医療・医薬・福祉 広告・マーケティング

にこるん&Pureがみんなの青春をVITAで応援!ノーシンピュアの「VITAで作ったムービーがCMになっちゃうかもキャンペーン」が8月28日(金)よりスタート!

株式会社アラクス
株式会社アラクス(本社:名古屋市、代表取締役社長:荒川愼太郎、以下アラクス)は、藤田ニコルさんが応援キャラクターを務めるノーシンピュアの「VITAで作ったムービーがCMになっちゃうかもキャンペーン」を2020年8月28日(金)より全国で開始します。



現在放送中のTVCM「エール」篇では、藤田ニコルさんが応援団長として、生理痛に負けない女の子たちに引き続きエールを送りますが、そんなエールがビデオ編集アプリ「VITA」を通して体験できるコンテンツを新たにリリース。8月28日(金)~9月13日(日)の期間中、「VITA」内に設置された「にこるん&Pureコラボテンプレート」で作成したムービーをInstagramストーリーズに投稿すると、審査を経て採用されたムービーが実際のウェブCMとして配信されます。キャンペーンの詳細については公式サイトをご覧ください。サイト上には、集まったムービーを随時紹介していくコーナーも登場します。

キャンペーン公式サイトURL:https://arax.co.jp/pure/campaign/





■ビデオ編集アプリ「VITA」について
世界2000万ダウンロード突破の 「VITA」は、SNS上で話題になっている人気急上昇中のビデオ編集アプリです。好きなテンプレートを指定し、スマホ内にある自分の写真や動画をセレクトするだけでプロ級のムービーが簡単に作成可能。今回の「にこるん&Pureコラボテンプレート」は「VITA」にとって初めての企業コラボレーションとなります。

ダウンロードURL : https://vita.onelink.me/8u5N/a1116f1b

■「にこるん&Pureコラボテンプレート」について
学校生活をテーマにしたアニメーションを用いて、痛みに負けない女の子たちの青春を藤田ニコルさんが応援するテンプレートです。自分が選んだ写真・動画があっという間に自動合成されるので「にこるん&Pure」の世界に入り込むことができ、「にこるん応援団長」が自分に向かってエールを送ってくれているように感じられます。ラストはおなじみの「♪だからノーシンピュアピュアピュア~ポンピ~ン!」で終わるので、自分とニコルさんが共演しているようなCM風ムービーが非常に簡単にできるというコンテンツです。できあがったムービーはInstagramのストーリーズで募集し、審査を経て採用されたものについては実際にウェブCMとしてオンエア予定です。


■出演者:藤田ニコル プロフィール

2016年からノーシンピュアの応援キャラクターを務める。
カリスマ的ファッションモデルであり、バラエティタレントとしてもテレビ番組へ多数出演。また自身のアパレルブランド「NiCORON」プロデュースなど、その活動は多岐にわたる。
ティーンを中心に幅広く支持され、TwitterやInstagramのアカウントは国内フォローランキングで常に上位。
2019年になってからは自らの意志でYoutuberとしても活躍の場を広げ、多くのファンを喜ばせている。



商品について


▼【ノーシンピュア】

ノーシンピュアは有効成分として、痛みや熱のもとであるプロスタグランジンができるのをすばやく抑え、すぐれた鎮痛解熱効果を発揮するイブプロフェンに、その効力を高めるばかりでなく、鎮静作用により生理に伴うイライラを鎮めるアリルイソプロピルアセチル尿素と無水カフェインを配合した鎮痛解熱剤です。


<特長>
・生理痛・頭痛・腰痛に速く効きます。
・3つの有効成分が働いて、痛みによく効きます。
・直径8.1mmと小粒なうえ、錠剤の角を丸くした2段R形状の飲みやすい錠剤です。
・苦みのないフィルムコーティング錠です。

▼【小中学生用ノーシンピュア】

小中学生用ノーシンピュアは、初めて生理を迎えた子供(7才以上15才未満)のための、生理痛などに効くように作られた痛み止めです。鎮痛薬の服用経験の少ない子供のことを考え、有効成分として鎮痛成分のアセトアミノフェンにアリルイソプロピルアセチル尿素と無水カフェインを配合しました。


<特長>
・小中学生(7才以上15才未満)の生理痛、頭痛によく効きます。
・胃にやさしいのに速く効きます。
・直径8.1mmと小粒でのみやすいフィルムコーティング錠で服用時の苦みがありません。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)