医療・医薬・福祉 ネットサービス・アプリ

訪問看護事業者向け在宅リハビリ支援サービス “モフトレHome”を販売開始

Moff
SOMPOケア株式会社様に導入

IoTリハビリ支援サービスを展開する株式会社Moff(本社:東京都港区、代表取締役社長:高萩 昭範 以下 「弊社」)は、地域包括ケアの担い手である訪問看護事業所向けに業務効率化、サービスの質向上に資する新たなIoTリハビリサービスの販売を開始し、全国約1万ヶ所の訪問看護事業所に先駆けてSOMPOケア株式会社(本社:東京都品川区/代表取締役社長 遠藤 健。以下「SOMPOケア」)様に導入しました。



モフトレHomeの開発経緯
弊社は「家族を活き活きと元気に」をテーマにしたウェアラブル端末「Moff Band」をリハビリ・介護予防分野で活用するサービスを2015年より展開してきましたが、2019年より訪問看護ステーション向けのリハビリサービスを訪問看護ステーション等の介護事業を営む株式会社SOERUTE(本社:川崎市麻生区/代表取締役社長 山上 明日)の協力のもと企画及び開発を進め、2020年春からは他社複数の訪問看護ステーションから機能・使用感などのアドバイスを聴取し改良を重ねてきました。

モフトレHomeの概要
モフトレHomeは、訪問看護ステーションの理学療法士、作業療法士等のリハビリ専門職のみならず看護師が患者・利用者のご自宅へ訪問した際に利用可能なリハビリ支援サービスです。詳しくは、iPadもしくはiPhoneのアプリケーションを利用することで、患者・利用者の疾患やリハビリ対象部位等を選択すると自動的に適切なリハビリプログラムが推奨され、弊社のウェアラブル端末「Moff Band」を使いながら楽しく在宅のベッドサイド等でも適切なリハビリテーションが実施できるサービスです。実施した回数、動きの角度(可動域)等が自動的に記録に残る機能の他、看護師が現場等で専門的な相談を必要とする場合には弊社所属の理学療法士に遠隔で相談できるサービスも用意されています。




モフトレHome URL:https://jp.moff.mobi/moff-home/

SOMPOケア様での導入とその背景
SOMPOケア社様の北海道と新潟県の訪問看護事業所(SOMPOケア 札幌東豊訪問看護、SOMPOケア 新潟訪問看護)で「モフトレHome」の導入に至りました。SOMPOケア様は在宅から施設まで幅広い介護サービスを提供し、約280の介護付きホーム、約130のサービス付き高齢者向け住宅を運営しているほか、厚生労働省の地域包括ケア構想の下で今後一層重要性が高まるであろう訪問看護事業についても現在、全国約25の事業所を運営している介護の総合ブランドです。訪問看護事業所での更なるサービス力向上、高まる在宅リハビリニーズの声に応える新たなサービスを検討する中でモフトレHomeが採択されました。

今後の展開
全国の訪問看護ステーションの経営者様に向けた収益改善セミナー等を中心とするマーケティング活動を展開し、広くモフトレHomeを知って頂くための活動を進めてまいります。今後とも多くのリハビリを必要とされる人々がより健康な毎日を送れるよう、最先端のテクノロジーを活用し、楽しく持続可能なヘルスケア・サービス作りに取り組んで参ります。

また、SOMPOケア様からは、モフトレHome利用に基づく要望・フィードバックを提供いただくことで、さらなるサービス改善・改良に積極的につなげる予定です。

【株式会社Moff モフトレHome問合せ窓口】
担当:サービス企画本部 杉原峻太/藤田智美
電話:03-4405-5216
弊社URL:https://jp.moff.mobi/
問合せフォーム:https://jp.moff.mobi/contact/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)