医療・医薬・福祉

沖縄セルラーとメドレー、沖縄県内医療機関と連携し、「CLINICS」を活用した高齢者施設でのオンライン診療の普及に向けたサポートを開始

株式会社メドレー
施設が利用するオンライン診療用のタブレット端末は沖縄セルラーが無償提供

【共同リリース:沖縄セルラー電話株式会社・株式会社メドレー】 沖縄セルラー電話株式会社(本社:沖縄県那覇市、代表取締役社長:湯淺 英雄、以下「沖縄セルラー」)と株式会社メドレー(本社:東京都港区、代表取締役医師:豊田 剛一郎、代表取締役社長 瀧口 浩平、以下「メドレー」)は、沖縄県内医療機関の協力のもと、高齢者施設でのオンライン診療の普及に向けたサポートを開始しました。


高齢者施設の入居者やケアマネジャー等の付添者にとって、コロナ禍における医療機関への移動や待合室での待ち時間は感染リスクを上げてしまうという懸念があり、治療継続におけるハードルとなっています。この状況を解決するために、沖縄セルラーは、オンライン診療領域で豊富な実績を持つメドレーの「CLINICS」を活用して、沖縄県内の高齢者施設でオンライン診療を受けることができる体制・環境の構築を推進することとしました。沖縄セルラーは、高齢者施設にオンライン診療用のタブレット端末の無償提供および通信環境の構築、メドレーは医療機関とともにオンライン診療の各種サポートを行います。本取組みにより、入居者と付添者にとって、新型コロナウイルスへの感染リスクと移動や待ち時間などの通院負担とが減少することで、必要な治療を継続しやすい環境を整えることが可能となります。

<本連携におけるオンライン診療実施イメージ>

まずは、9月1日より沖縄市の「医療法人奨進会 東部クリニック」(医療機関)と「シルバーホームりんご」(高齢者施設)にて実証を開始し、結果を踏まえて対応医療機関ならびに高齢者施設での活用を広げてまいります。


<医療法人奨進会 東部クリニック 比嘉 靖 院長(沖縄県医師会システム担当理事)のコメント>
「沖縄県は新型コロナウイルス感染症に対する独自の非常事態宣言がなされ、県民の自粛等の成果もあり、新規感染者数も減りつつあります。若年者感染者数の減少の一方、高齢者感染者数、重症例、死亡者数は増加に転じています。この様な状況下で、基礎疾患を有し、通院治療が必要な高齢者が多く生活する介護施設では、感染予防のため施設内の高齢者と施設外との接触が厳しく制限されています。そのため、入居する高齢者は受診を控える傾向にあり適切な時期での診察、処方が難しいケースが増えております。今回、弊院はメドレー社、沖縄セルラー社、シルバーハウスりんご様のご協力により、オンライン診療システムを用いた『施設入居者に対するオンライン診療』を行う事で入居者の状況を把握した適切な診療、処方が可能かどうかを検証する実証を開始しました。これにより、新型コロナ感染症に対する『受診自粛」による高齢者の病状悪化が少しでも回避できればと考えています。初診からのオンライン診療においてはコロナ禍の時限措置ですが、今回のオンライン診療の実証について、今後地域の医療機関へも情報を共有していきたいと考えております。ひいては、沖縄県における新型コロナウイルス感染症の拡大防止に貢献できればと思っております。」

<沖縄セルラー電話株式会社 プロジェクト責任者 田中 健介のコメント>
「沖縄セルラーはこれまでも、新型コロナウイルス感染拡大防止に取り組んできましたが、今回、特に高齢者の感染防止・治療継続を目指してメドレーや県内の医療機関と連携し高齢者施設でのオンライン診療体制を構築することとしました。オンライン診療はご高齢の方にとって感染リスクなく通院を継続できる手段ではあるものの、受診するためのデバイスを持っていなかったり、小さなスマートフォンの操作に不慣れであったりといった課題がありました。また、付添者においても、院内での感染リスクや車椅子の昇降や運搬、医療機関での長い待ち時間など、入居者の通院をサポートする際の負担といったもともと存在していた課題が、今回のコロナを機に改めて顕在化したのではないかと思います。そこで、沖縄セルラーは、高齢者施設にオンライン診療用のタブレットを無償で貸出することで、入居者および付添者にとって少しでも必要な通院を継続する支援ができればと考えました。今後どの程度無償貸出施設を拡充していくかは検討中ですが、メドレーや医療機関との連携を推進することで、新型コロナウイルス感染拡大防止に尽力してまいります。また今後、医療従事者や自治体とともに医療分野のデジタルトランスフォーメーションを推進し、患者・医療機関の両方にとってのよりよい医療環境の実現を目指してまいります。」

■「CLINICSオンライン診療」について
「CLINICSオンライン診療」は、導入医療機関数No.1のオンライン診療システムです(※)。WEB予約・事前問診・ビデオチャットでの診察・クレジットカード決済・薬/処方箋の配送サポート等の機能を備えており、全国の診療所や大学病院などで幅広く導入されています。
https://clinics-cloud.com/online

※出典元:「2020年版 医療ITのシームレス化・クラウド化と医療ビッグデータビジネスの将来展望 No.1 医療IT・医療情報プラットフォーム編」(富士経済社、2020年1月7日)


■沖縄セルラー電話株式会社 概要
【代表】代表取締役社長:湯淺英雄
【所在地】沖縄県那覇市松山1-2-1
【事業内容】電気通信事業 等
【URL】https://www.au.com/okinawa_cellular

■株式会社メドレー 概要
【代表】代表取締役医師:豊田 剛一郎 、代表取締役社長:瀧口 浩平
【所在地】東京都港区六本木 3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー22F
【事業内容】医療プラットフォーム事業、人材プラットフォーム事業 等
【URL】https://www.medley.jp

■医療法人奨進会 東部クリニック 概要
【代表】院長:比嘉 靖
【所在地】沖縄県沖縄市与儀3-9-1
【URL】https://tobu-clinic.com

■シルバーホーム(住宅型有料老人ホーム)りんご 概要
【代表】上江洲 成雄
【所在地】沖縄県沖縄市与儀3-3-2
【URL】https://www.jun-ringo.com

■本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先
沖縄セルラー電話株式会社 広報担当:大城
【TEL】098-953-3153
【E-mail】ta-ooshiro@au-mobile.com

株式会社メドレー 広報グループ
【TEL】03-4531-5674
【E-mail】pr@medley.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)