医療・医薬・福祉

『日米がん撲滅サミット2020』外務省の後援が新たに決定! いよいよオールジャパン体制へ

日米がん撲滅サミット2020実行委員会

 2020年11月15日(日)午後1時より東京ビッグサイト会議棟7階 国際会議場で開催される『日米がん撲滅サミット2020』(https://cancer-zero.com)。

 このたび昨年の総務省に続いて同大会への外務省の後援が新たに決定した。

 これで厚生労働省、文部科学省、経済産業省、農林水産省、総務省、そして外務省と、いよいよオールジャパンへの体制が、ほぼ完成した。

大会長 原丈人氏
 今回のアクションは昨年の第5回がん撲滅サミットで行われた『日米がん撲滅共同宣言』に基づくものだ。

 このとき原丈人大会長(内閣府参与、アライアンス・フォーラム財団 代表理事)と代表顧問、提唱者の中見利男氏(作家・ジャーナリスト)は、サミットのステージで次のように宣言した。

「我々の先人は古にペストや天然痘、結核など不治の病を克服し、あるいは撲滅してきたではないか。不可能と思えることは、やがて困難に変わる時が来る。そして困難が、やがて可能へと姿を変えてきたことは、これまで先人が証明してきたことである」

「我々は、まず日本から始まったがん撲滅への挑戦をアメリカの勇気ある人々と連携して、
世界に医療のパラダイムシフトを起こそうではないか」
シカゴ大学プレシジョン医療研究センターセンター長・教授 マーク・J・ラテイン氏
カリフォルニア大学サンフランシスコ校 教授ローラ・エッサーマン氏

 こうした力強いメッセージが米国の志ある人々にも伝わり、それを日本の外務省も応援するという、まさに理想的な展開が始まったのである。

昨年の総務省もそうだが今回の外務省について、がん撲滅サミットがこれまで積み上げてきたものは決して場当たりではなく、現状の緻密な分析と改革のためのロードマップによって貫かれているのである。

がん撲滅は一日にしてならず。しかし、着実に一歩ずつ歩み続けることで、いつか事態は加速的に進展していくことがある。

オールジャパンからチーム・マンカイドへ。その連携を目指し、多様ながん種の患者の皆さんを対象に果敢に挑戦を続けるがん撲滅サミット。今後とも、ぜひとも期待したい。

皆さんも、当日、東京ビッグサイトに足を運ばれてはいかがだろうか。詳細については大会HP(https://cancer-zero.com)をぜひ、ご覧いただきたい。
東京ビッグサイト
『日米がん撲滅サミット2020』のお問い合わせは以下の通り。
【大会事務局】
アライアンス・フォーラム財団
〒103-0023 東京都中央区日本橋本町2-3-11 日本橋ライフサイエンスビルディング5階

なお、お問い合わせは大会公式HP(https://cancer-zero.com)の『お問い合わせコーナー』より、すべてメールにて受付けており、電話での問い合わせは一切受け付けていない。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)