美容・健康 アパレル・ファッション

【エイジングケアに満足していますか?】8割がエイジングケア化粧品を使っても悩みが解決していない!?40歳以上のワーキングウーマンの本音とは…?

エルムジャパン株式会社
「色・形・感」それぞれの肌悩みTOPは「日光性シミ」「ほうれい線」「カサカサする」という結果に。

エルムジャパン株式会社(本社所在地:東京都渋谷区、代表取締役:咲丘 恵美)は、40歳以上の働く女性を対象に、「エイジング肌の悩み」に関する調査を実施しました。


「いつまでも美しくありたい」

女性ならみなさんそう願うと思います。
ですが、年齢を重ねるにつれて肌の悩みが色々増えていきますよね…

■美肌の条件は「色・形・感」の3つ
エイジング肌悩みは、シミ、くすみ、赤みなどの“色”の悩み、シワ、たるみ、ほうれい線などの“形”の悩み、そして、乾燥やごわつきなどの“感”の悩みにカテゴライズできます。
「色・形・感」がすべて揃うことが、理想の美肌の条件です。

この「色・形・感」に対して、エイジングケア化粧品で毎日ケアしている方も多いと思いますが、今お使いの化粧品は、エイジング肌の悩みを全て解決してくれていますか?

女性が活躍する現代、働き盛りのワーキングウーマンのみなさんは、どのようなエイジング肌悩みを抱え、どのようにケアしているのでしょう?

そこで今回、Re:CODEを手掛けるエルムジャパン株式会社https://www.recode.co.jp/)は、40歳以上の働く女性を対象に、「エイジング肌の悩み」に関する調査を実施しました。


項目別エイジング肌悩み “色”部門トップは…?




はじめに申し上げた通り、エイジング肌悩みは、シミ、くすみ、赤みなどの“色”の悩み、シワ、たるみ、ほうれい線などの“形”の悩み、乾燥やごわつきなどの“感”の悩みに分けることができます。
そこで、色・形・感に分けたそれぞれのエイジング肌悩みについて、具体的にみなさんがどのような肌悩みを抱えているのか伺いました。

まず、「“色”に関するエイジング悩み(年齢による肌の変化の悩み)を教えてください(複数回答可)」と質問したところ、
第1位:『輪郭がくっきりした茶色いシミ(日光性シミ)(43.4%)』
第2位:『顔の輪郭にできる、もやっとしたシミ(肝斑)(39.4%)』
第3位:『茶ぐすみ(メラニンと水分量低下によるくすみ)(34.3

という結果となりました。

日光性シミや肝斑、茶ぐすみは目立ってしまうので、気にされている方が多いようです。

■4位以降の結果はコチラ
第4位:『黄ぐすみ(糖化とカルボニル化によるくすみ)(16.5%)』
第5位:『赤み(炎症、毛細血管拡張による赤ら顔)(14.6%)』
第6位:『よく見ると青っぽい茶色のシミ(ADM)(9.7%)』
第7位:『青ぐすみ(血行不良によるくすみ)(8.4%)』


項目別エイジング肌悩み “形”部門トップは…?




続いて、「“形”に関するエイジング悩み(年齢による肌の変化の悩み)を教えてください(複数回答可)」と質問したところ、
第1位:『ほうれい線(笑っていないのに、ほうれい線がくっきり)(48.0%)』
第2位:『頬の毛穴開き(凸凹にファンデーションがたまる)(41.9%)』
第3位:『目の下のたるみ(クマがたるんで“疲れ顔”に見える)(36.9%)』

という結果となりました。

ほうれい線や毛穴の開き、目の下のたるみは老けて見えてしまうことから、気にされている方が多いようです。

■4位以降の結果はコチラ
第4位:『頬のたるみ(笑った時も、頬の位置が上がらない)(36.2%)』
第5位:『口元のたるみ(マリオネットライン)(33.4%)』
第6位:『フェイスライン(顔が四角くなってきた、少し下を向いただけで二重顎ができるなど)(32.3%)』
第7位:『目のたるみ(目が以前より小さくなった)(30.9%)』
第8位:『目元のシワ(笑っていないのに、シワが刻まれている)(29.3%)』
第9位:『額のシワ(無表情の時もシワがある)(28.6%)』


項目別エイジング肌悩み “感”部門トップは…?




