医療・医薬・福祉 アパレル・ファッション

超福祉展2020 シンポジウム「New Standard Shoes Project 【教育 × 企業 × 福祉】が産み出す新しい選択肢」に登壇、そしてオンライン展示も。

株式会社LUYL
新しい世代が挑戦する、「障がい当事者を応援する靴」のデザインコンペ、いよいよ最終審査へ

株式会社LUYLは、2020年9月2日(水)~ 9月8日(火)に開催される「2020年、渋谷。超福祉の日常体験しよう展」に参加します。 シンポジウム「New Standard Shoes Project 【教育 × 企業 × 福祉】が産み出す新しい選択肢」に登壇、またオンライン展示に参加いたします。


株式会社LUYLは、2020年9月2日(水)~ 9月8日(火)に開催される「2020年、渋谷。超福祉の日常を体験しよう展」でシンポジウムを登壇し、オンライン展示を行います。
本イベントは 障がいがある人や高齢者、LGBTなどのマイノリティと、福祉そのものに対する「意識のバリア」を取り払うため、2014年から毎年渋谷を中心に開催されている展示会です。
開催のラストイヤーとなる今年は、各シンポジウムがオンライン配信され、全国どこでもリアルタイムで御覧いただけます。
http://peopledesign.or.jp/fukushi/

■シンポジウム
New Standard Shoes Project 【教育 × 企業 × 福祉】が産み出す新しい選択肢


2020年5月から授業の一環としてスタートしたNewStanndardShoesProject(NSSP)では、埼玉県立伊奈学園中学校と千葉工業大学創造工学部 デザイン科学科 佐藤研究室の学生たちが、「障がい当事者を応援する夢の靴のデザイン」に挑戦してきました。
障害がある無しに関係なく、誰もが自由に選ぶことが出来る靴。難しい課題をクリアしながら最終審査に残った7チーム(総勢22人)の学生たちが、これまでの学びの集大成として、超福祉展シンポジウムでプレゼンをします。
障がい当事者、シューズメーカー、当事者を支える人たちが中心となったサポートメンバーが、学生たちのアイデアをオンライン上で講評します。

【9月5日まで一般投票受付中!】
最終審査に残った7チームのアイデア
障害のある無しに関係なく、みんなが履ける靴。あなただったらどれを選びますか?
投票はこちら→ https://manaolana.jp/2020-new-standard-shoes-project/

日時:9月7日(月)11:00~12:30(YouTube配信)
【プレゼンター】
埼玉県立伊奈学園中学校
千葉工業大学創造工学部デザイン科学科佐藤研究室
【サポートメンバー】
NPO法人ピープルデザイン研究所
株式会社アシックス スポーツ工学研究所
株式会社東京靴研
ソライロフット
日本臨床作業療法学会長/作業療法士 澤田辰徳
(あいうえお順)

詳細はこちらから。
http://peopledesign.or.jp/fukushi/symposium/397/


■オンライン展示
下肢装具ユーザーも履けるスタイリッシュな靴  EKAHI/IMUA




1歩踏み出す足元は美しく、そしてカッコよく!
障害のある無しに関係なく履ける。夢をかなえる待望のシューズ第1弾。
モンクストラップ・ビジネスシューズ【IMUA(イムア)】&バイカラーストラップパンプス【EKAHI(エカヒ)】です。

展示期間:9月2日(水)~8日(火)
詳細はこちらから。
http://peopledesign.or.jp/fukushi/exhibition/194/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)