流通 美容・健康

【睡眠改善の新常識】「手のひらを15℃で冷やすだけで、より早く・より深く・よりぐっすり眠れるなんて!」再生回数11万回突破、夏版amazon販売が9月3日(木)で終了。

まつうら工業
女子バレー部員が教える。夜ぐっすり眠れる!「アイスバッテリー(R)fresh」夏版のamazon販売が間もなく終了します。

松浦工業株式会社(大阪市 取締役 井戸英二)は、深部体温の上昇を抑えると米国スポーツ界で話題の「朝・昼・晩・夜寝る時もこまめに身体を冷やす習慣づくり・AVA手のひら冷却プレクーリング」を多くの人に知ってもらい、実践されることで熱中症による救急搬送事例が減らせるのではと考え動画を作成し8月5日より公式facebookで公開しました。この度、9月4日より秋版の公開・商品販売が始まるのに合わせて、夏版の公開と商品の販売を終了します。



就寝時の快眠(より早く、より深く、よりぐっすり)につながる、入眠時の深部体温を下げるのに有効な手のひらにあるAVA血管を体感25℃(秋冬仕様)と体感15℃(春夏仕様)で約2時間ピタッと一定温度で冷やせる世界初の技術「アイスバッテリー(R)秋冬版」を全国規模で通年販売して下さる企業を探しておりました。この度、最初の導入事例が決まり、夏版動画の再生と販売が9月3日(木)で終了する事が決まりました事をご報告します。

2020夏版 YouTube動画、「この夏、アイスバッテリーしない?」



再生回数11万回突破、まつうら工業アイスバッテリー事業部 facebook page 
https://www.facebook.com/masports01

amazon販売 9月3日(木)夏版商品の販売を終了します。
https://www.amazon.co.jp/stores/page/4993BDD7-D389-4333-92AD-5634AC1C7AD3

2019.07.17 NHK 健康チャネル 「金のベンリ堂」超お手軽な熱中症予防法を大公開!
「首・脇の下・そけい部」を冷やしたときよりも、AVAの多い「手のひら・足の裏・ほほ」の3点を冷やしたときの方が体温を低下させる、という結果が得られました。NHK公式Web参照
https://www.nhk.or.jp/kenko/atc_1018.html


「アイスバッテリー(R)fresh」は「部活生を熱中症から守りたい!」想いを共有する東京と大阪の中小企業でタッグを組み「切れのある冷たさ(表面10℃・体感15℃)」と「マイルドな冷たさ(表面20℃・体感25℃)」2つの異なる温度を持たせ、季節に関係なく利用時の気温・体温・体調の変化に合わせて2つの温度を使い分けながら「手のひら・ほっぺた・足のうら」にあて、心身ともにクールダウンできる工夫をしたのが最大の特長です。この度、2020年秋冬版の9月4日(金)からの正式な販売と、夏版の9月3日(木)での販売終了をご案内します。


<商品概要>
商品名: 「体感15℃ 手のひら冷却 アイスバッテリー(R)fresh」秋冬版
販売店: 弊社HPにて随時公開 8/30(日)時点で名古屋市 1店舗にて試験的に販売を開始
9月4日(金)マンガ動画・チラシ公開に合わせて、取扱い店舗名を発表予定
https://www.ma-sports.biz/
 amazonサイトでは9月4日以降は秋版商品の販売となります。

特長:
1. 2つの異なる表面温度(マイルドな冷たさ ロゴあり 体感25℃、切れのある冷たさ ロゴなし15℃)で
入眠時に手のひら、頬、足の裏をこまめに冷やすことで深部体温を下げ、睡眠サポートに使用できます。
下記グラフ緑線部分を手のひらにあてると、体感25℃で約5時間AVA血管を冷やせる設計です。


2. 肌に触れるカバーにポリウレタンを採用(肌にも環境にも優しい)3. 毎日の使用後は中性洗剤で洗えて、繰り返しワンシーズン使える定価:  1,980円(税抜き)
生産国: 日本

<商品の使い方>
YouTube 約2分「2020年秋、アイスバッテリーしない!」
・9月4日(金)公開予定

マンガで教える 「手のひら冷却」も動画と併せてお使いいただけます。
・9月4日(金)公開予定

まつうら工業は、1946年創業、一貫して「暮らし応援」商品の開発をしてきました。当社にはエリートはおりませんが、「睡眠を日本の強みに!」と高い志を持つ人材はおります。我々と一緒に「AVA血管冷却による、睡眠改善効果」の研究に協力してくださる大学・研究機関も同時に募集しております。記事をご覧になり、興味を持たれた方からの連絡をお待ちしております。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)