その他 医療・医薬・福祉

依存などからの回復・生き直し支援を行うワンネス財団 顧問にウェルビーイング研究/実践の第一人者タル・ベン・シャハー博士が就任

一般財団法人ワンネスグループ
学術的な裏付けのある理論と実践事例を取り入れ、「維持・回復」から「克服と成長」までをサポート

「心身の回復とウェルビーイングな生き直し」を掲げる回復・成長支援団体 一般財団法人ワンネスグループ(略称:ワンネス財団|共同代表:伊藤宏基、三宅隆之)は、ハーバード大学で「ポジティブ心理学とリーダーシップ」の講義を行い、日本でもベストセラーになった『ハーバードの人生を変える授業』の著者であるタル・ベン・シャハー博士(現 コロンビア大学|Happiness Studies Academy創業者)が、顧問に就任したことを発表いたします。 学術的な裏付けのあるウェルビーイングに関する理論や実戦事例を取り入れることで、従来「状態の維持や回復」を主体としてきた日本の福祉的支援の枠組みを「克服と成長」までカバーするものへと広げてまいります。




▼ウェルビーイングとは

個人やグループ、地域、国などの「状態」を表す概念で、「身体的、精神的、社会的に良好な状態」にあることを意味します。

WHO(世界保健機関)憲章前文においては、下記のように定義されています。

Health is a state of complete physical, mental and social well-being and not merely the absence of disease or infirmity.
健康とは、病気ではないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあることをいいます。(※日本WHO協会 仮訳より引用)


▼福祉的支援の枠組みになぜウェルビーイングの概念が必要か。

元来、福祉的支援の領域では、マイナス状態をフラット(ゼロ)にすることを目指した介入が研究/実践されてきました。

誤解を恐れずに言えば、

「精神疾患と共に、隠れて生きよう。」
「依存は治らない病気だ。」
「過ちを犯した身だから夢は見れない。」

といった考えが未だに残っています。

ただ、ウェルビーイングに関する研究が進んだ今、これらは「かつての当たり前」になりました。


ワンネス財団では、様々な感情や感覚を知覚する能力「エモーショナルリテラシー」を体得し高める訓練や、ウェルビーイングの構成要素を整理した「SPIRE Model」「PERMA Model」に基づいたプログラムをベースに、フラット(ゼロ)をゴールとせず、ウェルビーイングをゴールに据えた福祉的支援を構築しています。

かねてより協働していたタル・ベン・シャハー博士の顧問就任発表を契機に、生まれ育った環境や、犯した過ち、疾患や課題によって一度つまづいた人でも「生き甲斐を持って人生を生き直すことのできる社会づくり」を一層促進してまいります。




先行して発表した「ウェルビーイングを実践するためにできること」もぜひご参照ください。

人と社会のウェルビーイングを実現するために、いま私たち自身にできる10のこと。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000026562.html




▼タル・ベン・シャハー博士プロフィール



ハーバード大学で受け持った「ポジティブ心理学とリーダーシップ」のコースには、1学期で1400名(ハーバード全体の2割)が殺到。イスラエル、米国、シンガポール、インド等、世界中の企業で組織的行動のコンサルティングも行う。クライアントに、シェル、イスラエル・コーポレーションズ、アヴィモ・エレクトロ・オプティクスなど。アラブ・イスラエル紛争の公平で率直な理解を促進するためのデビッド・プロジェクトを共同設立。同プロジェクトで考案したカリキュラムは、米国とイスラエルの100以上の大学で採用されている。2019年4月、同年12月に来日し、ワークショップへ登壇。生活や職場、企業経営などの現場で実践することを念頭においた講義は、多くの人々に影響を与えた。自身の創業したHappiness Studies Academyでは1年間のオンラインプログラム「Certificated in Happiness Studies」を提供。日本版も開講している。(https://www.happinessstudies.academy/cihsjp/


▼一般財団法人ワンネスグループ概要
ワンネスグループ(ワンネス財団)は、ウェルビーイングに着目した独自のプログラムとコンセプトで、精神疾患や様々な障害、各種依存、触法者らの心身の回復とその後の成長を支援する専門機関です。女性専門支援やゲームを始めとする未成年の依存、家族の支援、ひきこもり支援など、幅広く社会のセーフティネットを構築し、「生き甲斐を持って、人生を生き直すことのできる社会」を目指しています。


・法人名:一般財団法人ワンネスグループ
https://oneness-g.com/
・拠点:北海道/横浜/茅ヶ崎/名古屋/奈良/大阪/沖縄
・本リリースに関するお問い合わせ先
ワンネス財団 担当
0745-24-7766 / one@oneness-g.com

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)