では、“感”に関する悩みはどうでしょう?
「“感”に関するエイジング悩み(年齢による肌の変化の悩み)を教えてください(複数回答可)」と質問したところ、
第1位:『カサカサする(42.8%)』
第2位:『キメが粗く、触るとごわごわする(38.9%)』
第3位:頬と口元がつっぱる(17.5%)』

という結果となりました。

カサカサ、ごわごわ、つっぱり感に悩んでいる方が多いようです。

■4位以降の結果はコチラ
第4位:『ひりひりする(7.1%)』
第5位:『顔が熱い/冷たい(6.4%)』
第6位:『何をつけても沁みる(4.9%)』


エイジングケア化粧品を使っても悩みは解決していない!?

みなさんが複数の肌悩みを同時に抱えている実態が見えてきました。

続いて、「エイジングケア化粧品を使っていますか?」と質問したところ、約5人に1人の方が『悩み別に複数アイテムを使っている(18.1%)』と回答し、約3人に1人の方が『特に気になる悩みに対してのみ1アイテムを使っている(33.9%)』と回答しました。

エイジングケア化粧品にこだわりをお持ちの方も少なくないようですが、肌のお悩みやエイジング悩みは、すべて解決しているのでしょうか?


前の質問で『悩み別に複数アイテムを使っている』『特に気になる悩みに対してのみ1アイテムを使っている』と回答した方に、「使っているエイジングケア化粧品(医薬部外品を含む)ですべての悩みは解決しましたか?」と質問したところ、実に8割の方が『いいえ(80.7%)』と回答しました。

こだわりを持ってエイジングケア化粧品を使っていても、肌悩みが解決したと実感している方はごく少数に留まっているのが現状のようです。

解決しない理由はどこにあるとお考えなのでしょうか?

「なぜ解決しないと思いますか?(複数回答可)」と質問したところ、
『悩みの部位まで浸透していない(44.4%)』という回答が最も多く、次いで分からない(33.3%)』『肌悩みに対して、美容成分の濃度が低い(薄い)(23.3%)』『肌悩みに対して、美容成分の数(種類)が少ない(17.2%)』『肌悩みに対して、選んでいる美容成分が自分に合っていない(16.6%)』と続きました。

肌悩みの根本まで浸透していないと感じている方が多いようですが、なぜ解決しないのか分からないという方も少なくないことが見えてきました。


アイテム追加→肌負担増加を知らない方多数!?




エイジングケア化粧品を使っていても、肌悩みが解決しないという方は非常に多いことが分かりました。
肌悩み別に複数のアイテムを使っている方もいらっしゃいましたが、それでも肌悩みの解決には至っていないようです。

実は、使うアイテムが増えるとそれに比例して肌への負担も増えてしまうと言われています。
その事実をご存知の方はどれくらいいらっしゃるのでしょうか?

「肌に使うアイテム数が増えると肌負担も増えることはご存知でしたか?」と質問したところ、6割近くの方が『いいえ(58.4%)』と回答しました。

良かれと思ってアイテムを増やしたのに、それがむしろ逆効果となっている方も多いのかもしれません。
そのせいで肌悩みが解決しないとしたら、スキンケアの仕方そのものを変える必要がありますよね。


エイジングケアを根本から見直してみることも大切!

多くの化粧品には、『肌のための成分』だけでなく、『化粧品のための成分(安定化剤など)』が含まれています。そのため、使うアイテム数が増えると、それだけ肌に不必要な成分を重ねづけすることになり、肌負担が増加してしまうのです。

「悩み別に色々エイジングケア化粧品を使っているのに効果が実感できない…」
という方は、エイジングケアを根本から見直してみてはいかがでしょうか。

複数アイテムを使うのではなく、さまざまな悩みのすべてにアプローチできるエイジングケア化粧品を選ぶことが非常に重要と言えるでしょう。


エイジングの悩みから解き放つ革新的エイジングケア【Re:CODE】






【Re:CODE】https://www.recode.co.jp/)は、
「同時多発エイジングに対応できる商品がない」という観点から、「色・形・感」エイジング悩みすべてを全力ケアするため、従来の化粧品の常識を覆す処方を開発。


■従来の対処ケアからの脱却「マクロとミクロの視点」
・マクロの視点「色・形・感」

同時多発するエイジング悩みを独自にカテゴライズ。3つの美肌の条件を網羅。

・ミクロの視点「6つの細胞力」
従来の「補う・増やす」だけの対処ケアではなく、エイジングを加速させる82の肌エラーを修正して、6つの細胞力を覚醒させる根本アプローチ。


