医療・医薬・福祉 ネットサービス・アプリ

介護ワークシェアリング『カイスケ』を運営するカイテクが総額約1億円の資金調達を実施

カイテク株式会社
~全国でのサービス展開を目指す~

カイテク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:武藤 高史、以下「カイテク」)が、プラス株式会社(以下「プラス」)、East Ventures、守屋 実氏、他個人投資家を引受先とする第三者割当増資及び融資により、約1億円の資金調達をシードラウンドにて実施したことをお知らせします。 調達した資金は『カイスケ』のユーザー体験を向上させるために、プロダクト開発・マーケティング・人材採用・に充てる予定です。また、『カイスケ』は今回の資金調達で、プラスとの資本業務提携を開始し、関東エリアでのワークシェアリングプラットフォームを強化すると共に、関西/東海/九州エリアへの展開を目指します。




■資金調達の背景・目的
日本は人類が未だ経験したことがない「超高齢社会」に直面しており、2025年には国民の3人に1人が65歳以上という状況を迎えます。介護業界では、年々人材不足の問題が深刻化しており、2025年度末までに約40万人、2035年には約80万人の介護人材の確保が必要(※1)とされています。

この国家的課題に対して、介護人材不足問題の解決は、待ったなしの状況です。しかし、国を含めて誰も明確な打開策の糸口が掴めていないのが現状です。

そこで、私たちがこの問題解決に挑戦するべく展開しているのが、業界初の介護ワークシェアリング『カイスケ』です。地域において情報テクノロジーを駆使して、「介護医療ライセンス保有者のコネクテッドワーカー構想」を実現していきます。人材不足時代において「取り合い」ではなく「助け合い」の世界を創り、人材不足の問題解決に寄与し、カイテクの掲げるビジョン「人類未踏の超高齢社会の日本を成功国家にする。」の実現を目指していきます。

『カイスケ』は2020年1月からα版のテスト運用をスタートし、契約事業所数は70法人、勤務完了仕事件数は300件以上となりました。また、経済産業省主催の「ジャパン・ヘルスケアビジネスコンテスト(JHeC)2020 アイデア部門」でもグランプリを受賞するなど、国からも注目されているサービスとなります。今回の調達で、プロダクト開発を強化し、介護業界への貢献を加速していきます。

(※1)経済産業省 「将来の介護需給に対する高齢者ケアシステムに関する研究会」より
https://www.meti.go.jp/press/2018/04/20180409004/20180409004-2.pdf

■介護ワークシェアリング『カイスケ』
『カイスケ』は日本初のWeb上で「介護資格証の認証→仕事探し→仕事確定→勤怠管理→事業所/ワーカー評価→給与受取」(特許出願済)までを完結できるサービスです。コロナ禍において、AIで代替しづらい「介護ワーク」以外の部分は全てデジタル化し、ワンストップでできるサービスはより求められるものとなっています。

『カイスケ』はこれまで介護業界では成し遂げられなかった有資格者の「オンデマンド雇用(スポット雇用)」を
実現させています。時間や生活の制限から解放されることで、以下が可能となります。


1.副業層の促進
 対象:空いた時間の有効活用(収入UP/他施設を経験による経験蓄積)をしたい方々
2.潜在介護職の掘り起こし
 対象:育児/介護などの理由で定時勤務や正社員として働くことのできない方々
 
さらに、「お試し雇用(勤務)」をした上で採用ができるため、介護職と介護事業所のミスマッチを減らし、離職防止にも寄与できます。『カイスケ』は「労働力増加」と「離職率低下」が可能なサービスです。


介護事業所様向け サービス紹介: https://caitech.co.jp/caisuke-lp-o/
介護ワーカー様向け サービス紹介: https://caitech.co.jp/caisuke-lp/



