美容・健康

ウィズ/アフターコロナを見据え、ICTを活用した管理栄養士の新しい働き方を推進  ~株式会社オクタウェル、メーキュー株式会社が管理栄養士の人材活用で協業~

株式会社オクタウェル
管理栄養士の知見を最大活用し、自己研鑽にもなるICTによる就業機会の提供

ICTを活用したヘルスケアサービスを提供する株式会社オクタウェル(東京都渋谷区、代表取締役:高木鈴子、以下「オクタウェル」)は、中京地区大手給食サービス企業のメーキュー株式会社(愛知名古屋市、代表取締役社長:山本裕康、以下:「メーキュー」)と、管理栄養士の人材活用について協業し、働き方改革による管理栄養士の満足度向上を推進することで、双方のサービス品質の向上を目指します。





超高齢化社会を迎えるにあたり、医療費抑制の視点から予防の重要性が高まる中、自己の健康管理や健康増進において、栄養学の専門家・管理栄養士の人材ニーズが高まっています。オクタウェルでは、全国の管理栄養士をネットワークし、さまざまな分野でICTによる栄養指導サービスを展開しており、メーキュー株式会社は病院、福祉施設、学校などへの給食サービスを展開しています。いずれも、現場では管理栄養士が活躍しています。両社におけるそれぞれのニーズの実現、および働く管理栄養士のニーズの実現を目指し、協業することとなりました。

自己のスキルを活用する管理栄養士の働き方を提案する仕組み



オクタウェル社に登録の管理栄養士数は、現在約600名(2020年8月末日現在)。そのうち6割が首都圏在住者です。同社は、ICTを活用した栄養指導を中心にサービスを提供していますが、対面での栄養指導ニーズにも応えるため、全国規模の管理栄養士ネットワーク構築を推進してきました。メーキューと協業することにより、中京地区の体制が充実することになります。また、メーキューの管理栄養士は、オクタウェルのICT面談により、全国の方に栄養指導業務を行うことができます。

一方、メーキュー側は、雇用した管理栄養士に対して、給食業務だけでなく、管理栄養士の栄養学の知見を活用し、栄養指導研修を経て、副業する機会を社員に提供し、また管理栄養士としての研鑽の機会も提供することができます。


管理栄養士について  
管理栄養士とは、厚生労働大臣の免許を受けて、管理栄養士の名称を用いて、


傷病者に対する療養のため必要な栄養の指導
個人の身体の状況、栄養状態等に応じた高度の専門的知識及び技術を要する健康の保持増進のための栄養の指導
特定多数人に対して継続的に食事を供給する施設における利用者の身体の状況、栄養状態、利用の状況等に応じた特別の配慮を必要とする給食管理及びこれらの施設に対する栄養改善上必要な指導等を行うことを業とする者をいう。

※管理栄養士及び栄養士の定義(栄養士法第1条)より


管理栄養士免許取得方法: 管理栄養士国家試験に合格したものに対して免許が発行される
管理栄養士免許交付数: 累計約21万(平成28年12月現在)



株式会社オクタウェルについて
オクタウェルは生涯、肉体的にも精神的にも幸福感に満たされた人生を送っていただくために、ITを活用して、食の専門家・管理栄養士の指導サービスを、健康保険組合、企業、スポーツチーム、個人に対して提供しています。現在、オクタウェルの登録管理栄養士数は約600名(2020年8月末日現在)。

株式会社オクタウェル概要




メーキュー株式会社について
メーキューは社員食堂、病院・福祉施設、学校等において1日あたり13万食の給食を提供し、クライアントの毎日の「食」を支えております。今後は本サービスを通じて、クライアントの健康経営にも寄与してまいります。社員600名の内、社内における管理栄養士資格保有者は約100名(2020年8月末現在)。

メーキュー株式会社概要


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)