教育・資格・人材 医療・医薬・福祉

2拠点目となる学研の療育施設を藤沢市に開設 すべての子どもたちが安心して暮らし続けられることを目指す

株式会社 学研ホールディングス
児童発達支援施設「クロッカFujisawa SST」を神奈川県藤沢市にオープン

株式会社学研ホールディングス(本社:東京都品川区/代表取締役社長:宮原博昭)のグループ会社で、子育て支援事業を行っている株式会社学研ココファン・ナーサリー(本社:東京都品川区/代表取締役社長:小早川仁、以下当社)は、2020年9月1日に児童発達支援施設「クロッカFujisawa SST」(以下当施設)を神奈川県藤沢市にオープンします。当施設は発達に特性や気がかりがあっても、子どもが社会の中で自分らしく生きていく力を身につけることを目指し、未就学の子どもに対して療育を行います。学研グループとして児童発達支援施設の開設は2拠点目となります。



神奈川県初、保育中でも療育が受けられる体制で、保護者の負担も軽減

当施設は、神奈川県初の複合施設内に開設する児童発達支援施設です。同じ建物内にある認可保育園との連携によって、保育中に療育が受けることができる体制を実現しました。関係各所が密に連携することでの効果的な療育と、送迎など保護者の負担を減らすことを目的としており、神奈川県内で初めての保育中に療育が可能な施設となります。












子どもたち、また家族3世代が安心して暮らし続けられることを目指す

当施設は「生きるエネルギーが生まれる街」Fujisawa サスティナブル・スマートタウン(Fujisawa SST)のウェルネススクエアゾーンでに開設します。これまでも学研グループは、FujisawaSSTにおいて、家族3世代が100年、安心して暮らし続けられることを目指し、健康・福祉・教育を融合し、一体的にサービス提供を行ってきました。当施設の開設により、その機能がさらに強化されます。


今後も、学研グループのノウハウをいかし、すべての子どもが障害の有無に関わらず自分らしく生きていくための支援、また環境づくりに取り組んでいきます。


【学研の療育施設「クロッカ」】 療育方針 みらいへ続く子どもをはぐくむ

1 学研独自のメソッドによる療育を提供

2 保護者、園との情報共有・連携
→子どもに関わる各場所と密に連携を図り、情報共有することで、より子どものニーズに合わせた療育を提供。また療育施設の中以外の場所でも、子どもが安心して過ごすことができる環境を整えることを目的としています。

3 認知発達だけでなく「自信・意欲」「コミュニケーション能力の向上」
「自己選択・自己判断」などの「生きる力」を育む支援

→学校や職場など、将来環境が変わっても、その子が社会の中で自分らしく生きることができる力を育むことを目指しています。



【クロッカFujisawa SST概要】

所在地:神奈川県藤沢市辻堂元町6-17−1 ウェルネススクエア南館1F
定員:10名 対象年齢:おおむね2~6歳(就学前)
療育プログラム:少人数グループ療育/マンツーマン療育

▲クロッカFujisawa SSTが開設する複合施設
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)