ビジネス・コンサルティング 美容・健康

『社員の生産性を睡眠から高める ~日本の眠りの現状と、今夜から取り組める改善策~』9月2日(水)無料オンラインセミナー開催

株式会社S'UIMIN
株式会社S'UIMIN(本社:茨城県つくば市、代表取締役社長:藤原正明)は9月2日(水)13時より、無料オンラインセミナー『社員の生産性を睡眠から高める ~日本の眠りの現状と、今夜から取り組める改善策~』を開催します。健康経営に携わる方や従業員の働き方改革に取り組まれている方に向け、「睡眠の基礎知識やパフォーマンス低下との関係」「睡眠改善法」など睡眠に関する最新の考え方やメソッドを、株式会社S'UIMIN取締役会長で筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・機構長の柳沢正史がお話します。




睡眠不足は、体と脳の疲労を溜め多大な影響を及ぼすことが分かっています。肥満や生活習慣病にかかりやすくなったり、就業中睡魔に襲われパフォーマンスの低下にも繋がります。
最近では生産性向上を図り、従業員の睡眠改善に取り組む企業も増えています。睡眠に困っていた従業員が、「睡眠専門医に行ったら劇的に眠れるようになった」「寝れるようになったら、昼間の眠気が改善され夕方までやる気が続いた」と健康改善だけでなく、生産性も向上するという報告もあります。
今回は、社員の睡眠改善に取り組みたいと考えられている方に向け株式会社S'UIMIN取締役会長で筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構 機構長の柳沢正史がお話します。

【講演者紹介】


柳沢正史
1960年東京生まれ。筑波大学大学院修了、医学博士。米国科学アカデミー正会員。大学院生であった1987年に血管制御因子エンドセリンを、1998年に睡眠・覚醒を制御するオレキシンを発見。テキサス大学サウスウェスタン医学センター教授兼ハワード・ヒューズ医学研究所研究員を経て、2001年科学技術振興機構・戦略的創造研究推進事業(ERATO)統括責任者。2010年に内閣府・最先端研究開発支援プログラム(FIRST)の採択を受け母校に研究室を開設。2012年、文部科学省世界トップレベル研究拠点プログラム(WPI)国際統合睡眠医科学研究機構(IIIS)を設立し機構長に就任。2017年株式会社S'UIMINを起業。現在は、株式会社S'UIMINの取締役会長に就任。
紫綬褒章(2016年)、朝日賞、慶應医学賞(2018年)、高峰記念第一三共賞、茨城県民栄誉賞、文化功労者(2019年)など受賞・顕彰多数。


【開催概要】
『社員の生産性を睡眠から高める ~日本の眠りの現状と、今夜から取り組める改善策~』
日時:2020年9月2日(水)13:00~14:30
内容:・現在の日本人の睡眠事情
   ・睡眠とパフォーマンスの関係
   ・今晩から実践できる眠れる方法
   ・睡眠と病気の関係
   他にもショートスリーパーになれるのか?、昼寝は効果的なのか?など
   みなさんが普段疑問に思っていることにもお答えします。
参加登録:以下URL(Peatix)より事前にお申し込みください。
     https://suiminseminar0902.peatix.com/
     ※お申込みいただいた方には、前日までに視聴用のURLをご連絡します。
     ※オンラインセミナーではZOOMを使用します。(ご自身でアプリのインストールをお願いします。)
参加対象:・社内で働き方改革を推進・実践されている方
     ・従業員のエンゲージメント向上に関心がある方
     ・普段、眠れないと感じている方
     ・睡眠について知りたい方
参加費:無料
定員:100名

【会社概要】
株式会社S’UIMINは、文部科学省の「地域イノベーション・エコシステム形成プログラム」に採択されたつくばグローバル・イノベーション推進機構と茨城県が推進する「医療・先進技術シーズを用いた超スマート社会の創成事業」の成果を事業化するために、筑波大学発スタートアップ企業として2017年10月17日に発足しました。「世界中の睡眠に悩む人々にとっての希望の光となる」をビジョンに掲げ、睡眠障害を正しく診断することで効果的な予防、診断および治療を可能とし、一人ひとりが睡眠で悩むことなく幸せに生活を営める社会を実現していきます。


■本件に関するお問い合わせ先
株式会社S’UIMIN 事業部門
Email: contact@suimin.co.jp
Webサイト: http://www.suimin.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)