出版・アート・カルチャー 医療・医薬・福祉

白内障手術後の視力が劇的に変わる。「誤差0を追求する 渡邊式 白内障治療」が幻冬舎より9月1日発売

医療法人 翔洋会
~これから手術を受けられる方必読~

白内障手術でQOL(生活の質)を向上させる! 患者一人ひとりに寄り添い、術後の視力誤差を抑える 「最善の白内障治療法」とは――




80歳以上の発症率はほぼ100%だといわれている白内障。
近年は日帰り手術など、手軽に治療を受けられるようになりました。
しかし、手術を行うクリニックや病院によってその精度はさまざま。
期待どおり、もしくはそれ以上の視力を手に入れたい……。
もっとQOL(生活の質)を向上させたい……。
そんな患者の要望に応えるため、術後の視力誤差を最小限に抑えることに注力してきた著者が、
「正確かつ高精度な精密検査」
「最適な眼内レンズ選び」
「最先端機器の導入」の3つのポイントをもとに、白内障の正しい知識とクリニック選びを南大阪アイクリニック院長 渡邊敬三が解説します。
白内障に悩むすべての方々へ、快適で幸せな生活を送るために手に取っていただきたい一冊です。

--------------------目次-------------------
はじめに

第1章 そもそもなぜ白内障は起こるのか?

第2章 「渡邊式・白内障治療」は、ほかの治療と比べて
何が、どう違うのか

第3章 誤差ゼロを実現する「渡邊式・白内障治療」
(1)正確かつ高精度な精密検査

第4章 誤差ゼロを実現する「渡邊式・白内障治療」
(2)個々の暮らしに合わせた最適な眼内レンズ選び

第5章 誤差ゼロを実現する「渡邊式・白内障治療」
(3)術後の誤差を徹底排除する最先端機器

第6章 事前に知っておきたい白内障手術の流れ

第7章 白内障手術は日進月歩。
正しい知識を身につけて最高の視力を手に入れよう

おわりに

■著者紹介
医療法人 翔洋会 南大阪アイクリニック http://www.shoyokai.or.jp/ 院長
近畿大学医学部を卒業後、同眼科学教室に入局し、府中病院(和泉市)にて勤務。
オーストラリア・シドニーでの研究留学などを経て、帰国後は同大学病院眼科にて医学部講師として、白内障外来および角膜・ドライアイ外来を担当する。
前身の平木眼科を2016年に継承ののち、2018年に南大阪アイクリニックに名称を変更。
最新の技術や医療機器を導入し診療に従事。
海外ボランティア活動のほか、白内障や白内障手術の正しい情報を発信するオウンドメディア「白内障LAB」https://www.hakunaisholab.or.jp/ の監修も行っている。

■ご購入はこちら https://amzn.to/3jKRm5L
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)