医療・医薬・福祉 ネットサービス・アプリ

予防接種e-learningを用いた予防接種研修が始まります。

レクタス株式会社
9月1日から熊谷市医師会、千葉市医師会、川崎市医師会、9月中旬からは港区医師会で始まります。


2020年10月に予防接種制度が2点変更されます。

・接種間隔制限一部変更

・ロタウイルスワクチン定期接種化


これまで、注射の生ワクチン接種後は、他のワクチンを接種するまで27日以上の間隔をあける必要がありました。今回の変更では、注射の生―生ワクチンは27日以上あけることのみが残り、注射もしくは経口の生―不活化、不活化―不活化ワクチン、経口の生ー注射もしくは経口の生ワクチンの接種間隔は、制限がなくなりました。変更前と後の情報を整理することで、標準的な接種スケジュールを逸脱しても円滑に接種が進むようにしていきます。


ロタウイルスワクチン定期接種化は、2つのワクチン(ロタリックス、ロタテック)の用法用量や自治体における交互接種の取扱い、吐き出した場合の対応など定期接種として実施するにあたり重要なポイントをまとめています。また、飲ませ方の工夫や腸重積症というロタウイルスワクチン接種後に起こる特異的な副反応とその対応についても触れています。

現在、各医師会や自治体で行う集合研修は実施困難な状況であり、このe-learningは代替となります。パソコンもしくはスマートフォンなどのネットが繋がる環境で視聴でき、隙間時間での視聴を想定し各チャプターは7~8分としています。さらに医師会によっては、自治体での共有事項をコンテンツとして追加したりカスタマイズも可能です。限られた時間の中で、予防接種医が皆、同じ情報を共有しその理解度を把握できるこのe-learningシステムは、安全な予防接種を推進していく上で有用なツールとなります。

この2つのほかに、予防接種全般の基本的事項について作成したコンテンツがあり、今回の制度変更だけでなく、長い目でみた「研修」の一環としてこのe-learningシステムの導入が、医師および接種にあたる看護師や、予約を受ける際のスタッフの知識のブラッシュアップにつながり、よりミスの無い、安全な予防接種の実施に繋がります。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)