美容・健康 その他

コミュニケーションを邪魔しない国産透明マスク「透明マウスシールド」を発表

株式会社 栄朋
クリアケースなど商品パッケージ製造の株式会社栄朋(東京都板橋区 代表:鈴木弘人)は、 コロナ禍における接客、対面商談などの飛沫感染防止のために、効果的かつコミュニケーションを阻害しない、 透明マスク「透明マウスシールド」を開発。2020年9月より当社ECサイト並びに取り扱い各店にて販売いたします。


装着写真

■フェイスガードにいち早く取り組み200万枚を生産
当社は2020年初頭からの中国でのコロナウィルスの感染拡大の情報により、
医療機関向けのフェイスガードの開発に、PPシートメーカー(有)タイロンと共同で、いち早く着手しました。
日本での感染拡大が始まった初期の段階より、多くの医療機関にフェイスガードを供給し、
累計約200万枚を生産し、医療活動に貢献してきました。

■接客を伴うサービス業や商談のために
飲食店をはじめとするサービス業や店舗販売員、企業の商談においても
マスクを着用しながらの対応となるため、表情を伝えられなかったり、
長時間の着用による息苦しさ、暑苦しさなど、業務に支障が出るケースも発生しております。

食品衛生のため、通常のマスクの代わりとして、販売されている「マウスシールド」を使用する店舗もあるようですが、飛沫感染防止に対しては不十分な構造になっておりました。

そこで、当社では飛沫感染防止を目的としながらも、
コミュニケーションを邪魔しない「透明マウスシールド」を開発しました。
飛沫感染を防ぎながら、表情を隠さず、また、息苦しさに悩まされることなく、
接客、商談ができる新しい感染拡大防止グッズとして、広く利用して頂きたいと考えております。

■「透明マウスシールド」の特徴

・鼻まで覆う、飛沫防止設計
通常のマスクと同様に鼻まで覆う設計のため、
マスクと同等の飛沫防止効果を発揮します。

・簡単設計
組み立てはたった1分、マスクと同じく耳に掛けるだけですぐに使い始められます。

・曇りにくい防曇素材を採用
息などで曇ることのない防曇素材を採用。
口元が曇って見えない事などがなくスムーズな会話が可能です。

・口と鼻の前に適度な空間を確保。マスクのように息苦しくありません。
・軽量9g。長時間着用でも疲れない。
・帯電防止加工でほこりが付きづらく、衛生的
・アルコールで拭けば繰り返し使える、エコ仕様
※回数を重ねると曇り止め機能が衰える可能性があります。


正面から見るとマスクが目立ちません。

■製品詳細
・サイズ 269mmX160mm
・シートPP0.25(高透明・防曇)、紐 ナイロン/ポリウレタン
・販売数量 50枚1SET 又は 200枚1SET


■購入、ご注文
値段:オープンプライス
個人の方:当社オンラインストア、またはAmazonにてご購入ください。
法人の方:お電話、HPお問合せフォームよりご連絡ください。

■株式会社栄朋 会社概要
代表者代表取締役 鈴木 弘人
所在地:本社・工場 〒173-0037 東京都板橋区小茂根3丁目4番13号
TEL:03-3958-8043(代) FAX:03-3958-5787
URL:https://www.eiho.net
事業内容:クリアケース等のパッケージの製造販売
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)