美容・健康 医療・医薬・福祉

【スリープテック 新常識】「手のひら冷やすだけで、睡眠の質が上がるは本当?」有効性の科学的検証、その先の海外展開を指導して下さるパートナー企業を募集します!

まつうら工業
アンケート調査だけでは客観性が無い。日本生まれのハイテック保冷剤を本物として証明し、日本の新しい成長エンジンに育てたい。

松浦工業株式会社(大阪市 取締役 井戸英二)は、テストユーザーの5人に1人が「普段よりぐっすり眠れた感じがする」と答えた、手のひらを冷やすしながら寝るだけで、深部体温を下げ睡眠の質向上につなげる「秋冬版 アイスバッテリー(R)fresh」を9月4日(金)発売。より本物として証明し、海外向け流通に協力して下さるパートナー企業の募集を始めます。


元インテル社員が日本のモノづくり企業と連携して開発したアイスバッテリー(R)freshは、最近メディアで注目される深部体温を下げるのに有効なAVA血管を最適15℃(冷凍庫から取り出し、溶けるまで温度は変化しない)で長時間(2~3時間)冷やせる世界初の技術です。ローテク保冷剤を、ハイテック商品へと進化させました。

とは言っても、このアイシングを就寝時に使う事による睡眠改善効果は科学的に証明されたわけではないため、メーカーの自己満足でしかありません。睡眠に悩む方に「手のひらを冷やすだけ」という、新しい選択肢を提供しながら、日本で生まれたハイテック保冷剤の技術で世界スリープテック市場を力強く攻略していくには、科学的根拠の確認と海外に販路をもつパートナー企業の力なしでは前進できません。一緒に汗をかいて下さるパートナー企業を探しております。

<動画で教える 手のひら冷却>
YouTube 約2分「2020年秋、アイスバッテリーしない?」

<商品概要>
商品名: 「秋冬版 体感15℃ 手のひら冷却 アイスバッテリー(R)fresh」
販売窓口:amazon、ホームセンター、スポーツ店、家電量販店、その他

特長:
1. 2つの異なる表面温度(マイルドな冷たさ20℃/秋冬仕様、切れのある冷たさ 10℃/春夏仕様)で
手のひらを冷やしながら深部体温を下げ、より早く・より深く眠れる効果が期待できる。
*科学的に証明されたわけではないため、効果は個人差があります。

2. 肌に触れるカバーにポリウレタンを採用(肌にも環境にも優しい)
3. 毎日の使用後は中性洗剤で洗えて、繰り返しワンシーズン使える
定価:  1,980円(税抜き)
生産国: 日本

2019.07.17 NHK 健康チャネル 「金のベンリ堂」超お手軽な熱中症予防法を大公開!「首・脇の下・そけい部」を冷やしたときよりも、AVAの多い「手のひら・足の裏・ほほ」の3点を冷やしたときの方が深部体温を低下させる、という結果が得られました。NHK公式Web参照
https://www.nhk.or.jp/kenko/atc_1018.html

まつうら工業は、1946年創業、一貫して「暮らし応援」商品の開発をしてきました。当社にはエリートはおりませんが、「日本の力はこんなもんじゃないんだ!」という問題意識を持つ志の高い人材はおります。今回の商品は、まだまだ発展途上、世界全体で10兆円と言われるスリープテック市場で勝負するには未熟です。我々と一緒に「手のひらを冷やすだけ、という新しい睡眠改善法」の更なる研究に協力してくださる大学・研究機関も同時に募集しております。記事をご覧になり、興味を持たれた方からの連絡をお待ちしております。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)