■引受先各社からのコメント
プラス株式会社 ジョインテックスカンパニー
執行役員 ヴァイスプレジデント 小池徳彦氏


『カイスケ』のビジネスモデルを武藤さんから初めてお聞きした時、カミナリに打たれたような強い衝撃を感じました。介護のフィールドにおいて社会課題を解決する新しい価値を創造し、提供していきたいと日々活動していた私たちにとって、一つの完成形が目の前にドーンと登場したからです。想いを語り合うとベクトルは同じ、共感も深まり、何かご一緒できないかとなりました。
私たちが運営する「スマート介護」というワンストップのデリバリーサービス事業とのシナジーも予感しています。具体的にはこれからですが、意義ある事業にご一緒させていただけることをワクワク楽しみにしています。


East Ventures パートナー 金子 剛士氏



ご縁をいただき初対面を果たしたときから武藤さんの誠実な人柄と、ブレない意志を持った芯の強さに惹かれており、今回出資させていただきました。
明確に大きなペインがあり、多くの事業者がこの領域にトライしている一方で、業界の未来に対する不透明感は未だ拭えません。そんな状況をカイテクチームが変えてくれることを期待しています。


守屋実事務所 代表 守屋 実氏


武藤さんとの初めてのご縁は、「ジャパン・ヘルスケアビジネスコンテスト(JHeC)2020」でした。見事にグランプリを勝ち取った、そのときでした。
介護業界の人手不足は言わずもがな、それを問題視する人は山ほどいる、同様、挑み志半ばで折れた人も山ほどいる。だからこそ、真にやり切れる人との出会いが、自分にとっての着手の号砲でした。そして、武藤さんにそれを感じ、この度のご縁をいただきました。
「資格認証→仕事探し→雇用契約→勤怠管理→相互評価→給与受取」(特許出願済)という我が国初の一気通貫サービスで、先ずは介護業界に切り込み、やがては世界最大の介護医療問題の解決エンジンになる。そんな未来を共に創れたらサイコーです。

■代表取締役 武藤 高史からのメッセージ


自分の祖父母の介護経験がキッカケで、「テクノロジーで介護医療現場の笑顔を1つでも増やす。」という想いで、会社設立、そして『カイスケ』が始動しました。その中で、素晴らしい投資家の皆さまにカイテクをご評価いただき、ご支援いただけることを大変嬉しく思います。

『カイスケ』のα版(テスト版)を実際の介護事業所様、介護職の方々にご利用いただく中、多くの現場職の方々に仲間になっていただきお力添えをもらい、チーム一丸となり日々、高速PDCAでサービス強化を図っています。
その中で、現場で頑張っている皆さまと一緒に「現場力」×「テクノロジー」で、私たちが掲げる「有資格者のコネクテッドワーカー構想」を実現できれば、介護業界の人材不足問題も乗り越えていけると信じています。

これから、サービス強化、全国展開を達成させ、そして「人類未踏の超高齢社会の日本を成功国家にする。」の実現を目指して、カイテクは社会問題解決に向けて全身全霊で取り組んでいきます。引き続きご支援をよろしくお願いいたします。

■カイテク 会社概要
会社名:カイテク株式会社
所在地:東京都港区赤坂2-8-15
URL:https://caitech.co.jp/
代表者:代表取締役 武藤高史
事業内容:介護ワークシェアリング『カイスケ』の開発・運営

■本件のお問い合わせ先
カイテク株式会社
担当:小川(オガワ)
TEL:03-4400-1273
Email:info@caitech.jp

■カイテク 採用情報
日本の社会問題解決を加速させていくために、新たなメンバーを募集しています。


・BizDev(事業開発/セールス/CS)
・エンジニア/デザイナー(Web/アプリ)
・介護福祉士(認定カイスケワーカー)
まずは、副業からなど気軽な形で可能です。ご興味のある方は、代表武藤もしくはwantedlyからご連絡ください。
・代表武藤Twitter: https://twitter.com/muto_caitech
・Wantedly: https://www.wantedly.com/companies/company_6354139
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)