医療・医薬・福祉

コロナ禍で地域医療を支えるクリニック向け医療IT・感染対策サービスが集結

株式会社エグゼメディカル
-「CPAカンファレンス2020」オンライン開催 11月1日-

DOC TOKYO(ドック・トーキョー)は、2020年11月1日(日)に、Withコロナ時代を生き抜く開業医向けオンラインイベント「CPAカンファレンス2020」を開催致します。



公式HP:https://doctokyo.jp/cpa2020/

新型コロナウイルスが長期化し、新しい生活様式が浸透してきているなかで、地域医療を担うクリニックではさまざまな感染拡大防止対策が行われています。また、コロナウイルスの影響によりクリニックの在り方が大きく変化し、下記図のように業務効率化のための施策だけではなく、スタッフが安全に働き、患者が安心して受診できる環境づくりが必要になってきています。

本カンファレンスでは有識者、現役の医師による講演の他、感染予防対策として今注目を集める、待合室の密を防ぐ診療予約システム、患者とスタッフの金銭のやり取りを防ぐ自動精算機、患者と医師がオンラン上で診療を行うオンライン診療など、新生活様式に寄与する製品や、サービスを一挙にご紹介いたします。

CPAカンファレンス2020概要
【テーマ】Withコロナ時代、クリニックのオートメーション化が院長を救う
【目的】地域医療を支える開業医の働き方改革・患者待ち時間・スタッフ間のコミュニケーションロスなど、社会的課題とその解決方法について発信し、福祉社会の発展に寄与する。
【対象】クリニック理事長、院長、事務長、スタッフ
【会期・開催方法】2020年11月1日(日)10:30~15:30 オンライン開催
【主催】一般社団法人DOC TOKYO(運営事務局:株式会エグゼメディカル)
【後援】メディカル・マネジメント・プランニング・グループ(MMPG)
【協力】インナヒ゛ネット/クリニックばんぶう/クリニックマカ゛シ゛ン/日本医事新報社/Med IT Tech
【受講料】医療従事者:無料/一般:10,000円(税込)
【定員】500名
【申込方法】公式HPよりお申し込みhttps://doctokyo.jp/cpa2020

講演(9月7日現在)
・京都大学医学部付属病院 情報企画部 教授 黒田 知宏氏
・公益社団法人東京都医師会 理事 情報医療担当 目々澤 肇氏
・医療法人梅華会グループ 理事長 M.A.F 主宰 梅岡 比俊氏
・MICTコンサルティング株式会社 代表取締役 大西 大輔氏  他、調整中。

出展企業
診療業務の効率化サポート(電子カルテ、診療予約、Web問診、オンライン診療 等)
クリニック特化アウトソーシング(事務長代行、ブランディング、集患 等)
院内コミュニケーション促進サポート(タスク管理、コミュニケーションツール 等)
クリニック経営サポート(シフト管理、レセプト分析 等)
感染・災害対策(BCP)(体温管理、パーテーション、内装工事 等)
講演・出展者企業一覧はCPAカンファレンス2020公式HPに掲載。

昨年の様子 CPAカンファレンス2020(東京・日本橋)


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)