医療・医薬・福祉

ヤンセンファーマ、2020年「病のない未来」アイデアコンテストの募集開始

ヤンセンファーマ株式会社
- 優秀賞受賞者は2週間の米国見学ツアーに招待 -


ジョンソン・エンド・ジョンソングループの一員であるヤンセンファーマ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:クリス・フウリガン、以下、ヤンセン)は、東京大学センター・オブ・イノベーション 自分で守る健康社会拠点、東京理科大学と共催で、日本で学ぶ大学生・大学院生(年齢18歳以上・学部・国籍不問)を対象に、「病のない未来」を実現するためのアイデアコンテストを実施いたします。(https://worldwithoutdisease.jp/

コンテスト応募者には、10月12日(月)までに、アイデアをプレゼンテーションする動画をキャンペーンサイトから投稿していただきます。その後、予選を通過した10組には、11月22日(日)に開催する本選で、審査員に対してプレゼンテーションをしていただきます。本選で優秀賞を受賞した2組4名は、米国ジョンソン・エンド・ジョンソンのインキュベーションラボ「JLABS(ジェイラボ)」の2週間の見学ツアーに招待されます*。

JLABSは、ライフサイエンス領域におけるインキュベーターラボのネットワークであり、人びとがより健康な毎日を送るため、革新的な科学・技術の社会実装に取り組む研究者や起業家などのイノベーターが集まるラボです。JLABSツアーでは、施設の見学、Resident companiesとの面会、ラボ運営者との面談、ネットワーキングイベントへの参加など、さまざまな活動に参加することができます。ツアーは英語で行われるため、コンテスト応募者は英語でのコミュニケーション能力が必須となります。

ヤンセン代表取締役社長のクリス・フウリガンは、「病のない未来は、私たちヤンセンが目指す世界です。私たちはコラボレーションの力を信じ、国内の優秀な学生の皆さんからアイデアを集め、未来のイノベーターを支援・奨励する扉を開きました。治療に役立つアイデアや保健制度の強化、超高齢社会を含め、日本や世界が直面している医療課題への意識を高めるような、希望に満ちたアイデアを募集します」と述べています。

*新型コロナウィルスによる社会情勢等により、副賞の内容は変更になることがあります。

募集要項の詳細はキャンペーンサイト(https://worldwithoutdisease.jp/)をご参照下さい。


【病のない未来 アイデアコンテスト2020実施概要】





ヤンセンについて
ヤンセンが目指すのは、病が過去のものになる未来をつくることです。
治療が困難な病を過去のものとするために、科学の力で病に打ち克ち、画期的な発想力で多くの人々に薬を届け、真心を持って癒し希望を与えます。私たちはがん、免疫疾患、精神・神経疾患、ワクチン・感染症、代謝・循環器疾患、肺高血圧症の分野で貢献ができると考え、注力しています。
さらに詳しい情報はwww.janssen.com/japanをご覧ください。

ヤンセンファーマ株式会社はジョンソン・エンド・ジョンソンの医薬品部門であるヤンセングループの一員です。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)