ネットサービス・アプリ 企業向けシステム・通信・機器

一般企業従業員向けの新技術健康管理アプリ「LEAF」のリリース

Arteryex株式会社
従業員の健康維持増進に加え、コミュニケーションの活性化や健康経営の推進を目的としたアプリを開発

未来につながる医療情報プラットフォームの構築を目指すArteryex株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:李 東瀛、以下 Arteryex)は、岩渕薬品株式会社(本社:千葉県四街道市鷹の台、代表取締役社長:岩渕 琢磨、以下岩渕薬品)と共同で開発した企業向けヘルスケアアプリ「LEAF(Life with Exercise And Food、以下 LEAF)」を今後一般企業向けに提供開始いたします。 なお、今回提供を開始する「LEAF」は、岩渕薬品の社内健康促進向けアプリとして、実証実験を重ね、共同で開発を進めてきたものです。


◆ 開発の背景
今回のアプリケーション開発は、従業員の健康管理に加えてコミュニケーションの活性化を目的としております。三大疾病などによる従業員の離脱は会社に大きなダメージを与える為、アプリを通じた従業員との新しい関わり方で、健康意識の向上と生活習慣の改善を促進し、健康維持、早期発見、重症化予防に繋げ、健康経営をより一層推進することが一番の狙いです。
健康にはつらつと働くことのできる環境づくりと多くの時間を共にする従業員同士の連携を深めることが必要と考え、スマートフォンで実現いたしました。


◆ヘルスケアアプリ「LEAF」の概要
「LEAF」は、一般企業向けの社員の健康管理を行うヘルスケアアプリです。従業員一人ひとりの日々の歩数・歩行距離を管理しつつ、従業員同士での歩数勝負(デュエル)機能や独自チャット機能により、従業員間のコミュニケーション促進に寄与いたします。

また、ブロックチェーン技術を活用したセキュリティ性の高いポイント管理機能により、他の従業員へポイントを送付できるサンクスポイント制度や福利厚生ポイントの運用にも活用できます。

健康診断機能では、従業員が自身の健康診断の結果をいつでも確認できます。さらに、全従業員の健康診断のレポートおよび、レポートに基づいた専門家からの健康管理施策・アドバイスの提供により、企業の健康経営をサポートいたします。



◆備考
この報道発表資料に記載されている内容、アプリ・サービスの仕様、問い合わせ先およびその他の情報は、発表日時点のものです。これらの情報は予告なしに変更される場合があります。

2020年 9月 8日

日刊薬業様にも掲載があります。
「DX事業開始へ、第1弾は健康管理アプリ  岩渕薬品、潜在患者掘り起こしで医薬品販売増も期待」
https://nk.jiho.jp/article/154603





【会社概要】
社名:株式会社Arteryex
設立:2018年2月
代表者:代表取締役社長 李 東瀛
本社所在地:〒101-0032 東京都千代田区岩本町 2-16-15 中屋第二ビル2階
事業内容: 医療情報プラットフォーム、アプリ開発、健康経営サポート
URL:https://arteryex.biz/



社名:岩渕薬品株式会社
創業:1914年3月
設立:1948年6月
代表者:代表取締役社長 岩渕 琢磨
代表取締役専務 岩渕 裕樹
本社所在地:〒284-0033 千葉県四街道市鷹の台1-5
資本金:1億円
事業内容:医薬品総合商社
URL:http://www.iwabuchi-net.co.jp/



【導入に関する質問、その他お問い合わせは下記までご連絡くださいませ】
info-hp@arteryex.biz
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)