医療・医薬・福祉

『日米がん撲滅サミット2020』に世界的な乳がんの権威ローラ・エッサーマン教授(カリフォルニア大学サンフランシスコ校)が登場!

日米がん撲滅サミット2020実行委員会

『日米がん撲滅サミット2020』(https://cancer-zero.com)が2020年11月15日(日)午後1時より東京ビッグサイト会議棟7階 国際会議場で開催される。


 先日、シカゴ大学プレシジョン医療センター・センター長、教授のマーク・J・ラテイン氏のリアルタイムでのリモート講演が決定したが、このたびもう一人の参加者としてカリフォルニア大学サンフランシスコ校教授ローラ・エッサーマン氏の事前収録講演が決定した。
カリフォルニア大学サンフランシスコ校 教授ローラ・エッサーマン氏
 カリフォルニア大学サンフランシスコ校といえばノーベル賞受賞者の山中伸弥教授が留学した大学として有名だが、米国内でも医療部門のレベルの高さはトップクラスである。

 とりわけローラ・エッサーマン教授は、これまで数々のアカデミックに関する賞を受賞しているほか、世界のがん医療の改革を提案し、自らも先端的医療に取り組んでいることから、米誌『タイム』が世界に影響を与える100人に選出した人物である。

 彼女自身も標準治療+αが必要だと説くなど、全がん種にわたるがん撲滅の重要性を米国および世界でも主張している世界的リーダーの一人である。

 これまで日本の患者やご家族が直接、こうしたマーク・J・ラテイン教授やローラ・エッサーマン教授のような米国の第一線で活躍する世界レベルでのがん医療のリーダーたちの意見や治療法に直接触れることは少なかった。だが、『日米がん撲滅サミット2020』は情報鎖国状態と言っても過言ではない患者の皆さんに扉を開く重要な存在となったことは明らかだろう。
シカゴ大学プレシジョン医療研究センターセンター長・教授マーク・J・ラテイン氏
 ローラ・エッサーマン教授は前述のようにがん医療改革を推進する一人だが、こうした同じ志を持つ人々がネットワークされていく姿こそ『がん撲滅サミット』が追及する将来へのビジョンそのものだろう。

 皆さんも、ぜひマーク・J・ラテイン教授やローラ・エッサーマン教授といった米国をリードする本物の医療者の言葉に、ぜひ触れていただきたい。

 入場は無料だが、今大会は新型コロナウイルスのため募集は限定350名となっている。応募多数の場合は抽選となる。とりわけ公開セカンドオピニオン登壇の医師への質問の記載がある方は優先となる(記載者多数の場合も抽選)。お申し込みは9月9日午後3時以降大会公式HPよりお申し込みフォームにしたがってエントリーすることになっている。

 なお、入場チケットのない方のご入場は新型コロナウイルス対応及び警備上の理由からご入場をお断りすることになるので、事前のエントリーをぜひともお忘れなく。


東京ビッグサイト
日米がん撲滅サミット2020』のお問い合わせは以下の通り。
【大会事務局】
アライアンス・フォーラム財団
〒103-0023 東京都中央区日本橋本町2-3-11 日本橋ライフサイエンスビルディング5階

 なお、お問い合わせは大会公式HP(https://cancer-zero.com)の『お問い合わせコーナー』より、すべてメールにて受付けており、電話での問い合わせは一切受け付けていない。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)