その他 食品・飲料

“ほんもの”の無農薬野菜プロラボファームが9月1日(火)からスタート!

株式会社プロラボホールディングス
土の中の微生物を元気にする“無農薬農法”でつくられた「採れたての無農薬野菜」を直接お届けするファーム

インナービューティブランド「エステプロ・ラボ」を展開する、株式会社プロラボホールディングス(東京都港区/代表取締役会長 兼 CEO 佐々木広行/以下当社)は、2020年9月1日(火)より、土の中の微生物を元気にする“無農薬農法”を採用したファーム「プロラボファーム」をスタートさせます。




プロラボファームは、当社が監修した”土壌の微生物が元気になる製法”で栽培された無農薬野菜を、新鮮な状態で農家から直送する「無農薬野菜ファーム」です。

微生物が生きている土壌で一切の農薬を使用せず、晴れの日も、雨の日も、真心を込めて育てた“ほんもの”の無農薬野菜を新鮮な状態でお届けいたします。




当社は商品開発においても腸内細菌・腸内環境に着目した酵素栄養学をベースとした商品開発を実施しています。そんな腸の中に住む微生物と同様に、土の中にも微生物が存在するのです。

その微生物を元気にする「農法」・「農業」を、無農薬という視点から追求しました。プロラボファームを通じて、インナービューティ、そして健康寿命の延伸に、貢献していきたいと考えております。




365日、ほぼ毎日採れたて野菜を直送

プロラボファームからお届けする無農薬野菜はすべて契約農家で大切に育てたものです。その野菜本来の味を最高の状態で味わっていただきたいことから、私たちは農場からの「直送」にこだわります。物流センター等を介しての出荷をしていないため、新鮮な採れたての美味しさをお楽しみいただけます。





微生物が生きている土へのこだわり

土にはたくさんの微生物が存在し、その恩恵を受けることで野菜は元気に育ちます。

そんな微生物の役割は、野菜に栄養を運ぶことや、病原菌から野菜を守ることです。

しかし、その環境に化学肥料などの農薬を使用すると、多くの微生物は生きられません。その結果、野菜の栄養素は低下してしまう傾向にあります。だからこそ、プロラボファームでは農薬を使用せず、微生物が生き生きとした土壌環境を大切にしているのです。


土を元気にし、元気な野菜づくりに必要不可欠な微生物は、土壌環境の向上につながる存在です。土の中の微生物のバランスが整っていると、元気な野菜に育ちます。そのため、私たちプロラボファームは、土壌環境を徹底的にこだわり、野菜同様に、微生物も大切に育てています。


ファーム事業に踏み切った代表の想い

当社は、食育や食事改善ビジネスなど、良い物を体に入れ、悪い物を入れないという「インナービューティ」の考え方で、『人類の健康寿命の延伸』を目指している会社です。

“食事”の改善なくしてインナービューティは作れない・健康寿命の延伸に貢献することはできないと考え、カラダにやさしい素材を使用した食事の提案を目指し、「農業」に取り組むことを決意いたしました。


株式会社プロラボホールディングス 代表取締役会長 兼 CEO 佐々木広行


「人間にとって腸内細菌が重要であると同じように、野菜にとっては土の中の微生物はその成長に大きな影響を及ぼします。作物が育つための栄養は土の中で微生物たちが作り出しています。しかし、農薬使用や除草剤等によって土の中の微生物は減り続けいずれ死滅してしまいます。微生物が減ってしまった農地では安全で美味しい作物は育ちません。

そこで弊社は、土の中の元気な微生物がつくり出す「安心の無農薬野菜」を農場から直接、皆さまへお届けしたいと思い、このたびプロラボファーム事業をスタートすることにいたしました。農場から直接お届けする採れたての無農薬野菜、ぜひお試しいただければ幸いです。」


【会社概要】
株式会社プロラボホールディングス
代表者:佐々木 広行
所在地:東京都港区三田3-7-18 7F
設立:2002年9月
資本金:3,300万円
URL:www.esthepro-labo.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)