医療・医薬・福祉

地域医療の「専門医偏在問題」解決を目指すMedii、スタートアップ登竜門「ICCサミット スタートアップ・カタパルト」で優勝

Medii
【ICC史上初】注目企業14社が集まった「スタートアップ・カタパルト」で同率1位を獲得。

2020年9月1日に京都で開催されたICCサミット KYOTO 2020「スタートアップ・カタパルト」において、株式会社Medii(本社:東京都渋谷区、代表取締役:山田裕揮)が優勝しました。




「スタートアップ・カタパルト」は、注目のスタートアップ企業14社が7分間のプレゼンテーションを行い、第一線で活躍する審査員24名の投票によって最注目のスタートアップを選出する、国内最大級のピッチイベントです。

注目企業14社が集まりビジネスモデルを競い合うスタートアップ登竜門の「ICCスタートアップ・カタパルト」でヘルスケア領域の株式会社Mediiが優勝しました。ピッチコンテストでの公表も含め初登壇であり、さらにICC大会史上初の株式会社Leaner Technologiesとの同率優勝となりました。

Mediiは、代表取締役医師の山田裕揮が登壇。プレゼンテーションでは、限られた医療資源を地域の医療現場で最大限に活用することを狙い、専門医の知見をシェアするサービス「E-コンサル」について説明すると同時に自身の患者として医師としての実体験に基づく創業背景やなぜ今やるのかについて熱く語りました。

■山田よりコメント
「このような日本の今と未来を作っている中心企業の経営者が集まるICCの記念すべき大会で、優勝という結果をいただけたことに感謝の気持ちでいっぱいです。医療という違う畑でありながら、プレゼン後にいただけたあの会場の拍手は一生忘れられません。この世界の第一線の方々に届いたものがあったのかなと、熱くなる想いがありました。私自身難病患者として、リウマチ膠原病医師として、誰よりも強い信念を持って皆が求めてくれた世界を実現できるように、諦めずに突き進んでいきたいと思います。」




■Eコンサルとは
専門医の地域格差の現状や地方と都市部で広がる専門医偏在問題を解消することを目指した、病院向けの専門医シェアリングサービスです。リウマチ膠原病内科医や感染症内科医など国内に僅かしかいない専門医中心のチームを作り、その医師らの知見や経験をもって複数の医療機関の現場へのコンサルティングを実施。専門医が不足している地域の医師を助け、その先の患者を救うことを目的としたサービスです。




2020年4月から保険点数も付いたD o P with Dの仕組みを用いる日本初の企業となっています。多くの病院が抱える専門医不足に対する新たな選択肢の一つとして、リウマチなどの免疫疾患や血液、神経、感染症内科領域などを始めとした専門領域外の知識補填、働く現場医師の福利厚生改善、研修医等に対する教育支援も可能となっています。現在は全科目対応可能にまで成長。遠方になかなか行けない患者と主治医にとっての大きな課題に対する解決ツールとして、400床規模の病院から離島の診療所まで幅広く利用されています。実際の利用医師や病院からは、「一人にかかる負担が減ることで実際に医師が働きやすく福利厚生や医師のリクルートの観点でメリットとなった。」「遠方の専門医にとにかく送っていたが、いつ送るべきかや内容の相談にも助かっている。」「このシステムを用いることで病院収益もあがり、さらに患者負担は取れ感謝の声も多い。」との声が届いています。

また、東京大学工学部のAI強化学習チームと連携して、限られた専門医の知見をシステムで一部大体する取組も始まっています。これらが多くの病院で一般的になれば、E-コンサルを導入している病院では、例えそこに医師が一人しかいなくても、あらゆる病気の専門性を持った先生が助けてくれるクラウドホスピタルとして機能していきます。

◇E-コンサルの利便性を一人でも多くの医師の方に知って頂くために現在無料トライアル期間も設けています。

■ICC(Industry Co-Creation )­サミットとは
「ICCサミット」は、経営者・経営幹部のための日本最大級のカンファレンスで、第一線で活躍するトップリーダーが登壇。2016年に始まり、今回が記念すべき10回目の開催。

■ICCサミット KYOTO 2020「STARTUP CATAPULT スタートアップの登竜門」
“専門医のシェア“で地域医療格差の解決を目指す「Medii」と間接費の“ムダ“を徹底的に見える化する支出管理クラウド「Leaner」が同率優勝。
一人でも頑張れる、ストレスフリーなAI英会話アプリ「スピークバディ」と経営数値管理は“CFO・経営企画“から“全社“で行う時代へ「Loglass(ログラス)」が同率3位。
透明マウスピースで手軽に、美しく。歯科矯正ブランド「DPEARL」と法務リサーチ業務を効率化するクラウド型専門書データベース「LEGAL LIBRARY」が同率5位。

【ICC公式HP】
https://industry-co-creation.com/

■株式会社Mediiについて
所在地: 東京都渋谷区渋谷2丁目6-6 Good Morning Building by anri 201
代表者: 代表取締役 山田 裕揮
事業内容: 医療システムプラットフォーム事業
代表電話:03-6822-4970  
代表メール:info@medii.jp
会社ページ: https://medii.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)