医療・医薬・福祉

新たに有料老人ホームとデイサービスが仲間入り

(株)ソラスト
当社が目指す「自立支援と地域トータルケア」の実現へ

 介護や医療事務、保育サービスを提供する株式会社ソラスト(本社:東京都港区/代表取締役社長 CEO:藤河 芳一)は、ライフサポート株式会社(東京都渋谷区/代表取締役社長 西崎 修治氏、以下「ライフサポート社」)と事業譲渡契約を締結し、同社が運営する介護付有料老人ホームとデイサービスの計5事業所を譲り受けることとなりました。


 このたび譲り受ける事業は、ライフサポート社が運営する東京都江戸川区の介護付有料老人ホーム「悠楽里えどがわ」「悠楽里えどがわグリーンパーク」、埼玉県さいたま市の介護付有料老人ホーム「悠楽里おおみや」悠楽里さいたま中央」および「デイサービス悠楽里」です。
 当社は、上記のエリア内で複合的な介護サービスを展開しており、今回の事業譲受により、対象エリア内でソラストグループが提供するサービスの充足率は向上し、“自立支援と地域トータルケア”の実現に、また一歩前進することとなります。



【ソラストが目指す地域トータルケア】当社の介護事業は、急速に高まる高齢化社会のニーズに応えるため、「自立支援と地域トータルケア」を理念に掲げ、全国で480以上の事業所を運営しています。今後も地域トータルケアの実現に向け、エリアの拡大とエリア内サービスの拡充を進めてまいります。

【譲受する施設の概要】


【当社グループの展開エリアとサービス別事業所数(2020年7月31日現在)】


以上
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)