シール記録機能(お薬シール等を撮影して記録する)


飲んだお薬や飲んでいるお薬を写真で記録できます。

・情報共有機能(正式リリース後に開始予定)
お子さんの情報に更新があった際に家族にお知らせします。



ふぁみかるくんを共に盛り上げてくださる方、募集!

現役の医師に助言を頂きながら、開発を進めております。より良いサービスにするためにSNSで情報発信し、様々な方々のコメントやアンケートを元に改良に励んでおります。ぜひFacebook公式ページをフォロー頂き、ご助言、ご協力をお願いいたします。

■ ふぁみかるくんFacebook公式ページ
https://www.facebook.com/famikar



シンギュラリティ・ラボとは

未来技術推進協会(代表理事:草場壽一)が運営する技術者を中心としたコミュニティ「シンギュラリティ・ラボ」(通称シンラボ)では、テクノロジーによる社会課題解決に向けて、様々なプロジェクトを推進しております。イベント運営やファシリテータ育成など、幅広く活動しておりますので、ご興味のある方はぜひ一度お問い合わせください。



シンギュラリティ・ラボにお勧めの方

・自身のスキルや経験を活かしたい方
・新しい技術を学びたい、新しいキャリアを形成したい方
・事業立ち上げに携わりたい方
・社会課題解決に貢献したい方



団体概要

団体名:一般社団法人 未来技術推進協会
代表理事:草場壽一
所在地:東京都千代田区神田練塀町3 富士ソフト秋葉原ビル12F
DMM.make AKIBA Base 2610
事業内容:シンギュラリティ・ラボの運営、SDGs推進活動

■ ふぁみかるくんに関するお問い合わせ
一般社団法人 未来技術推進協会
担当:緒方惟真
E-mail:famikar@future-tech-association.org

■ シンギュラリティ・ラボに関するお問い合わせ
一般社団法人 未来技術推進協会
担当:山田慎也
E-mail:info@future-tech-association.org
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)