その他

厚生労働省「食事バランス教室」特設Webコンテンツ公開

「スマート・ライフ・プロジェクト」事務局
バランスの良い食事について、親子で楽しく作って学べるコンテンツが盛りだくさん!


厚生労働省では、毎年9月1日から9月30日までの1か月を「健康増進普及月間」及び「食生活改善普及運動」として、健康づくりに向けた実践を促進するための普及啓発を行っています。

今年度は、野菜不足を解消しバランスの良い食事を摂ることを心掛けていただくための取組として、親子で楽しく学べる特設Webコンテンツ「食事バランス教室」を8月31日(月)より公開します。これは、国民の生活習慣を改善し健康寿命を延ばすために、平成23年より実施している「スマート・ライフ・プロジェクト(※)」の取組の一環として作成、掲載するものです。(https://www.smartlife.mhlw.go.jp/

本コンテンツでは、小島よしおさんが‟おっぱっぴーバランス先生“に扮して、はじめて料理に挑戦するお子さんでも、おうちで簡単に作れる野菜料理のつくり方を動画で紹介します。小島さんの子ども時代の食事や野菜にまつわるエピソードなどを交えた、笑いどころ満載のトークで、バランスの良い食事や、簡単でおいしい野菜料理のつくり方、調理時の基本的な注意事項などについて学べる内容となっています。また、本コンテンツ内では、動画で紹介する料理の他にも、野菜を使ったプラス1皿の料理や、野菜たっぷり料理のレシピを掲載します。

■特設Webコンテンツ「食事バランス教室」

「食事バランス教室」特集サイトTOP/「食事バランス教室」料理のつくり方動画
URL:https://www.smartlife.mhlw.go.jp/cooking
  (「スマート・ライフ・プロジェクト」公式サイト内)
公開日:令和2年8月31日(月)
内容:
・小島よしおさんによる、野菜料理のつくり方動画
・野菜を使ったプラス1皿の料理、野菜たっぷり料理のレシピ掲載


■小島よしおさんによる、料理のつくり方動画 内容
バランスの良い食事について子どもたちに授業をする、‟おっぱっぴーバランス先生“に扮した小島よしおさんが、‟ブロッコリー先生“というブロッコリーのアニメーションキャラクターと一緒に、「コーンブロッコリーチーズ」という料理を作る内容です。
全編を通じて、2人の先生の笑いどころ満載なトークが展開される中、バランスの良い食事についての解説や、調理を始める前の基本的な身支度の方法、包丁を使う際の約束事、調理手順などについて、2人の先生が楽しく説明しながら料理を作ります。最後には出来上がった料理を小島さんが試食し、「これだけでも十分おかずになるし、これなら野菜もしっかり食べられそう」と子どもたちに笑顔で呼びかけました。

■撮影エピソード
頭にチンゲン菜の被り物をし、黄色いエプロン姿で撮影に臨んだ小島さん。撮影前はとても真剣な表情で打ち合わせをされていましたが、撮影が始まると雰囲気が一転し、テンションの高い、軽妙なトークが次々に飛び出す展開に。スタジオ内に笑顔があふれる撮影となりました。
小島さんは、普段あまり料理はされないということで最初は慎重な様子でしたが、ブロッコリーを包丁で切ったりフライパンで蒸し煮にしたりと手際良く調理され、撮影はスムーズに進行されました。また、ご自身で作った「コーンブロッコリーチーズ」を試食するシーンでブロッコリーを頬張った小島さんは、驚いた表情を浮かべ、「簡単に作れるのに本当においしい!」と感想をお話されていました。

■小島よしおさんメッセージ
「え?チンゲンサイ被ってるのにブロッコリー料理?でもそんなの関係ねえ!(笑)楽しくお料理できました。僕でも簡単に出来たのできっとみんなできると思うので是非チャレンジしてみてください^_^ 体は食べたもので出来上がっています。僕は野菜を食べないと口の周りに吹き出物ができてしまいます。バランスは本当に大切です。ちなみにおっぱっぴーのポーズもバランスが大切です。バランスの良い食事をしてバランスの良いおっぱっぴーをみんなで心がけましょう。」


(※)「スマート・ライフ・プロジェクト」について
「健康寿命をのばしましょう。」をスローガンに、国民全体が人生の最後まで元気に健康で楽しく毎日が送れることを目標とした厚生労働省の国民運動です。平成23年より本プロジェクトを開始し、運動、食生活、禁煙、健診・検診の受診の4分野を中心に、具体的なアクションの呼びかけを行っています。更なる健康寿命の延伸を目指し、プロジェクトに参画する企業・団体・自治体と協力・連携しながら推進しています。
「スマート・ライフ・プロジェクト」公式ホームページ URL: https://www.smartlife.mhlw.go.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)