デジタル製品・家電 美容・健康

話題のウェアラブル美顔器『メディリフト』世界初のオンリーショップが4月18日(木) ビックカメラなんば店にオープン

ヤーマン株式会社
美容ケアの時間を十分に取れない忙しい女性をサポートお手入れしている間中、両手が空く「ウェアラブル・ビューティー」という新カテゴリーの美容を提案

ヤーマン株式会社(代表取締役社長:山崎貴三代、所在地:東京都江東区)は、2018年3月の発売以来ご好評いただいているウェアラブル美顔器『メディリフト』の世界初のオンリーショップを、4月18日(木)ビックカメラなんば店にオープン致します。








当社は2018年3月の発売以来、一歩進んだ新カテゴリーの美容として「ウェアラブル美容」を提案してまいりました。
“お手入れしている間中、両手が空く”という究極のながらケアを可能にするウェアラブル美容は、忙しい毎日を過ごす現代人にとって、時間を奪われず、手軽に優れた美容効果を得られるスマートな美容法として話題になり、最近では女性だけでなく男性からもご好評をいただいております。

■メディリフトのご紹介


『メディリフト』は、柔らかいメディカルシリコーン製マスクにEMS電極を配置した“お顔の下半分専用”美顔器。マスクをお肌に密着させながら装着して面ファスナーで留め、EMSの電源をオンにするだけで、お顔の筋肉の「大小頬骨筋を鍛える」「咬筋を休ませる」という2つの異なるアプローチを同時に行い、すっきりとした印象の理想的なお顔に導きます。お手入れしている間両手が空く手軽さ、トリートメント効果の高さで美容のプロから話題に火が付き、「メディリフト」というワードがSNSでトレンド入り*するなど注目を集めています。
*2018年6月24日


■メディリフトストアのご紹介

『メディリフト』を通じて当社が提案する新しい美容カテゴリ「ウェアラブル美容」を、目で見て、お肌で触れて、体感していただくための空間。今後製品ラインアップを随時拡充予定のメディリフトシリーズの全製品を取り揃え、お試しいただけます。周囲を気にせずゆっくりとお試しいただけるように、専用のカウンセリング&タッチアップスペースを設け、ビューティーアドバイザーによる正しい使い方のレクチャー、お手入れのアドバイスも行います。

■メディリフトストア 展開予定

4/18(木) ビックカメラなんば店 世界第一号店オープン
4/24 (水) ビックカメラ有楽町店オープン
4/26(金) ビックロ ビックカメラ新宿東口店オープン
4/26(金) エディオン近鉄あべのハルカス店オープン

※発表日現在の情報です。

【お客さまのお問合せ先】

ヤーマン 0120-776-282 江東区東陽2-4-2 新宮ビル4F
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会