■これまでの常識を覆す解決策「サイエンス×クリーンビューティ」
1. 極限植物と先端テクノロジーのWアクション
極限植物が持つ驚異の力に、皮膚科学に基づいた先端テクノロジーを掛け合わせて、効果を最大限に。

2. 余計なものを与えないクリーンビューティ
単にテクスチャーを出すだけの演出成分や、肌負担の可能性がある成分を排除。
生体適合性を重視し、肌に必要なものだけを届けます。

3. これまでにない「高濃度インパクト処方」
一般的に高濃度化粧品でも、高配合されるのは1~2成分のみが常識であるところ、主役級成分すべてを高濃度限界配合。(ワクチナイザー(R)は12種類)

<商品概要>
同時多発するエイジング悩みから解放
高濃度美容液の次元を超える革新発想のインパクト処方「ワクチナイザー(R)」美滴剤。



■高山や氷海に生きる「極限植物エキス」、「極限微生物発酵エキス」、「先進ビタミン」、「先進ペプチド」など12種の主役級美容成分をすべて高濃度配合。
12本分に相当する美容液効果、1本分以下の肌負担。
82の肌エラーにアプローチすることで、肌の潜在力を高め、どんな環境下においても、透明感、ハリ弾力、毛穴目立ちのないキメ、輝きのある肌へと導きます。

■高浸透マイクロセルラー技術で美容成分を必要な場所へ
マイクロセルラーカプセルに12種の美容成分を内包。
肌深層までパワフルに浸透させ、使うほどエイジング耐性を高めます。

■高級フランキンセンスを主体とした精油の香り
自律神経やホルモンバランス、幸せホルモンに働きかけるといわれる7種の精油をオリジナルブレンド。
忙しい日々のお手入れタイムを、心に響く価値ある時間に。

■14のクリーン・アレルギーテスト済み*²



*¹ リコードにおいて
*² マイクロセラムXのみ 全ての人にアレルギーが起きないわけではありません。



商品ラインナップ



商品名:ワクチナイザー(R)濃度100% マイクロセラムX
内容量:30mL
価格:¥15,000(税別)
発売日:2020年10月1日(木)

商品名:ワクチナイザー(R)濃度50% マイクロセラムV
内容量:30mL
価格:¥8,000(税別)
発売日:2020年10月1日(木)


<Re:CODEについて>
CODE(遺伝子情報、生き方)をキーワードに、最新皮膚科学に基づいたサイエンスとクリーンビューティの融合により、美のコードを再変換(リ・コード)する「結果至上主義のスキンケア」を提唱。
複雑なストレスを抱える現代女性のライフスタイルに合わせ、今から未来、肌設計から生き方まで、トータルに本質的な美をサポート。スキンケアを通じて、エイジング悩みから解放され、どんな時も力を発揮できる自信と価値ある時間の創出を目指しています。

<開発者・咲丘 恵美プロフィール>
1,000万個以上のベストセラーを生み出した化粧品開発者/美容家




累計販売個数1,000万個以上のベストセラー化粧品開発者。
某有名化粧品ブランドの共同創業者を経て、新たなスタンダードを切り拓くべくRe:CODEを創業。
美の体現者としての視点と感性を駆使しながら、世界的に皮膚科学の新知見を追及しつづけ、今までにない発想で化粧品を生み出していくその姿勢は、化粧品開発関係者や美容感度の高い女性達からの熱い支持を得ている。

・日本抗加齢医学会会員
・日本香粧品学会会員
・日本エステティック協会認定エステティシャン資格



Re:CODEのプレス発表会を開催



最新皮膚科学に基づいたサイエンス×クリーンビューティで、化粧品の常識を覆す新スキンケアブランド「Re:CODE」のオンライン・オフライン発表会を2020年8月7日(金)に行いました。
発表会では、代表の咲丘恵美より、新ブランドに込めた想い、特徴、新商品について、お話しさせていただきました。




※プレス発表会の詳細はコチラをご参照ください。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000061515.html


■エルムジャパン株式会社 会社概要
 https://www.recode.co.jp/company/
■Re:CODE公式サイト
 https://www.recode.co.jp/
■Re:CODE公式SNS
 Facebook:https://www.facebook.com/ReCODE-104210411214964/
 Instagram:https://www.instagram.com/recode_brand/?hl=ja

調査概要:「エイジング肌の悩み」に関する調査
【調査期間】2020年7月6日(月)~ 2020年7月7日(火)
【調査方法】インターネット調査
【調査人数】1,094人
【調査対象】40歳以上の働く女性
【モニター提供元】ゼネラルリサーチ
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)