医療・医薬・福祉

新型コロナウイルス・ワクチンEXG-5003の第 1/2 相臨床試験について

Elixirgen Therapeutics, Inc.

Elixirgen Therapeutics, Inc.(エリクサジェン・セラピューティックス社:米国メリーランド州ボルチモア、以下「当社」)は、藤田医科大学(愛知県豊明市)が、当社の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)向けワクチンEXG-5003を用いて、第 1/2 相臨床試験を2021年初頭に開始する予定であることをお知らせいたします。藤田医科大学は、国立研究開発法人 日本医療研究開発機構(AMED)より、本臨床試験を実施するための公募助成に採択されています。本臨床試験に用いられるEXG-5003は、皮内投与に最適化された独自の温度感受性を持つ自己複製型RNAワクチンで、従来のRNAワクチンと比べ、より安全で投与量も節約できる可能性を持っています。

・Elixirgen Therapeutics, Inc.(エリクサジェン・セラピューティックス社)について

当社は、独自の遺伝子・細胞技術などを用いて幹細胞や様々な細胞の治療を通じて疾病を治すことに焦点を当てるバイオテクノロジー企業です。

詳細については、下記ウェブサイトをご覧ください。

www.ElixirgenTherapeutics.com

・藤田医科大学について

藤田医科大学病院は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関して日本で有数の診療経験があり、その知見を日本から初めてNew England Journal of Medicineに発表しています。また、COVID-19の治療薬候補の特定臨床研究を行うなど、日本の新型コロナウイルス対策に大きく貢献しています。

詳細については、下記ウェブサイトをご覧ください。

https://www.fujita-hu.ac.jp/

・将来見通しに関する記述について

このプレスリリースには、COVID-19ワクチンを開発する可能性に関する記述を含む、「前向きな」記述が含まれている場合があります。 実際の結果は、ワクチンの研究開発に固有のリスクと不確実性のため、このプレスリリースに記載されているものとは大きく異なる場合があります。 このプレスリリースの将来見通しに関する記述は、このプレスリリース日時点のものであり、Elixirgen Therapeuticsは、新しい情報が利用可能になったとしても、将来の記述を更新または改訂する義務を負いません。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)