デジタル製品・家電 企業向けシステム・通信・機器

韓国のシンソン・ティケイ(SHIN SUNG TK) 、 IoT基盤の“iRINGER”で世界のヘルスケア産業に挑戦

SHIN SUNG TK Co., Ltd.
Pere-d-biz Consulting会社と合作投資事業を行うことにした韓国の(株)シンソン・ティケイ(SHIN SUN GTK Co., Ltd)が世界的な需要に対応するためにモディ・インド首相がつかさどる‘メイク・イン・インディア(インドでモノづくりを)'というプログラムを通じて、インドのヘルスケア事業に進出する。




Père-d-biz Consulting会社のラムニック·クマルタルワルとビニト·アガルワルは韓国の光州広域市に所在する(株)シンソン·ティケイ(SHIN SUNG TK Co., Ltd. http://shinsungtk.com/ )を訪問し、iRINGERの技術力を確認した後、会談を行って、IoT(事物インターネット)を基盤として、独特な特許まで受けた商品を高く評価した後、提携可能性をたゆまず協議してきた。両社間持続的な協議と共に関連知識と情報を共有した後、両社はiRINGERの製品を、“シンソン·ティケイ・インド有限責任会社”の管轄下で、尊敬するナレンドラ・モディ・インド首相の‘メイク・イン・インディア’のプログラムの戦略に合わせて、インド及び他の国へ供給し、インドで生産を始めることに結論に達した。

(株)シンソン・ティケイ(SHIN SUNG TK Co., Ltd)の代表取締役であるイム·ウンソプは「iRINGER製品は、韓国にある(株)シンソン・ティケイ企業付設研究所で遂行した、非常に特別な研究開発の結果物」と述べた。
iRINGER製品 URL: http://shinsungtk.com/jp/bbs/board.php?bo_table=ilingerjp&wr_id=1


「弊社はiRINGERが新しく発明された製品であり、5つの特許を獲得し、国際的に5つの特許登録を待っているので嬉しい」とその感想を述べた。

多くの国々が各国でiRINGER生産のために弊社とミーティングを続けたが、一歩も動かなかった。しかし、今回の締結は、在韓インド大使館の助かりで、INDIA INVEST及びKOREA PLUS TEAMとの合作投資とともに、(株)シンソン・ティケイ(SHIN SUNG TK Co., Ltd)と Père-d-biz Consulting会社は2019年3月1日、世界的需要に対応するため、インドで製品を生産することで締結した。


不適切で、非体系的なIV輸液システム管理の不足は全世界的に死亡者の約1.62%の患者を死亡に至るようにしたと報告した。この製品は現在必要な時期にあって、世界的にも今後数年間は患者の生命に対する脅威を下げることとなると発表した。

iRINGERは医者によって、処方された輸液及び静脈内注射(IV)のための特殊薬剤の投与点滴の速度設定を知らせて管理することができる。特にiRINGERは、非正常な作動に備えて、スマートコール(自動コール)を通じて、アラーム機能を提供しており、病院看護士から好意的な反応を得ている。平成30年4月、スイス・ジュネーヴ

で開かれた国際発明展示会で(株)シンソン・ティケイ(SHIN SUNG TK Co., Ltd)はこの製品で、最優秀金メダルを獲得した。ラムニック•クマルタルワルは「現存する輸液管理システムでは医師、看護職員、介護士は常に思わぬ問題に直面している」と述べた。iRINGERは現存する問題と危険を解決することで、より改善された時間、費用、患者の管理を用意する。




イム·ウンソプ代表取締役は、「インドの生産施設が他の国にも似た問題を対応するために供給するつもりだ」と付け加えた。
イム·ウンソプ代表取締役は、「ナレンドラ・モディ首相の影響の下に弊社は、インドで段階的な要求によって、4千万インドルピー(韓国の通貨ウォンで、6億5千万ウォン)またはそれ以上を投資し、全インドにわたって研究開発、販売とマーケティング、販売後支援、ソフトウェア開発分野に多くの雇用を創出する予定だ」と明らかにした。




라무닛쿠는 "이 iRINGER 제품이 국제적으로 인정을받은 발명품이며, 향후 사업 확대를 위해 많은 벤처 투자자들이이 제품을 의료 산업의 혁신 기술로 전 세계적으로 더욱 발전 시키기 위해 그 투자를 위해 회사와 접촉을 시작했다 "고 말했다.

"우리는 추가 연구를하면서 제품의 로드맵으로 전 세계 국가에 걸쳐 대대적으로 수분을주고 iRINGER의 사용을 다양하게 확대 할 예정이다"고 임 대표 이사는 말했다.


"우리는 한국에있는 주한 인도 대사관, 투자 촉진과 창업을 끌어왔다 INDIA INVEST KOREA PLUS TEAM을 자랑하고 있었다"고 비니토 · 아가루와루가 밝혔다.
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会